トップみんなが知らない株式市場のホントの姿

第7回 短期投資よりも長期投資の方が安全だ?!

買ったら売らない長期投資の方が安全だと良く言われます。確かに、高度成長経済であれば「買ったら売らずに持っていた」方が安全です。しかし、1989年末に日経平均は38,957円まで上昇し、2011年1月では10,500円前後ですから、持っていた人は安全とは言えません。中国など新興工業国であればこの考え方は一理あります。

なぜ一理かと言いますと、倒産リスクが残るからです。今の経営者の能力は分かっていても、将来の経営者の能力は分かりません。将来のわからない経営者に掛けて、何も考えずに買った株を持ち続けるのは非常にリスキーと言えます。

経営的に言いますと、資本金回転率を上げるというやり方があります。つまり、資金を一回転するといくら儲かる、ならば資金の回転を上げればもっと儲かるという分析指標なのですが、買ったまま持ち続けるということは「資金の回転率は1回」ということになります。つまり、もっとも効率が悪い方法になります。

勿論、回転率のアップとリスクは比例しますので、資金の回転率をアップできて、しかもリスクが高くならない回転率はいくらなのかと考える必要があります。下の「東証1部全銘柄の最大能力分布図」を見ますと年間1?3回程度の資金回転が最も効率が良いと分かりました。そして、株式市場が実際はどう動いたのかを見る東証一部のパフォーマンス表を見ても「年間1?3回」がベストということが分かります。

チャートに強くなろう(基礎編)

第1回 基礎編 1 ローソク足の見方
チャートとは株価の動きをグラフ化したものですが、日本で使われている最もポピュラーなチャートが"ローソク足"です。
第2回 基礎編 2 ローソク足で見る相場のサイン
特に長い下ヒゲ、長い上ヒゲが出たときのチャートや、「保ち合い」(株価が上昇した後や下落した後に動かなくなること)相場時の投資家心理を解説していきます。
第3回 基礎編 3 「株価」と「出来高」の関係
株式投資をしているほとんどの人たちは利益を出していないと言われています。利益を出せない第1の理由は、恐らく株価チャートを見ないで株を買っているからでしょう。株式投資で儲けるためには、いかにチャートが大事なのかを、学んでいきましょう。
第4回 基礎編 4 ダブル底(天井)と三尊底(天井)とは?
株式のトレンド転換を判断するパターンはいくつかありますが、チャートの形から判断する時の代表的な見方である「ダブル底(天井)」と「三尊底(天井)」について解説いたします。
第5回 基礎編 5 三角保ち合いの使い方
株価の振幅が煮詰まった三角形のチャートの形から、大きく動く方向が読める保ち合いの形を学びます。

※ ケンミレ有料会員はいつでもすべてのレポートを確認することができます。入会はこちら