トップケンミレ読学塾チャートに強くなろう(テクニカル編・応用編)第8回 テクニカル編 3 ゴールデンクロスとデッドクロスの使い方

第3回 テクニカル編 3 ゴールデンクロスとデッドクロスの使い方

長期と短期の2本の「移動平均線」を使って株価の上昇・下落の転換点を予測する方法についてご紹介します。

「移動平均線」のクロスから、株価の転換点や相場の方向性を読む

「移動平均線」は、過去の一定日数の株価を合計してその基準の日数で割るので、その日数の終値の平均値となります。

あくまで平均値ですので、計算する期間が長くなれば長くなるほど「移動平均線」は緩やかになり、期間が短くなれば短くなるほど株価との連動性が強くなります。

この「移動平均線」の習性を投資に利用するための手法の一つに“ゴールデンクロス”と“デッドクロス”があります。

移動平均線の一番の利点は、株価の方向性を掴むことができるということです。

期間の短い「移動平均線」ほど株価との連動性が高くなるので、上昇相場から下降相場に変った時には先に下がり始めることになります。

上昇相場では短期の「移動平均線」のほうが先に上昇するので長期の「移動平均線」よりも上にきますが、急落すると短期の「移動平均線」のほうが早く下がり始めるので、“どこかで期間の長い「移動平均線」を交差して下に”もぐります。

■デッドクロスのイメージ

この、期間の短い「移動平均線」が期間の長い「移動平均線」を“上から下に交差して抜ける形”のことを“デッドクロス”と言います。

そして株価は下がりますが、倒産して価値がなくならない限り、このくらいの株価なら買ってもいいと思った市場参加者が買うことで再び上昇します。

この時に先に上がるのは短期の「移動平均線」なので、どこかで短期の「移動平均線」が長期の「移動平均線」を“下から上に交差して抜ける形”ができます。この形を“ゴールデンクロス”と言います。

■ゴールデンクロスのイメージ(よく見られる25日、75日の移動平均線をここでは使います)

つまり、“ゴールデンクロス”は株価が下落した後、上昇に転じた時に現れ、“デッドクロス”は株価が上昇した後、下落に転じた時に現れて、一般的には「株価の転換や相場の方向性を示す指標」として使われています。

下落して横ばい後のゴールデンクロスがもっとも効果的

ここまでゴールデンクロスとデッドクロスが株価の転換点を予測するのに役立つことを説明しましたが、実際には、同じゴールデンクロスであっても、それまでに株価がどのような動きをしてきたかによって、有効に利用できる度合いが違ってきます。

実は、大きく下落した後に横ばいの期間があれば“ゴールデンクロスと株価の上昇は連動”しやすいのですが、急落した後すぐに急騰して切り返すような、いわゆるV字型の上昇の場合には、ゴールデンクロスが遅れて出ることが多く、実際の上昇とタイミングがずれてしまう事が多くあります。
(よく「ダマシ」といわれる状態になりやすいです。)

またV字型の切り返しは下落トレンドのときに出ることも多いので注意が必要になります。

■ゴールデンクロス後、上昇しなかったパターン

■ゴールデンクロス後、大きく上昇したパターン

また、株価が大きく上昇した後の横ばい相場では、株価はすでに上昇しているので“ゴールデンクロスではなくデッドクロスを待つ”ということになります。ここで、前述したように“デッドクロス”が出れば“売り”となるのです。

ただし、“デッドクロス”については、いつが“ベストの売り”かを初心者が判断するのはなかなか難しいのが実状です。したがって、初心者は“ゴールデンクロス”だけを最初は利用したほうがいいでしょう。

ゴールデンクロス、デッドクロスを使う際の注意点

もう一つ、最後ですが、ゴールデンクロスとデッドクロスは移動平均線を使用する以上、方向性を掴むことに長けています。

逆を言えば、株価の動きに対してどうしても遅れることが多いために、大きな上昇を見せるときには大きな利益を上げることができますが、その分保ち合いの時期はなかなかゴールデンクロスが出現しても、株価が上がらなくて小幅な損がかさむ可能性があることをご注意下さい。

【ポイント】
  • ■“ローソク足”を見れば、始値、終値、高値、安値の「株価」が一目で理解できる。
  • ■“ローソク足”は、投資家の心理を教えてくれている。
  • ■よくわかるチャートの形をしている銘柄にだけチャートを使い投資に活用する。