トップ株 入門チャートに強くなろう第5回 基礎編 5 三角保ち合いの使い方

第5回 基礎編 5 三角保ち合いの使い方

株価の振幅が煮詰まった三角形のチャートの形から、大きく動く方向が読める保ち合いの形を学びます。

三角保ち合いとは?

株価は小さな上昇、下落を繰り返して大きな上昇や下落の流れを作ります。

その上昇下落の流れの過程で、当然株価が上下に振幅するわけですが、徐々にその振幅が狭くなっていき、最後には拮抗します。 その時に、最初の高値と安値を結んだ線が三角形になる形を“三角保ち合い”といいます。

三角保ち合いのパターンとしては3つあり、
(1)先行き強気の三角保ち合い
(2)先行き弱気の三角保ち合い
(3)均衡している三角保ち合い
があります。

そしてここで大事なことは、保ち合いの頂点から株価の均衡が崩れると、上下どちらかに大きく動きます。

また、一般的には保ち合いの期間が長ければ長いほど、エネルギーを溜め込んでいる期間も長いので、保ち合いの頂点から均衡が崩れたときにより大きく動くということが言われています。

先行き強気の三角保ち合いとは

■まずはチャートを見てみましょう。

チャート

左上が直角になる三角形の保ち合いが“先行き強気の三角保ち合い”です。

三角保ち合いは上下どちらかに大きく動きますが、投資家心理を読むと先行きの見通しがある程度予測できます。

この“先行き強気の三角保ち合い”は、ご覧の通り上昇した時の上値が何らかの理由で抑えられており、一定水準となっていますが、その後下落したときには前回の安値まで投資家が待てずに買いを入れてくるために、安値がどんどん切り上がってくる形になります。

つまり、このチャートの形は投資家の“先高感が強い”のではないかと予め推測でき、この場合はチャート上の均衡が破れると、投資家心理が強気なので一斉に買いに走り、堰をきったように上昇する可能性があります。

先行き弱気の三角保ち合いとは

■再びチャートを見てみましょう。

チャート

今回は左下が直角になっている三角形です。この保ち合いが“先行き弱気の三角保ち合い”になります。

先ほどの“強気の三角保ち合い”の三角形を上下逆にした形です。 こちらは徐々に上値が切り下がってくるパターンになります。

投資家心理を読めば、下値は一定で底堅く安定しているものの、リバウンドが弱いため、「今度は前回の高値まで上昇しなそうだから、とりあえず前回の高値より下でも売っておこう」と徐々に注意を払う市場参加者が増えている「先安感の強いチャート」の形になります。

窓を空けて下落したり、三角形の頂点から下に均衡が破られた時が、投資家が一斉にロスカットや投売りをしたり、加えて新規に売り建てたりしてくる参加者も多いため、売りのタイミングになります。

均衡している三角保ち合いとは

■今度のチャートを見てみましょう。

チャート

今回のチャートの形は比較的綺麗な二等辺三角形の形をしています。 これが“均衡している三角保ち合い”です。

ご覧の通り、先安感の強い市場参加者を中心に売り圧力が強まって、徐々に上値が切り下がってくる一方で、先高感の強い市場参加者を中心に買い圧力も同時に強まって下値が切り上がってきています。

つまり、市場参加者の先高感と先安感が均衡していますので、三角形の頂点付近で均衡が破られた時に勝った方向に一気に勢いが付き、負けた方が「一斉にロスカット」しますので、大きく動意づくチャートの形になります。

ただ、注意としてはこの三角保ち合いの形は、日足の動きを最後までよく観察する必要があります。

【ポイント】
  • ■左上が直角の三角保ち合いは“先行き強気の保ち合い”、上昇する可能性が高い。
  • ■左下が直角の三角保ち合いは“先行き弱気の保ち合い”、下落する可能性が高い。
  • ■二等辺三角形の保ち合いは“均衡している保ち合い”均衡が破られる最後までよく観察しよう。

チャートに強くなろう

第1回 基礎編 1 ローソク足の見方
チャートとは株価の動きをグラフ化したものですが、日本で使われている最もポピュラーなチャートが"ローソク足"です。
第2回 基礎編 2 ローソク足で見る相場のサイン
特に長い下ヒゲ、長い上ヒゲが出たときのチャートや、「保ち合い」(株価が上昇した後や下落した後に動かなくなること)相場時の投資家心理を解説していきます。
第3回 基礎編 3 「株価」と「出来高」の関係
株式投資をしているほとんどの人たちは利益を出していないと言われています。利益を出せない第1の理由は、恐らく株価チャートを見ないで株を買っているからでしょう。株式投資で儲けるためには、いかにチャートが大事なのかを、学んでいきましょう。
第4回 基礎編 4 ダブル底(天井)と三尊底(天井)とは?
株式のトレンド転換を判断するパターンはいくつかありますが、チャートの形から判断する時の代表的な見方である「ダブル底(天井)」と「三尊底(天井)」について解説いたします。
第5回 基礎編 5 三角保ち合いの使い方
株価の振幅が煮詰まった三角形のチャートの形から、大きく動く方向が読める保ち合いの形を学びます。
第6回 テクニカル編1 「移動平均線」の使い方
「チャートを見る時に、まず移動平均線をチェックする」という人も少なくありません。 多くの投資家にとって「移動平均線」は大変ポピュラーな指標であり、また利用価値が高いものです。
第7回 テクニカル編 2 移動平均乖離率の使い方
株価の移動平均線を使ったテクニカル分析として現在広く一般に多用されている、「移動平均乖離(かいり)率」の使い方について解説します。
第8回 テクニカル編 3 ゴールデンクロスとデッドクロスの使い方
長期と短期の2本の「移動平均線」を使って株価の上昇・下落の転換点を予測する方法についてご紹介します。
第9回 テクニカル編 4 RCIの使い方
RCIは、相場の過熱感を測り、現在の株価が割安か割高かを判断するときに使われる代表的なテクニカル指標のひとつです。 その使い方について解説いたします。
第10回 テクニカル編 5 RSIの使い方
ご存知の通り株価をチャートにすると、数年単位の長期波動、1年間に2・3回起こる中期波動、数ヶ月間に何度も上下動を繰り返す短期波動の3つに分けることができます。参考までに、「3.往来相場の形」では長期波動、「1.過去の安値・高値まで株価が上昇・下落した時」では中期波動のチャートをご確認いただけます。
第11回 テクニカル編 6 ストキャスティクスの使い方
今回は「ストキャスティクス」について解説します。「ストキャスティクス」は現在の株価が割安か割高かを判断するときに使われる代表的なテクニカル指標のひとつです。
第12回 テクニカル編 7 MACDの使い方
「MACD」は平滑移動平均(もしくは指数移動平均)を使って、分析を発展させたテクニカル指標です。「MACD」によって相場のトレンドを判断でき、同時に売りタイミングと買いタイミングを計ることが出来ます。
第13回 テクニカル編 8 一目均衡表の見方
「一目均衡表」は時間的な概念に注目して作られた指標です。 特徴としては、トレンドの方向性や転換点を株価だけではなく日柄からも探り出そうとしていることで、他のテクニカル指標ではあまり使われない「9日」や「26日」といった計算日数が使われていることです。
第14回 テクニカル編9 ボリュームレシオの使い方
ボリュームレシオは、出来高に着目して現在の株価が割安か割高かを判定するテクニカル指標の一つです。
第15回 テクニカル編 10 サイコロジカルラインの使い方
サイコロジカルラインの「サイコロジカル」とは「心理的な」という意味です。つまりこのテクニカル指標は投資家の心理を数値化し、売買のタイミングに役立てようという考えから生まれたテクニカル指標です。
第16回 テクニカル編 11 ポイントアンドフィギュアチャートの使い方
チャート表示方法としての一つでポイントアンドフィギュアというものがあります。時間を横軸に取らず値動きのみを基準としたチャートの見方とその使い方を解説します。
第17回 応用編 1 波動ラインの使い方
株価の上昇下落の傾向について一目で把握する事ができる、波動ラインをご紹介したいと思いますが、その前に「そもそも波動って何?」といったところからご説明したいと思います。
第18回 応用編 2 抵抗ラインの使い方
今回は「抵抗ライン」について説明します。「抵抗ライン」とは株価の動きが止まったポイントを結んだラインで、投資家が売買タイミングを知る上で必要なデータです。この精度を高めれば高めるほど「勝つ確率」が上昇します。
第19回 応用編 3 価格帯別出来高の使い方
「価格帯別出来高」とは、過去に売買された株数を価格帯別に集計したもので、一般的に株価チャートの右に横棒のグラフで表示されています。株価の上値が抑えられる「抵抗ライン」を見つけるのに有効なので覚えておきましょう。
第20回 応用編 4 押し目・戻し目ラインの使い方
プロの投資家がもっともよく使う買いタイミングの指標は『移動平均線』と『押し目ライン』です。この押し目ラインの活用法について見ていきましょう。

※ ケンミレ有料会員はいつでもすべてのレポートを確認することができます。ケンミレ会員サービスについて詳しく知りたい方はこちら