トップ株 入門覚えたほうがよいチャート機能第3回 チャートの表示期間を自由に変更

第3回 チャートの表示期間を自由に変更

それでは一つずつチャート機能の使い方を説明します

チャートの機能につきましては、作った人の意思が反映されますので、どの会社が作ったチャートもそれぞれ独特の機能を持っています。 ここではチャートの基本的な機能と、あれば便利な機能の中で、自分が好きな機能を見つけることから始めればよいと思います。

チャートの表示期間を自由に変更できる「二つのスクロールバー」(もっとも重要)

多くのチャートは1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・1年・3年というように、表示期間が限定されています。 株式市場の上げ下げがその期間にピタリと当てはまれば問題ありません。 しかし、今から4ヶ月前に上昇スタートしたときには、4ヶ月前から現在までの動きを見たほうがわかりやすいのですが、 現実には6ケ月チャートを見るしかないチャートがほとんどです。
見やすいチャートは分析しやすいチャートですから、6ヶ月間のチャートよりも4ヶ月間のチャートのほうが大きくて見やすいと言えます。

また長い期間のチャートを見たら、ある期間のチャートが今の相場と似ているときは、そのときのチャートの動きを見たくなります。 この場合に、年月日を指定してチャートを表示するのではなく、目で確認しながらチャートを表示できれば大きな武器になります。

どうして、大きな武器になるのかと言いますと、人間は将来がわからないので「過去に同じような動きをしているときがないか」を調べ、 見つかったときは「過去を参考に投資判断」をします。株式市場では「歴史は繰り返す」と言いますが、 それは多くの投資家が過去の動きを参考にするからです。

そして、多くの投資家が過去の動きを参考にするから「チャート」が重要になるのです。

ここまで下がったら、下げが止まったということを何度も繰り返している銘柄が見つかった場合、 多くの投資家は「過去に下げ止まった株価に買い差し値注文」をいれます。 そのため、過去の下げ止まったところで今回も止まる可能性が高いのです。

このように、チャートを参考に投資判断をしている人がたくさんいますので、 チャートについて「知っていれば儲かったこと」「知っていれば損しなかったこと」をできるだけたくさん覚えて下さい。

覚えたほうがよいチャート機能

第1回 チャートとは何か
ローソク足の見方については色々な本で解説されています。 ローソク足の見方がわかれば株式投資で勝てるかと言いますと...
第2回 チャートのどの機能を使うのか
チャート機能で個別銘柄分析に求める機能は、今の株価水準が割安なのか、適正なのか、割高なのか、今のトレンドはどっちを向いているのか...
第3回 チャートの表示期間を自由に変更
ここではチャートの基本的な機能と、あれば便利な機能の中で、自分が好きな機能を見つけることから始めればよいと思います。
第4回 移動平均線
移動平均線の目的は、この移動平均線まで下がれば下落が止まるとか、この移動平均線まで上昇すれば上昇が止まるというように、 売買のタイミングを知るために使われます。
第5回 トレンドライン、日足/週足/月足
上昇角度と次の上昇角度は業績を反映して同じ角度になるという傾向があります。 下落トレンドの角度も同じことが言えますので...
第6回 押し目・戻し目ライン
まずは押し目率ですが、これは「割安株投資の待ち伏せ買いに使う」指標です。 株式市場が上昇トレンドに入るということは...
第7回 新値銘柄数、信用評価損率
株価が上昇する場合は無制限に上昇できますので、 どこで止まるかは別の指標のほうが当たる確率が高くなります。
第8回 チャートは投資に必要なのか?
チャートの使い方の本は沢山あります。それらの本を読めば「チャート理論に強くなる」ことはできます。チャート理論に強くなると株式投資で勝てるのかと言いますと...
第9回 上昇相場なら「買っても間に合うタイミング」
今回は、ベストタイミングではないが上昇相場なら「買っても間に合うタイミング」について申し上げます。
第10回 買い損なわないための工夫
ほとんどの投資家は次の二つの失敗を経験します。 そして、この経験が投資家を臆病にしたり、蛮勇でむやみに買って大損したりしています。
第11回 勝者限定のテクニカル指標に対する考え方との使い方
テクニカルアナリストというライセンスがありますように、チャートの基本はテクニカル分析と言われています。 そして、テクニカル分析が好きな人の多くは「テクニカル分析」を信用して使っています。

※ 新ケンミレ有料会員はいつでもすべてのレポートを確認することができます。新ケンミレ会員サービスについて詳しく知りたい方はこちら