トップ株 入門覚えたほうがよいチャート機能第2回 チャートのどの機能を使うのか

第2回 チャートのどの機能を使うのか

チャート機能で個別銘柄分析に求める機能は

A. 今の株価水準が割安なのか、適正なのか、割高なのか B. 今のトレンドはどっちを向いているのか C. どこまで下がるのか、どこまで上がるのか

と言う三つです。

チャートで市場全体の方向性を見るためには

A 株価指数の比較
日経平均株価・規模別株価指数・業種別株価指数
B 世界の株価指数との比較
NYダウ・DAX指数・FT100・上海指数・ハンセン指数など
C 為替市場との関係
ドル円・ユーロ円・ユーロドル
D 原油市場との関係
WTI・北海ブレント・ドバイ
E 債券市場との関係
今はゼロ金利ですので意味はありませんが、将来的には日本の公定歩合・無担保コール・CD新発3か月・長期国債や米国のFFレート・EUの市場介入金利などを参考にします。

などを比べてマクロの分析をします。

ただし、マクロ分析は非常に難しく、また時間もかかりますので、基本的には専門家の見方を参考にすれば良いと思います。 好きな方はマクロ分析は面白いので試してはいかがでしょうか。

チャートにはお金が落ちているというレベルでチャートを使うなら、マクロ分析までは必要ありませんし、またチャートの本に書いてあることもほとんど必要ないと言えます。 ここでは、本に書いていない、株式投資の勝者が使っている、マニアックな、しかし難しくない機能の使い方を解説します。

このレポートは初級編のレポートですので、最低基準として「どうやってチャートの機能を使って勝つのか」についてだけ申し上げます。

勝つために使うチャートの機能

  1. 期間の自由変更(もっとも重要)
  2. 移動平均線の日数の自由変更(重要)
  3. トレンドライン(重要)
  4. 日足と週足と月足の比較
  5. 押し目・戻し目ライン
  6. 新値銘柄数
  7. 信用の評価損率
  8. 信用買い残高と売り残高
  9. 売買タイミング指標
  10. 業種別インデックス・テーマ別インデックス・事業品目別インデックス
  11. 三本のバリューライン

これだけ使えればチャートは強力な武器に変わります。
そして、この使い方に慣れてきますと、チャートを開いた瞬間に全ての分析が瞬時にできるようになります。
そうなれれば、引っかかった銘柄のチャートだけを見れば良いわけですから、短い時間で良い銘柄を見つけられやすくなります。

次回は上記の機能について一つ一つ解説していきます。

覚えたほうがよいチャート機能

第1回 チャートとは何か
ローソク足の見方については色々な本で解説されています。 ローソク足の見方がわかれば株式投資で勝てるかと言いますと...
第2回 チャートのどの機能を使うのか
チャート機能で個別銘柄分析に求める機能は、今の株価水準が割安なのか、適正なのか、割高なのか、今のトレンドはどっちを向いているのか...
第3回 チャートの表示期間を自由に変更
ここではチャートの基本的な機能と、あれば便利な機能の中で、自分が好きな機能を見つけることから始めればよいと思います。
第4回 移動平均線
移動平均線の目的は、この移動平均線まで下がれば下落が止まるとか、この移動平均線まで上昇すれば上昇が止まるというように、 売買のタイミングを知るために使われます。
第5回 トレンドライン、日足/週足/月足
上昇角度と次の上昇角度は業績を反映して同じ角度になるという傾向があります。 下落トレンドの角度も同じことが言えますので...
第6回 押し目・戻し目ライン
まずは押し目率ですが、これは「割安株投資の待ち伏せ買いに使う」指標です。 株式市場が上昇トレンドに入るということは...
第7回 新値銘柄数、信用評価損率
株価が上昇する場合は無制限に上昇できますので、 どこで止まるかは別の指標のほうが当たる確率が高くなります。
第8回 チャートは投資に必要なのか?
チャートの使い方の本は沢山あります。それらの本を読めば「チャート理論に強くなる」ことはできます。チャート理論に強くなると株式投資で勝てるのかと言いますと...
第9回 上昇相場なら「買っても間に合うタイミング」
今回は、ベストタイミングではないが上昇相場なら「買っても間に合うタイミング」について申し上げます。
第10回 買い損なわないための工夫
ほとんどの投資家は次の二つの失敗を経験します。 そして、この経験が投資家を臆病にしたり、蛮勇でむやみに買って大損したりしています。
第11回 勝者限定のテクニカル指標に対する考え方との使い方
テクニカルアナリストというライセンスがありますように、チャートの基本はテクニカル分析と言われています。 そして、テクニカル分析が好きな人の多くは「テクニカル分析」を信用して使っています。

※ ケンミレ有料会員はいつでもすべてのレポートを確認することができます。ケンミレ会員サービスについて詳しく知りたい方はこちら