トップケンミレ読学塾

買うと同時に売り値を決めて確実に売ろう

「冷静さが大切」は分かっているが…

「株式投資では、冷静な判断をすることが大切だ!」。わかりきったことですよね。しかし、感情がある以上、冷静でいられない時があることを忘れてはいけません。みなさんもつまらないことが原因で友達同士、夫婦同士でけんかをして気まずい雰囲気になってしまったことがあるでしょう。そして、気まずい時間が長く長くなるほど、「何であんなことを言ってしまったんだろう」「あのときこうしていれば」と後悔することがあったのではないでしょうか。
この後悔している時は、冷静に考えることができているのですが、けんかをしたときは頭に血が昇って冷静ではいられなかったわけです。
「株式投資は別だよ」と考えている方がいたら、それは危ない考えです。

冷静に判断する唯一の方法

株式投資は自分の欲望との戦いです。自分が買った銘柄が上昇するのを見ると、「もっと上がるかもしれない」「もう少し様子を見て、もっと高いところで売ろう」などという根拠のない欲望に支配されてしまいがちです。つまり、欲望によって冷静な判断ができないということですね。その結果、結局売りそびれて、ひどい時には損失を出したり、株を塩漬けにしてしまったりすることも少なくないのです。
そのようなことを防ぐには、買った後の値動きを見ながら売り値を決めるのではなく、くだもの屋さんと同じように、買うと同時に売り値を決めておくしかありません。そして、その売り値に達したら、迷わず機械的に売るのです。
値動きがあって冷静になれない時に冷静になろうとするよりも、買った直後の値動きがない時であれば、自然に冷静な判断ができます。
株式投資の目的は財産を着々と増やすことであって、買った株を最高値で売ることではありません。ですから、売り値を決める時にも、「できる限り高い額」ではなく、「売れる可能性が高い額」に設定して、確実に売り、次の投資チャンスを待ちましょう。

ケンミレ読学塾

※ ケンミレ有料会員はいつでもすべてのレポートを確認することができます。入会はこちら

  • チャートに強くなろう(基本編)初心者の
  • ケンミレ読学塾 図解をみながら、株に関する知識を身につけましょう。
  • チャートに強くなろう(基本編)初心者の