トップ株 入門ケンミレ読学塾上がりっぱなしも下がりっぱなしもない

上がりっぱなしも下がりっぱなしもない

真冬にスイカを買う人はいないでも株は……

今ではほとんどのくだものは、1年を通じて買うことができます。でも、例えばスイカが大好きでも、わざわざ冬に食べようとは思いません。冬に買うと、値段がとても高いからです。価格が安いのは、それぞれのくだものの旬の時期です。スイカなら夏、ぶどうなら秋、みかんなら冬が一番安くて、しかも一番おいしい時期なのです。
では、株の場合はどうでしょう。株の値段も、くだものと同じように上がったり下がったりします。しかし不思議なことに、株は値上がりしている時になぜか人気が出るのです。
多くの投資家は、値上がり中の株を見ると、「もっと上がる」と考えて、つい買ってしまいます。これは真冬にスイカやメロンを買うようなものです。
もし、あなたがくだもの屋さんの社長だったら、高いお金を払って、真冬にスイカを仕入れるようなことはしないはずです。値段が下がっている時に買って、それに利益分を乗せて売る。それが商売の基本です。

上がった株は下がるのを待って待ち伏せて買う

株の大原則もまた、くだものと同じように「安く買って高く売る」ということです。それは誰でもわかっているはずなのに、値上がりしている株を見ると、多くの人が「今、買わないと儲けそこなう」と考えてしまいます。
この考えが、株式投資では命取りになります。
株式投資をする上で忘れてはならないのは、「株は上がり続けることも、下がり続けることもない」ということです。たとえ業績のよい会社でも、上がればいつかは下がりますし、業績の悪い会社であっても、下がればいつかは上がります。
ですから、「上がっている株は、いつ下がるかわからないから買わない」というのが、正しい判断なのです。そして株価が下がり、底値近くになるのをじっと待って、そこで買うのです。
つまり、真夏にスイカを安値で買うのと同じことです。
しかし、最安値で買おうと思ってはいけません。本当の底値と天井は、誰にもわからないからです。
魚の頭と尻尾を猫にあげるように、株も「最も安い部分」と「最も高い部分」にはこだわらず、おいしいところだけ取れれば十分なのです。

ケンミレ読学塾

第1回 上がりっぱなしも下がりっぱなしもない
株の値段も、くだものと同じように上がったり下がったりします。しかし不思議なことに、株は値上がりしている時になぜか人気が出るのです。 多くの投資家は、値上がり中の株を見ると、「もっと上がる」と考えて、つい買ってしまいます。
第2回 銘柄探しは2番目では最初にするべきことは?
「いい商品」というのは、前にも説明したように、「安く仕入れられて、高く売れる商品」です。有名品種でも、「安く仕入れる」ことができる時期でなければ、結局は高い仕入れ値のために、大きな利益を上げることはできないのです。
第3回 買うと同時に売り値を決めて確実に売ろう
「株式投資では、冷静な判断をすることが大切だ!」。わかりきったことですよね。しかし、感情がある以上、冷静でいられない時があることを忘れてはいけません。
第4回 「すぐに買わない」が勝利を呼び込む!
「底値近辺で株を買えば、株価はやがて確実に上昇する。そうすれば、確実に利益が上げられるだろう。一度に大きな利益を狙う必要はない」。
第5回 勝ち続ける必要はないトータルで勝てばいい
プロスポーツでも「100戦全勝」はありえません。ましてや、株式投資の世界でプロと言えない個人投資家が、常に勝ち続けることは不可能です。専門家の間では、10回投資して7回勝てばいいと考えられています。
第6回 株式投資の目的と目標を見失わないために
株式投資で財産をつくるためには、勝てる可能性が高い時にだけ投資をして、着実に利益を積み重ねる必要があることは、すでにお分かりいただけたと思います。

※ ケンミレ有料会員はいつでもすべてのレポートを確認することができます。ケンミレ会員サービスについて詳しく知りたい方はこちら