トップ無料株ソフト売買タイミング診断

無料株ソフト「売買タイミング診断」

売買タイミング診断とは?

銘柄ごとに「RCI」や「ストキャスティクス」など最適化したテクニカル指標で、現在の水準が「割安なタイミングにあるか」をワンクリックで診断できるソフトです。

無料版ではグッドイシューが厳選した18銘柄について買いタイミングの診断が行えます。
※有料版では、自分で選んだ銘柄の売買タイミング診断が行えます

6個のテクニカル指標でタイミングを診断!

RCI

『RCI』は、日本語で「順位相関指数」といい、ある一定期間の株価(終値)に上昇順位をつけ、その期間の日数との相関関係から、今の株価が「買われ過ぎ」なのか「売られ過ぎ」なのかを見ることができます。

一般的には、現在の水準が0%に近づくほど「売られ過ぎ」、100%に近づくほど「買われ過ぎ」というふうに判断します。

関連リンク:わかる株式用語「RCI」

ストキャスティクス

『ストキャスティクス』は、本日の株価の位置が、過去の一定期間の株価を基準にしてどの位置にあるかを見ることで、「買われ過ぎ」なのか「売られ過ぎ」なのかを判断することができます。一般的には、現在の水準が0%に近づくほど「売られ過ぎ」、100%に近づくほど「買われ過ぎ」と判断します。

関連リンク:わかる株式用語「ストキャスティクス」

ボリュームレシオ

『ボリュームレシオ』は、一定の期間内に値上がり、値下がりしたときの出来高がどれだけあったかを数値化して割安か割高を計るものです。

株価は、通常上昇しているときに出来高を伴うことが多いので、株価が上昇すればボリュームレシオの数値も100%に近づきます。逆に、株価が下落すれば数値も0%に近づきます。

サイコロジカルライン

『サイコロジカルライン』は「株価が上がり続けると、そろそろ天井だろう」とか、「下げ続けると、もう反騰していい頃だろう」といった「投資家心理」を根拠として、その投資家心理の偏りのピークを数値化して、 今の株価が「買われ過ぎ」なのか「売られ過ぎ」なのかを見ることができます。

一般的には、現在の水準が75%以上は「買われ過ぎ」、25%以下は「売られ過ぎ」と判断します。

関連リンク:わかる株式用語「サイコロジカルライン」

RSI

『RSI』は、日本語で「相対力指数』といい、過去の一定期間の「株価の値上り幅・値下り幅」をもとに、今の株価が「買われ過ぎ」なのか「売られ過ぎ」なのかを判断することができます。

一般的には、現在の水準が20%以下なら「売られ過ぎ」、80%以上なら「買われ過ぎ」と判断します。

関連リンク:わかる株式用語「RSI」

移動平均線乖離率

『移動平均線乖離率』は、いまの株価が移動平均線からどのくらい「離れているか」を示すことで、「買われ過ぎ」なのか「売られ過ぎ」なのかを判断することができます。例えば、+10%以上だと「買われ過ぎ」、-10%以上だと「売られ過ぎ」というふうに判断します。

関連リンク:わかる株式用語「移動平均線乖離率」

「売買タイミング診断」機能説明はこちら≫

reviewed by TRUSTe

当ホームページ上の著作権はグッディー株式会社に帰属し、自己の投資判断以外の目的での使用を禁止します。尚、当社が公開しているすべての情報について、当社の許可なく複製・転用・販売・ダウンロードすることを禁じます。本ホームページにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、株式会社野村総合研究所、東洋経済新報社、日本経済新聞社からの情報の提供を受けております。日経平均株価及び日経ジャスダック平均株価の著作権は、日本経済新聞社に帰属します。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。