お申込みはこちら

トップわかる!株式用語ローソク足と四本値とは

わかる株式用語

ローソク足と四本値とは(ろーそくあしとよんほんね)

≫用語集の目次を見る

まずはざっくり

日々動いている株価を記録するときに、株価の動きを1日や1週間という期間で区切ってあらわしたものがローソク足です。

日本で使われている最もポピュラーなチャートが"ローソク足"で、江戸時代の米相場で生まれたとされています。"ローソク足"の由来は、1日や1週間という一定期間の株価の動きを表す白や黒の棒の形が、火を灯すローソクに似ているからです。

これだけは覚えよう!

ローソク足が表す株価は4つあります。

ある期間のなかで、最初に取引された株価「始値(はじめね)」、その期間で一番高い株価「高値(たかね)」、その期間で一番安い株価「安値(やすね)」、その期間の最後に取引された株価「終値(おわりね)」の4つです。株価が4つあることから四本値(よんほんね)と呼ばれています。

よりよく理解するために、“ローソク足"を自分で描いてみましょう。

■ローソク足を描く手順

まず、1日ですとか、1週間、1ヶ月など、ローソク足をつくる期間を決めます。そして、その期間のなかで、最初の株価、一番高い株価、一番安い株価、一番最後の株価(四本値)を記録していきます。始値から終値を結んだ線を「胴体(どうたい)」と呼びます。胴体の中心の延長線上に高値と安値を記し、それぞれ胴体まで線を引きます。このときに胴体から飛び出した部分を「ヒゲ」と呼びます。

ただし、このままですと上がったのか下がったのかが分かりませんから、
始値より終値が高く終われば 胴体を白くして「陽線」、
始値より終値が安く終われば 胴体を黒くして「陰線」と呼びます。

このようにしてローソク足は、胴体とヒゲで四本値を表しています。

もうひと頑張り!

ローソク足は、その期間の動きが分かるだけではなく、投資家の心理状態を読むことができる貴重なデータです。難しいローソク足の見方よりも、まずは基本の考え方を理解しておきましょう。

■ヒゲと胴体の投資家心理

ローソク足の『胴体部分』は始値と終値でできていますから、投資家の冷静な判断でついた株価と考えることができます。なぜかといいますと、市場が開く前に投資家が慎重に判断してついた「始値」と、投資家が実際に売買をおこなってたどりついた最終的な結果である「終値」からできているからです。

一方で『ヒゲ』については、その期間内に瞬間的につけて結局は「終値」まで保てなかった株価ですから、投資家の動揺や焦りによってついた株価の動きと考えることができます。

ローソク足を読むときの大前提は「ヒゲと胴体の投資家心理」と覚えておきましょう!

■ローソク足は出来高と一緒に見る

ローソク足とチャートの形が投資家心理を表していることを理解いただけたと思います。

なお、ローソク足は「ある程度の出来高ができているか」も合わせて確認するようにしましょう。少ない人数の投資家の意思よりも、たくさんの投資家の意思が反映されたローソク足の方が、投資家心理=群集心理をより正確に表していると考えることができるからです。

■投資家心理を想像するトレーニング

ところで、こちらは、グッドイシューで毎日の株式市場をコンパクトに解説している「3分市況動画」(有料サービス限定)のひとコマで、1日のなかの株価の値動きをグラフにした「日中足」です。

「日中足」グラフには始値、高値、安値、終値の四本値が含まれています。グラフを参考に、ご自分でローソク足を描いてみたり、投資家心理を想像してみてくださいね。

よく検索した用語集
無料メールマガジン

イチ押しリポート

トランプレポート

広角投資のススメ

今日のマーケット
☆ココが気になる

起業家タマゴの経営イロハ

to top

reviewed by TRUSTe

当ホームページ上の著作権はグッディー株式会社に帰属し、自己の投資判断以外の目的での使用を禁止します。尚、当社が公開しているすべての情報について、当社の許可なく複製・転用・販売・ダウンロードすることを禁じます。本ホームページにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、株式会社野村総合研究所、東洋経済新報社、日本経済新聞社からの情報の提供を受けております。日経平均株価及び日経ジャスダック平均株価の著作権は、日本経済新聞社に帰属します。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。