お申込みはこちら

トップわかる!株式用語新高値/新安値とは

わかる株式用語

新高値/新安値とは(しんたかね しんやすね)

≫用語集の目次を見る

まずはざっくり

株価から新しく高値、安値がついたかどうかということを表します。
比較する期間によって3つの状態の新高値/新安値があります。

@その年の中(年初から年末まで)で最高、最安の株価のことを「年初来高値」、安値を「年初来安値」と言います。

A市場に上場した時以来の高値を「上場来高値」、安値を「上場来安値」と言います。

B昨年以降の高値を「昨年来高値」、安値を「昨年来安値」と言います。

これだけは覚えよう!

「年初来高値/安値」は1月から3月までの間は取引が始まったばかりですので、毎日が最高値、最安値となってしまいますので、@の場合1-3月の間は昨年の株価と比較して「昨年来高値/安値」と使用することが多いです。

もうひと頑張り!

では1-12月が「年初来高値/安値」の期間かというと、そうではありません。
株式関連の情報によって、4月1日-3月31日のものもあります。
グッドイシューも例外ではありません。「年初来高値/安値」を1月-12月でオーソドックスに判定しているものと、本日の1年3ヶ月前から(2012年9月21日であれば2011年の6月20日から)判定しているものの2つあります。

これがなぜ重要になってくるかと言いますと、相場状況の一つの目安になるからです。

よく検索した用語集
無料メールマガジン

イチ押しリポート

トランプレポート

広角投資のススメ

今日のマーケット
☆ココが気になる

起業家タマゴの経営イロハ

to top

reviewed by TRUSTe

当ホームページ上の著作権はグッディー株式会社に帰属し、自己の投資判断以外の目的での使用を禁止します。尚、当社が公開しているすべての情報について、当社の許可なく複製・転用・販売・ダウンロードすることを禁じます。本ホームページにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、株式会社野村総合研究所、東洋経済新報社、日本経済新聞社からの情報の提供を受けております。日経平均株価及び日経ジャスダック平均株価の著作権は、日本経済新聞社に帰属します。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。