トップわかる!株式用語サイコロジカルラインとは

わかる株式用語

サイコロジカルラインとは(さいころじかるらいん)

≫用語集の目次を見る

まずはざっくり

サイコロジカルラインとは、計算期間(一般的に過去12営業日で計算)の中で上昇した日数が何%になっているかを計算したテクニカル指標です。
投資家の心理を数値化して、売買のタイミングをとるのに役立てようという考えから生まれたものです。

計算方法は非常に単純で、株価が上がった日を「勝ち」、下がった日を「負け」として勝率を算出します。
例えば、12営業日のうち「8日勝ち」「4日負け」の場合には
8÷12=66.7%となります。
一般的には、勝率が25%以下になると割安、75%以上になると割高といわれています。

これだけは覚えよう!

「サイコロジカル」とは「心理的な」という意味です。
例えば、コインの表裏を予想するゲームで10回連続して表が出た場合、次のゲームでも確率は1/2となります。しかし、ゲームに参加している人の心理は、次のゲームで「もうそろそろ裏が出てもいい頃」という心理に傾く可能性が高くなると思われます。

同様のことが株式市場でも言われています。「上昇した日」「下落した日」の日数を基準に計算することで「もうそろそろ上昇(下落)するんじゃないか」を分析するのが、サイコロジカルラインです。

株価の変動には、企業業績や、政治、経済、海外動向などさまざまな要因がありますが、短期でみれば必ず上昇と下落を繰り返しています。
サイコロジカルラインは、目先的な反発を狙うのに役立つテクニカル指標です。

もうひと頑張り!

サイコロジカルラインはどうやって使うの?

目先的な反発に使えるサイコロジカルラインですが、そのタイミングが銘柄ごとに異なっています。また大雑把な計算で求められる数値なので、一般的な12営業日で計算してしまうと、その精度はあまり高くありません。

そこでグッドイシューではサイコロジカルラインの日数を最適化して、その銘柄ごとにもっともあうタイミングを自動計算しています。
チャート上にサイコロジカルラインを表示するときには、その日数が自動的に最適化されますので便利です。

よく検索した用語集
無料メールマガジン

イチ押しリポート

今日のマーケット
☆ココが気になる

起業家タマゴの経営イロハ

チャート 〜入門編〜

to top

reviewed by TRUSTe

当ホームページ上の著作権はグッディー株式会社に帰属し、自己の投資判断以外の目的での使用を禁止します。尚、当社が公開しているすべての情報について、当社の許可なく複製・転用・販売・ダウンロードすることを禁じます。本ホームページにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、株式会社野村総合研究所、東洋経済新報社、日本経済新聞社からの情報の提供を受けております。日経平均株価及び日経ジャスダック平均株価の著作権は、日本経済新聞社に帰属します。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。