トップわかる!株式用語ROEとは

わかる株式用語

ROEとは(あーる おー いー)

≫用語集の目次を見る

まずはざっくり

ROEは「Return On Equity」の略で、「株主資本利益率」と呼びます。

ROE(%)=純利益÷株主資本(= 自己資本)×100

ROEとは、株主が投資した金額で、企業がどのくらい利益をあげているのかがわかる指標です。つまり、ROEが高い銘柄ほど、効率的に株主資本を活用できているといえます。

これだけは覚えよう!

次の2つのケースを見てみましょう。
ケース1
A社 純利益100万円 株主資本1000万 → ROE10%
ケース2
B社 純利益100万円 株主資本500万 → ROE20%

A社とB社を比較した場合、どちらも純利益は100万円です。
しかしながら、元になっている株主資本から比較すると、少ない株主資本をもとに100万円の利益をあげているB社の方が、効率的に株主資本利用している会社といえます。

もっとも、単純にROEが高い方がよいとは限りません。
業種や業態によっても、ROEが低くなりがちなもの、反対に高い企業が多い業種などがあるためです。例えば、大きな金額の設備投資が必要な製造業などは、借入金が多くなり、一般的にROEが低くなりがちです。コレに対して新興のネット関連企業などは、大規模な設備投資がいらないので、ROEが高い企業が多い傾向があります。

さらに、ROEの数字のマジックといえるのが、「株主資本が少ない=経営の危ない企業」が高ROEになってしまうことです。

経営が苦しくなってくると、借入金だけでは間に合わず、株主から預かった資金を使わざるを得なくなります。株主資本を簡単にいえば、借金以外の手持ち資金なので、手持ち資金が危ない企業が、数字の上で「高ROE」になってしまうことがあります。

「ROEが高い」という判断だけで投資をしてしまうと、とんだ危険な銘柄に投資してしまう可能性があります。銘柄選びをするときには、そのほかの財務指標、PBRやPER、ROAもあわせてチェックをするようにしましょう。

もうひと頑張り!

どうしてROEが注目されているの?

もともと日本ではPBRやPERなどの指標の方が重要視されていましたが、バブル崩壊後の日本市場の主役となった海外投資家の影響でROEが重視されるようになりました。

米国では、「ROE=どのくらい株主資本を効率よく活用しているか」で企業評価を重視しているため、高ROEの銘柄が投資対象と考えられているからです。

日本企業も、高ROEの方が企業力を評価されるのでROEを高める動きがみられています。それでも、まだ日本企業のROEは欧米企業に比べると低いのですが、高い企業は外国人投資家に評価される可能性が高くなると考えられます。

個人投資家にとっても、「外国人投資家が好んで買う銘柄」は、値上がり期待ができますので、投資対象として魅力的です。

前述のような注意点に気をつける必要はありますが、“高ROE銘柄"をチェックすることで、業績のよい銘柄を見つけられるかもしれません。

“高ROE銘柄"は、グッドイシューのランキング機能を使うと簡単に見つけることができます。

無料サイトでも、ランキングで確認できます。ぜひ下記のリンクからご覧ください。
ランキングにアクセスして、「ランキングを選ぶ」で「ROE高」や「ROE低」を選択してみてください。

ランキングはこちら

よく検索した用語集