トップわかる!株式用語RSIとは

わかる株式用語

RSIとは(あーるえすあい)

≫用語集の目次を見る

まずはざっくり

「RSI」はRelative Strength Indexの略になります!
日本語では相対力指数といわれます。
投資家の心理を把握しようとした指標です。

RSIはアメリカのテクニカルアナリストのJ.W.ワイルダーによって開発されました。

簡単にどんな指標かといいますと、ズバッと「過去の値動きに対する上昇幅の割合をグラフ化」したものになります!

RSIの計算式は以下の通りです。

「RSI」=(一定期間の上げ幅の合計とします)
÷(一定期間の上げ幅の合計+一定期間の下げ幅)×100(%)

もっと簡単にざっくり!

「ある期間の上げ下げを、ぜーんぶの値動きの中で上げ幅は何%なの?」ということです!

計算してみますね。
7日間で計算します。スタートの株価を100円とします。


1日目2日目3日目 
105(+5)130(+25)150(+20) 
4日目5日目6日目7日目
140(-10)130(-10)150(+20)160(+10)


上昇幅の合計・・・80【5+25+20+20+10】
下落幅の合計・・・20【10+10】

(一定期間の上げ幅の合計)÷(一定期間の上げ幅の合計と下げ幅の合計)×100
=80÷(80+20)×100=80
RSI=80となります。

これだけは覚えよう!

ちょっとややこしいと思われたかもしれませんが、
大切なことは、この指標の「見方」です!

一定期間(一般的に14日)において上昇した値幅がどのくらいあるのか、ということを計算しています。
そのなかで、上がった日の値幅と、下がった日の値幅の合計の比率が8:2になっていたら、「RSI」は80となります。

一般的に良く使われる例としてはRSIが25〜20を割り込んで転換すると買いサイン、70〜80を上抜いて転換すると売りサインと言われています。
ということは、25〜20%以下では買いのタイミング、70〜80%以上は売りのタイミングとなります。

一番、RSIが使えるときは?
RSIは保ち合い、横這いで株価が動いているときにパワーが炸裂します!
相場が急騰、急落などと一方的になったときは、あまり使えないので注意!

もうひと頑張り!

「逆行現象」、「ダイバージェンス」は株価反転のサイン!!

RSIでは株価とRSIが反対方向に動く現象があります。
これを「逆行現象」、「ダイバージェンス」といいます!

この逆行現象が、先ほどでてきた「売られすぎの20〜25%以下」や「買われすぎの70〜80%以上」で現れると、株価が反転してRSIの動きに合わせてくるんですね。
RSIの先行性です!


RSIの成功例
最適化されている(7日)を使用

RSIの失敗例
最適化されていない(14日)を使用

RSIが通用しない例

「逆行現象」、「ダイバージェンス」の例

RSIの期間って、どれくらい?

一般的には短期の日足では14日や25日を使うことがよくあります。
しかし、銘柄ごとにどれくらいの期間が一番合うか、違ってきます。

最適化することで指標の精度をアップさせることができますが、一つ一つ検証していくのは、なかなか大変な作業です。

そこでグッドイシューの銘柄探しソフトの一つに“最適指標銘柄探し"があります。
その銘柄が過去下げ止まったRSIの水準を毎週最適値になるように計算しており、その日の株価から計算し、RSIで見て過去下げ止まった水準になった場合に、最適指標シグナルのRSIのマークが点灯します。
(自動的に最適化する機能は会員用高機能チャートでご利用いただけます)


最後にポイントのおさらい♪
■RSIは一定のレンジ相違のときに力を発揮!
■RSIは大きなトレンドが出たときはダマしに合う!
■RSIは25〜20%以下が売られすぎ、70〜80%以上は買われすぎ!
■RSIと株価に逆行現象は絶好のチャンス!

よく検索した用語集