トップわかる!株式用語MACDとは

わかる株式用語

MACDとは(まっくでぃー)

≫用語集の目次を見る

まずはざっくり

"MACD"とは、「Moving Average Convergence / Divergence Trading Method」の略で、日本語では移動平均収束拡散手法といいます。

移動平均線に用いられる単純平均より直近の値動きに重点をおいた平滑平均線の短期と長期の差をいいます。移動平均線よりも直近の値動きの影響度を高めることでより売買タイミングを早くつかめるようにしています。
言葉にすると、とっても難しいのですが、いわば移動平均線のイトコのような存在です。

これだけは覚えよう!

なんだか「難しい」と尻込みしちゃいそうですが、MACDは株価のトレンドと売買タイミングの両方を一度に見れるので、とーーっても便利な指標なんです。

普通のテクニカル指標だと、株価のトレンドか売買タイミング(いわゆるオシレーター系と言われるもの)のどちらかしかわからないのですが、MACDはこの両方の機能を併せ持っているのが特徴です。

つまり、一度で二度美味しい!!

意味を理解する前に、早速どうやって使えばよいかを理解しちゃいましょう。

MACDは「MACD」「シグナル」というラインと、「OSCI」という3つのものから作られています。

これらでどうやって売買タイミングを計るかというと、
チェックポイントは2つです。

もうひと頑張り!

テクニカル指標を使うときには、ひとつだけではなく、いくつか組み合わせてみるほうがより精度があがります。

グッドイシューチャートには、ボタンひとつで表示できるグッドイシュー独自の指標がいろいろついています。
たとえば、MACDとあわせてGI抵抗ラインを使ってみると、「下げ止まりそうな株価」「上げ止まりそうな株価」を確認することができるので、

買いタイミングを判断した上で、さらに「損切り」や「目標株価」を確認した計画的な投資をすることができます。

▼グッドイシューチャートについてもっと詳しく知りたい方はこちら

よく検索した用語集