トップわかる!株式用語GIラインとは

わかる株式用語

GIラインとは(じーあいらいん)

≫用語集の目次を見る

まずはざっくり

GIライン®」は、株価がこの付近で上昇(下落)する可能性の高いことを示したラインです。(GIラインはグッドイシューの登録商標です) 各銘柄ごとに3本のライン(上からUCL、CCL、BCL)がチャートに対してほぼ水平に引かれています。 移動平均線と違って株価の動きに連動しないので、常に安定した抵抗ラインを提供することができるのが特徴です

これだけは覚えよう!

割安なタイミングを探すときに、多くの投資家はチャートを見て判断をしています。
チャートをみるときには、テクニカル指標をあわせて使う場合が多いのですが、実はテクニカル指標には大きな欠点があります。

一般的な指標は、株価の動きを平均化しているので、株価よりも動きが鈍くなります。
ですので、株価が急落して、反発する割安になっているとき(=最も大きなチャンスの時)には、一般的なテクニカル指標は“全く使えない"ことになります。

そこで、グッドイシューでは“相場が大きく動いたとき"に使える指標として「GIライン」をつくっています。“グッドイシューソフト"のチャートで表示することができる、一番、つよーーい抵抗ラインで、ボタンひとつでチャート上に表示できます。
GIライン」は非常に大きな幅で形成されているので、なかなか現れませんが、現れたときは大きな投資のチャンスです!

ラインに到達するということは大きく上昇したか、大きく下落した時であり、このような大きな動きがありますと、どこかで一旦日柄調整が起こります。そして、この調整のあとどうなるかが、「GIライン」と株価の位置関係を見ることで予想できちゃう優れものなんです!

もうひと頑張り!

「GIライン」はどうやって使うの?

株価と「GIライン」の位置関係を見ることで、今後の株価の動きを予想することができます。

1)株価が「GIライン」にからんだ場合、

⇒いったん値上がり(値下がり)が
止まる確率が高い。
⇒3〜4週間程度、「GIライン」の
どちらか側で株価がもみ合う確率が高い。
2)「GIライン」と株価との位置関係により、その後の値動きを予測することが可能。
■「GIライン」の上側でもみ合った場合

「GIライン」を下値抵抗ラインとして、
その後、値上がりする確率が高い。
■「GIライン」の下側でもみ合った場合

⇒「GIライン」が上値抵抗となって、
値下がりする確率が高い。
■「GIライン」のラインを大きな陽線(陰線)でまたいだ場合

⇒ 値上がり(値下がり)する確率が高い。

▼ 「GIライン」も試せるグッドイシューの高機能チャートのデモ画面はこちら!

よく検索した用語集
無料メールマガジン

イチ押しリポート

トランプレポート

広角投資のススメ

今日のマーケット
☆ココが気になる

起業家タマゴの経営イロハ

to top

reviewed by TRUSTe

当ホームページ上の著作権はグッディー株式会社に帰属し、自己の投資判断以外の目的での使用を禁止します。尚、当社が公開しているすべての情報について、当社の許可なく複製・転用・販売・ダウンロードすることを禁じます。本ホームページにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、株式会社野村総合研究所、東洋経済新報社、日本経済新聞社からの情報の提供を受けております。日経平均株価及び日経ジャスダック平均株価の著作権は、日本経済新聞社に帰属します。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。