トップわかる!株式用語待つも相場とは

わかる株式用語

待つも相場とは(まつもそうば)

≫用語集の目次を見る

まずはざっくり

相場格言には、焦る投資家心理を諌めるものが多いのですが、「待つも相場」もその一つです。

買ったときには株価が下がるのに、買わなかったときに限って株価が急上昇してしまった!そんなことありませんか?

買おうかどうしようか迷ってた株だからこそ、こんなときには追いかけて買いたくなってしまいます。

でも、「買い遅れたときには追いかけて買うのではなく、待つべし」という格言が待つも相場です。

これだけは覚えよう!

上昇相場、下落相場、はたまた往来相場のときにも、株式市場には常に動いている株があります。

そういった株が派手に報じられ注目を集めるので、自分が参加していないと何だかカヤの外にいるような気分になって、ついつい追いかけて買いたくなっちゃいます。

だって、「買わないと儲からない!」

でもここで、ふと思い出したいのが「買わないと儲からない」の裏にあることです。つまり買わなければ損をしないということです。

当たり前のことなのに、勢いよく上がっている株を見たときにはこのことをすっかり忘れてしまうのが、投資家心理というもの。

買う前に一呼吸おくことができれば、「人気がでて急上昇した株=ものすごい高値になってる株」ということがわかります。

多くの個人投資家は、資金を失って1年間で取引市場から消えていくといわれています。

大事な資産をリスクにさらさないためにも、投資する前に一呼吸おくことがとっても大切です。

そうすれば、買う、売る以外にも"動かない"という事も大切な投資戦略の一つだということを思い出すことができます。

もうひと頑張り!

冷静な判断を自分でするのは大変!

わかっていてもできないことがいっぱいあるのが、投資です。

儲かる株を探すことも難しいかもしれないけど、実は一番難しいのは心のコントロールかもしれません。

「買いたい欲望を抑えて、下がるまで待つ」「思いっきり下がったときには、怖くても買う。」

でも・・・
証券会社は、高値圏でも「いまは買わないほうがいいですよ」とは言ってくれません。

何十万もかかる投資顧問も、銘柄リストをくれるだけ。でもリストの銘柄すべてが儲かるなんてことはありません。

どの株にも買っていいときと悪いときがあります。
難しいのは、タイミングなんです。

グッドイシューでは、研究30年の投資理論とソフト開発会社ならではのデジタル力に加えて、レポートやメール、セミナーなどのコミュニケーションで個人投資家に適した「売買タイミング」や「銘柄の選び方」などをサポートをしています。

よく検索した用語集
無料メールマガジン

イチ押しリポート

今日のマーケット
☆ココが気になる

起業家タマゴの経営イロハ

チャート 〜入門編〜

to top

reviewed by TRUSTe

当ホームページ上の著作権はグッディー株式会社に帰属し、自己の投資判断以外の目的での使用を禁止します。尚、当社が公開しているすべての情報について、当社の許可なく複製・転用・販売・ダウンロードすることを禁じます。本ホームページにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、株式会社野村総合研究所、東洋経済新報社、日本経済新聞社からの情報の提供を受けております。日経平均株価及び日経ジャスダック平均株価の著作権は、日本経済新聞社に帰属します。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。