トップわかる!株式用語戻し目とは

わかる株式用語

戻し目とは(もどしめ)

≫用語集の目次を見る

まずはざっくり

株価が下がり続けているときにも、「もう底だろう」と判断した一部の投資家が買うことによって、一時的に株価が反発して上昇することがあります。

この上昇をしているときに「ここまで戻れば(上がれば)、上げ止まるだろう」と投資家が考える水準のことを『戻し目』といいます。(戻し目はグッドイシューの登録商標です)

全値戻し、1/2戻し、1/3戻し、はたまた黄金比率といわれる0.382戻しなどが、投資家に意識されている『戻し目』です。投資家に意識されている『戻し目』に近づくと、今までの上昇が止められる可能性があるので、注意が必要です。

これだけは覚えよう!

株で利益を出すには、『安いときに買って、高くなったら売る』ことが必要です。株価が底値まできているときに買えれば、リバウンド狙いで利益を出すことができます。

でも、多くの投資家は、『まだ上がるんじゃないか』と欲をだしてしまい、結局株価が下落。最初はせっかく利益が出ていたのに、最終的には損切りをしたり塩漬け株になったりしてしまうのです。

もしも『リバウンドがいつまで続くのか』がわかれば、売れずに値下がってしまうリスクをなくすことができます。

このときに役立つのが『戻し目』です。

リバウンド相場が起きた場合には、過去の経験から1/3まで戻ってくると、リバウンド相場が終わる可能性が高くなるといわれています。

たとえば、2011年11月29日の日経平均で見ると

高値9152円(2011年10月31日)、安値8135円(2011年11月25日)からみると、すでに1/3戻しまで『戻し目』の水準がきています。

過去の経験則から、リバウンド相場では1/3戻しで止まってしまうことが多いので、『もうそろそろ上昇が止まるんじゃないか』と想定することができます。戻し目は、リバウンド相場では売りタイミングの判断に使えます。

グッドイシューチャートを使えば、ボタンひとつで戻し目を表示できるので便利です。

もうひと頑張り!

絶対に高値で売れるの!?

戻し目を見ておけば、高止まりそうなところが分かるんだから、絶対に高値で売れるかというと、そんなことはありません。

なぜかというと、高値は1点しかなく、誰にも予想が出来ないからです。

売った後に株価が上がると『早く売りすぎた』とついつい思ってしまいます。でも売った後に株価が上がらない価格で売るということは『最高値で売る』ということです。しかし、高値は1点しかなく、誰にもわかりません。仮に最高値で売ることができたとしても、それは単なるラッキーにすぎないのです。

ということは『売った後に株価が上昇して当然』ということになります。この売った後に株価が上昇するのは当たり前とわかれば『売る決断』がしやすくなります。

『このくらいまで戻ったら上げ止まりそう』というのが想定できるので、売る決断の判断材料として、戻し目はとっても役に立ちます♪

▼戻し目の自動表示を体験できる会員用のデモチャートはこちら

よく検索した用語集
無料メールマガジン

イチ押しリポート

トランプレポート

広角投資のススメ

今日のマーケット
☆ココが気になる

起業家タマゴの経営イロハ

to top

reviewed by TRUSTe

当ホームページ上の著作権はグッディー株式会社に帰属し、自己の投資判断以外の目的での使用を禁止します。尚、当社が公開しているすべての情報について、当社の許可なく複製・転用・販売・ダウンロードすることを禁じます。本ホームページにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、株式会社野村総合研究所、東洋経済新報社、日本経済新聞社からの情報の提供を受けております。日経平均株価及び日経ジャスダック平均株価の著作権は、日本経済新聞社に帰属します。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。