お申込みはこちら

トップわかる!株式用語格付とは

わかる株式用語

格付とは(かくづけ)

≫用語集の目次を見る

まずはざっくり

格付けとは、債券の安全性を、格付会社がランク付けしたものです。

利息がちゃんと支払われるか、元金はもどってくるのか、といった債券のリスク度を表しています

これだけは覚えよう!

格付会社として有名なのは、アメリカのS&Pやムーディーズです。

日本にも日本格付研究社や格付投資情報センターといった格付会社があって、企業の債券や国債の格付けをしています。

最近では2011年に、世界の国債大波乱の年となりました。

7月にはギリシア、8月にはアメリカ、10月にはイタリア、スペインと各国の国債の格下げがされました。ギリシアやイタリアなどの財政悪化から世界同時株安が起こりましたが、国債の格下げというマイナス要素が増えたことでさらに株価が下がるという状況に陥りました。

アメリカ国債の格下げがされた翌営業日には、日経平均は-200円の大幅下落となりました。欧州債務不安で前日に―359円だったにもかかわらず、さらに一段安となりました。

さらに、11月10日にはS&Pが『フランス国債を格下げした』というメールが一部顧客に誤配信されたことで、株式市場も混乱し各国の指数は乱高下する結果となりました。

格付けが株式市場に及ぼす影響は、とっても重大なものになっています!

もうひと頑張り!

『これは何の下げ?』

日経平均のチャートを見ているときに、急騰や急落をしている箇所を見つけることがあります。

リーマンショックや東日本大震災などであれば、『このときはあの時だ!』というのがわかりますが、たまに思い出せないけど急激に変化している箇所も!

そんなときに役立つのがグッドイシューのタイムマシンチャートです。タイムマシンチャートを使うと、チャートを見ながら気になる日のレポート・市況を確認できます。

未来を知るには、まず過去を知れといいます。『あの時何が起こっていたのか』確認したいときに、タイムマシンチャートはとっても便利です♪

よく検索した用語集
無料メールマガジン

イチ押しリポート

トランプレポート

広角投資のススメ

今日のマーケット
☆ココが気になる

起業家タマゴの経営イロハ

to top

reviewed by TRUSTe

当ホームページ上の著作権はグッディー株式会社に帰属し、自己の投資判断以外の目的での使用を禁止します。尚、当社が公開しているすべての情報について、当社の許可なく複製・転用・販売・ダウンロードすることを禁じます。本ホームページにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、株式会社野村総合研究所、東洋経済新報社、日本経済新聞社からの情報の提供を受けております。日経平均株価及び日経ジャスダック平均株価の著作権は、日本経済新聞社に帰属します。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。