トップわかる!株式用語価格帯別出来高とは

わかる株式用語

価格帯別出来高とは(かかくたいべつできだか)

≫用語集の目次を見る

まずはざっくり

価格帯別出来高とは過去に売買が成立した株数を価格帯ごとに集計したものです。株価チャートの右側に横棒の棒グラフで表示されているのをよく見かけます。

この価格帯別出来高をつかうと、株価がどのくらいまで上昇するのか、下落するのかを予想することができるのでとっても便利です!

これだけは覚えよう!

価格帯別出来高が多いということは、そこで買ったり売ったりした投資家がたくさんいたということです。

そのため株価が上がってきた場合、価格帯別出来高が多い株価に近づくと株価の上昇がとまるという傾向があります。これを「上値抵抗ライン」といいます。@

これは上値抵抗ラインの価格帯で買った多くの投資家が「やっと株価が戻ってきたから、また下がって損失が拡大しないうちにこの辺で売っておこう」と考えてたくさんの売りがでるからです。

その結果として、値上がりの力よりよりも売りの力が大きくなってしまい、株価の上昇がとまる傾向にあります。

逆に、株価が下がっている局面で下に価格帯別出来高が多い株価に近づくと、株価の下落が止まるという傾向があります。これを「下値抵抗ライン」といいます。A

これは「前回この価格帯で買ってうまく利益を出すことができたので、そこまで下がったらまた買ってみよう」と多くの投資家が考えるので、その株価に近づくと買いが入るからです。

多くの投資家が売買した株価のあたりでは、前述のような投資家の思惑がとびかうので、株価がもみ合いになるのです。

ただ、この価格帯を抜けたときには大きな抵抗が起こらないので、一気に下落したり上昇したりします。つまり価格帯をぬけると、株価が大きく動くのではないかと予想することができるのです!

もうひと頑張り!

得する価格帯別出来高と、損する価格帯別出来高の違いとは!?

株を買った場合に利益を出すためには、買った後に株が値上がりすることが必要です。どのくらい値上がりしそうか?という『上昇余力』が分かればよいわけです。

価格帯別出来高は、その上昇余力を見分けるひとつの方法です。上昇余力が自分の得たい目標利益を上回っていれば、その銘柄は利益が取りやすく「買ってもいい銘柄」ということになります。

それは、自分が買おうとしている株価と、価格帯別出来高の厚い価格帯まで、どのくらいの値幅があるかを見れば分かります。

価格帯別出来高の厚い価格帯がすぐ上にある場合は、せっかく上昇してもすぐに株価がとまってしまう可能性大。「値上がりできる余力があとちょっとしかない」ので、得られる利益もちょっとだけということになります。(T_T)

逆に「今の株価から価格帯別出来高まで離れていれば、買ったあとに大きく値上がりする可能性が高いので儲かるのではないか?」と考えることができるのです。(^0^)/

利益を出すためには、上昇余力が高い株を選ぶことがとても大切です。上昇余力が高いかどうかを判断するには、価格帯別出来高のほかにも、前に上昇したときの高値を参考にするなど、いくつかの方法があります。複数の方法でチェックして、結果が同じになれば、それだけ成功の可能性が高くなります。

※有料会員でない方も、この機能はデモチャートで体験できます。
ボタンを押すだけで価格帯別出来高が表示されます。

よく検索した用語集
無料メールマガジン

イチ押しリポート

トランプレポート

広角投資のススメ

今日のマーケット
☆ココが気になる

起業家タマゴの経営イロハ

to top

reviewed by TRUSTe

当ホームページ上の著作権はグッディー株式会社に帰属し、自己の投資判断以外の目的での使用を禁止します。尚、当社が公開しているすべての情報について、当社の許可なく複製・転用・販売・ダウンロードすることを禁じます。本ホームページにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、株式会社野村総合研究所、東洋経済新報社、日本経済新聞社からの情報の提供を受けております。日経平均株価及び日経ジャスダック平均株価の著作権は、日本経済新聞社に帰属します。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。