トップわかる!株式用語PBRとは

わかる株式用語

PBRとは(ぴーびーあーる)

≫用語集の目次を見る

まずはざっくり

投資をするときには誰でも、割安な銘柄を買って、高く売ろうと思います。割安度を測るために、いろいろな目安となる数値が使われていますが、PBRもそのひとつです。

一般的には、PBRは低いほど割安と判断されます。ただし、PBRが低いからといって、買っても良いという訳ではありません。あくまでも補足的に使われる指標です。

これだけは覚えよう!

PBRは、株価を一株当りの純資産で割って計算するので、株価が1株当たりの純資産の何倍まで買われているかを見ることができる指標です。

PBR計算式

たとえば、株価が500円で1株純資産が500円なら、PBRは1倍になります。

株価が500円で1株純資産が1000円なら、PBRは0.5です。このような場合に・・・もし、その会社の株を全て買い占めることができたとして、その後で会社を解体して資産を売り払ってお金に変えてしまえば、1株に付き500円の差額が利益になることになります。

なので、PBRは企業の解散価値を測る数値と言われます。

[ケース1]
株価500円 PBR1 倍 → 会社が解散した時、株主に 500円分配される
[ケース2]
株価500円 PBR0.5倍 → 会社が解散した時、株主に1000円分配される

ケース2の場合だと1000円の価値があるのに500円で買える訳ですから『割安』と判断されるのです。

しかし、会社が解散(たとえば倒産)した時に、財務指標に記載されていた純資産通りの資産が残っているのかどうかは?です。おそらく計算通りには行かないでしょう。

また、純資産が大きくなっている裏に、不良債券を持っていても決算で処理していないとか、倒産寸前の取引先の債務の保証をしているなど、表面に出ていないマイナス材料があることだってあります。

買おうかなと思っている銘柄でPBRが低い銘柄が見つかったとしても、「高いものよりはいいのかな」程度に考えてください。

PBRが低い銘柄ってどんな銘柄かなという興味があったら、株式ランキングをご覧ください。

よく検索した用語集