トップわかる!株式用語抵抗ラインとは

わかる株式用語

抵抗ラインとは(ていこうらいん)

≫用語集の目次を見る

まずはざっくり

株価は常に上がったり下がったりを繰り返しています。ところが、よ〜く株価チャートを見てみると、銘柄ごとに習性があって、『いつもこのあたりでウロウロ立ち止まる』という値段をいくつか見つけることができます。

こんなとき一般的には、株価が"揉み合う"という表現が使われます。また、上昇してきて止まった場合には"上げ止まる"、下落してきて止まった場合には"下げ止まる"という表現されます。

水平に線を引いてみると・・・

これをグッドイシューでは、『抵抗ラインR』と名付けました。(抵抗ラインはグッドイシューの登録商標です)

だったら!下げ止まる抵抗ラインが分かったらそこで買いたいし、上げ止まる抵抗ラインが分かったらそこで売りたいですよね?

これだけは覚えよう!

今の株価より高いところにあって、上げ止まる株価の目安として使える抵抗ラインを上値抵抗ライン(うわねていこうライン)と言います。 今の株価よりも安いところにあって、下げ止まる株価の目安として使える抵抗ラインのことを下値抵抗ライン(したねていこうライン)と言います。

買いたい銘柄の下値抵抗ラインを探して、株価がそこまで下がってくるのを待って買えば、買った後に値下がりしてしまうリスクを小さくすることができます。

保有中の銘柄の上値抵抗ラインを探して、株価がそこまで上がる前に売れば、売り損なうリスクを減らして確実に売れる確率が高くなります。

抵抗ラインを探す方法は、たくさんあります。一般的によく使われている抵抗ラインを探すための道具には、価格帯別出来高や移動平均線、押し目・戻し目、一目均衡表などがあります。

どれかひとつの方法だけで抵抗ラインを見つけても、そのあたりの値段で株価が止まる可能性はそれほど高いとは言えません。でも、いくつもの方法で抵抗ラインを探してみて、その結果がみんな近い株価になったとしたら、確率は高くなります。

もうひと頑張り!

面倒な分析を一発表示

抵抗ラインを探すのは、自分で分析できる知識と時間を持っている投資家はいいのですが、ほとんどの人には難しくて面倒な作業です。

そこでグッドイシューの高機能チャートには、抵抗ラインを一発表示できる機能がついています。

押し目・戻し目ラインや価格帯別出来高は一般的な抵抗ラインを探す方法ですが、『GIライン』と『GI抵抗ライン』はグッドイシュー独自のノウハウで抵抗ラインを探す方法をソフト化したものです。

投資のプロや株式投資の勝者にとっては抵抗ラインの分析は当たり前なのですが、そのノウハウはお店に売っているチャートの見方などの本には書いていません。ヒミツにしているというより、職人技のようなものなので、曖昧な要素が多くて書けないのだと思います。

その本には書いていない、プロの6つの曖昧なチャート分析を方程式化して作ったのが『GI抵抗ライン』です。

抵抗ライン一発表示の機能は、デモ版の高機能チャートにてご体験いただけます。

よく検索した用語集
無料メールマガジン

イチ押しリポート

トランプレポート

広角投資のススメ

今日のマーケット
☆ココが気になる

起業家タマゴの経営イロハ

to top