トップわかる!株式用語市場/インデックスとは

わかる株式用語

市場/インデックスとは(しじょう)

≫用語集の目次を見る

まずはざっくり

このページでは、「市場=インデックスによって銘柄の特徴が違うんですよ〜」という解説をします。
「株式市場とは何か」を知りたい方はこちらをどうぞ→

どの市場から銘柄を探すのかは、基本的であり重要なことです。
ゆる〜い人、シビアな人、のんびり屋さん、せっかち屋さん、のように市場にもそれぞれ性格があるのです。

これだけは覚えよう!

日本には5箇所に証券取引所がありますが、地方の取引所は銘柄数も少なく、売買による流動性も低いので、東証証券取引所と大阪証券取引所を対象にすれば十分です。株式投資については東京証券取引所が、先物取引やオプション取引になどの派生商品(デリバティブ)ついては大阪証券取引所が市場を開いています。

東証(とうしょう)には、上場基準が異なる株取引市場として、『市場第一部』と『市場第二部』と『マザーズ』と『JASDAQ(ジャスダック)』という市場があります。

マザーズやJASDAQは上場基準が緩めなので、新規ビジネスに取り組んで、まだ財務が安定していないような新興企業が、まず始めに上場を目標とする市場です。第二部はもう少し審査が厳しくなり、第一部はもっとも厳しい基準になります。

では、どの市場がいいの?


新興市場に上場している銘柄は、出来高が少ないので値動きが激しく、少ない資金で買える銘柄も多いので、好きな個人投資家も多いのですが、うかつに手を出して失敗する投資家も多いのです。

新興市場に上場しているのは新米企業なので、マスコミによる情報も少なく、突然倒産したりすることがあります。歴史も浅いので、株価や財務などのデータが少なく、分析も十分には行えません。また、値動きが激しいというのは裏返せば、発行済み株式数が極端に少なく、更にほとんどの銘柄は信用取引の空売りができないので、相場が一方通行に動くことになり、暴騰・暴落しやすいリスキーな市場という傾向があります。

これに対して、多くの銘柄で信用の空売りができる東証一部の場合には、株価が下がった時に『空売りの買い戻し』が入りますので、株価が一方的に下げ続けないというメリットがあります。

ちょっと補足して説明すると、信用の空売りができない銘柄は、みんなが買いたいと思う価格になるまで株価が下落しないと買い物が入りません。ところが空売りができる銘柄では、既に空売りしている投資家がいれば、株価が下がって来たときに、「まだ株価が下落するかもしれないけれど、ここまで儲かれば良いかな。」と考えて利益を確定するための買い戻しが入りますから、株価の下落が止まったり、下落するスピードが落ちるのです。

東証一部は、上場の基準も日本で一番厳しく、安定した大きな会社が多いですから、もっとも安心して投資できる市場と言うことができます。

グッドイシューでは、安全性重視の割安株投資で銘柄探しをする時には『急落銘柄探し』ソフトを使いますが、このソフトは東証一部だけを対象にして銘柄を探します。

もうひと頑張り!

市場を細分化して売買回数を増やす

ここで紹介した、東証一部、東証二部、マザーズ、JASDAQは、証券取引所が作っている市場ですが、同じ東証一部の銘柄でも、会社の規模も違えば、業種も違う様々な企業が混在しています。

市場が違うだけでチャートの形も異なるのですから、規模や業種が違うと、また各々のチャートの形も変わってきます。さらに同じ業種でも製品別に分類すると、各々に特徴があります。

こうして、銘柄をいろいろなグループに分類すると、今は、Aグループは割高だけど、Bグループは割安になっている、ということがあります。しばらく経つと、Bグループは割高になったけれど、今度はCグループが割安になっている、というように、グループをたくさん作れば作るほど、売買回数を増やすことができます。

リスクを取っても売買回数を増やしたい中上級者向けには、グッドイシューでは『ハイパー・インデックス』と『割安市場銘柄探し』という、市場を細分化したグループから割安株を探すためのソフトを用意しています。

ハイパー・インデックスでは、業種別に分けた84インデックス(グループ)、テーマ別に分けた61インデックス、事業品目別に分けた271インデックスの合計416のインデックスから、割安株を探せます。

割安市場銘柄探しソフトでは、リスク度を確かめながら銘柄選びができるように、各インデックスに含まれる個別銘柄の数で、リスク度を9段階に分けて分かりやすく表示しています。

『ハイパー・インデックス』と『割安市場銘柄探し』は中上級者向けですから、東証一部だけでなく、東証二部、マザーズ、JASDAQの市場も対象にしてグループ分けを行い、銘柄を探すソフトです。

■グッドイシューの株ソフトってどんなもの?
@動画:「4分でわかるハイパー・インデックス」を見る
A動画:「3分でわかる「割安市場銘柄探しソフト」を見る

よく検索した用語集
無料メールマガジン

イチ押しリポート

今日のマーケット
☆ココが気になる

起業家タマゴの経営イロハ

チャート 〜入門編〜

to top

reviewed by TRUSTe

当ホームページ上の著作権はグッディー株式会社に帰属し、自己の投資判断以外の目的での使用を禁止します。尚、当社が公開しているすべての情報について、当社の許可なく複製・転用・販売・ダウンロードすることを禁じます。本ホームページにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、株式会社野村総合研究所、東洋経済新報社、日本経済新聞社からの情報の提供を受けております。日経平均株価及び日経ジャスダック平均株価の著作権は、日本経済新聞社に帰属します。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。