トップ令和メール便

令和メール便

≫バックナンバーを見る

2020/09/11 01:29

【質問】
[今後は二つの投資顧問サイトにも無料サイトを予定しています。]とメールで
はなっていますが、現在チャート会員の者が上記無料サイトに加入することは
できるのでしょうか?
重要メールではケンミレ以外の他社のサイトに移ってもらってほしいような文面でし
たが、どういう意向か返答をお願いします。

【回答】
無料エグゼサイトの構築は先になります。
ケンミレではね当面はチャートのみのサービスは行う予定がありません。その為、チャートに価値があると思われているチャート会員に対しては、申し訳ないのですが、ケンミレではチャート会員をなくしますので、若のチャートを提供している会社のサービスに乗り換えてくださいという意味で申し上げました。



【質問】
早速御返事をいただきましてありがとうございます。
3月には銘柄数が少なくメールが来て買おうとしたらすでに底から1割くらい上がっておりましたが、金額で3分の1買いましたところすぐに売れと電話がかかり翌日に売りました。損が出ました。ケンミレの会員がかなり多く、会員が上昇に強く関与しているのだと思いました。
今回は東証1部の1割くらいの銘柄数があるとの事の上、まだ買える水準ではないと思いますので、わたくしは9月4日にダブルインバースを3割ほど買い始めました。
貴重なご意見の森田先生の分析をお教えいただくよう、今回の210銘柄のコースに参加させてください。

【回答】
買いタイミングについては、ケンミレ会員は提供している武器が使えるようになれば自然にわかるようになると思います。

但し、今回の有望銘柄の提供に際しては「買い場は今ではない」ということは申し上げています。

Aグループの銘柄は現在高値圏にあり、急落が起これば買える、調整程度の下げでは買えないと申し上げ、Bグループの銘柄は一回か二回の調整が既に行われていますので、押し目買い方針で対処する、その時には波動ラインの認定ソフト・下値抵抗ライン、高値ロスカットなどのケンミレのソフトを使って、待ち伏せ価格を探しましょうとも申し上げました。買いたい株価は色々なケンミレの武器を使って探してください。

何時、本格調整が起こるかは分かりません。少なくても先進国首脳と先進国の中央銀行総裁が「無理を通した結果、株式市場が歪になっていますので、何時、本格調整が起こっても不思議ではありません。

何も起こらなければ、本格調整は秋になるかもしれないと思っています。
理由は、11月3日の米国大統領選挙、秋の新型コロナウィルスの感染爆発、日本の政治が変わることでの相場環境の変化、菅総理と黒田総裁の相性など、秋以降に不確定要因は沢山あるからです。

少なくても、アジアを除く欧米や南米では新型コロナウィルスが今でも猛威を振るっていますので、今の日本人には分からないと思いますが、次の秋冬の新型コロナウィルスが米国やインド、ブラジル、ペルーのような新型コロナウィルスになったとすれば「日本にパニックが起こる」でしょうし、経済も麻痺するでしょうし、株式市場が暴落する可能性もあると思います。

いずれにましても、11月までに一回の買いタイミングが起こるのか、11月3日の米国の大統領選挙後に起こるのか、それとも秋冬の新型コロナウィルスの感染爆発によって暴落が起こるのか、それても自信満々の菅総理が自民党に不協和音を起こすか、冷たい菅総理の性質を知って、菅内閣の支持率が暴落するか、考えれば波乱要因は目白押しになっていますので、これから何が起こっても不思議ではありれません。


≫バックナンバーを見る

新ケンミレ・アイ