トップ株式市況(バーズアイ)

株式市況(バーズアイ)

≫バックナンバーを見る

2018/06/13 15:24

★本日18時にダイヤモンド銘柄を更新します。

旧ダイヤモンド銘柄のパフォーマンスと新ダイヤモンド銘柄のパフォーマンスを比べてみました。

ダイヤモンド銘柄は「旬の銘柄」であり、時間が経過すると効果が薄れると申し上げた事が本当かどうかを実証してみました。

まず、注目する事は、旧ダイヤモンド銘柄92銘柄のうちで、新ダイヤモンド銘柄にも入った銘柄が27銘柄しかなく、65銘柄は新ダイヤモンド銘柄からは外れてしまった事です。

直近のデータで計算されたダイヤモンド銘柄は大きな武器になりますが、時間が経ちますと「ダイヤモンド銘柄」ではなくなる銘柄が多く出るということから、旧ダイヤモンド銘柄は投資対象銘柄にはしないでください。

新ダイヤモンド銘柄数は91銘柄です。今回、新しい投資ソフトのリリースに合わせて、1年会員の皆様にはすべてのダイヤモンド銘柄を提供する事にしました。

ダイヤモンド銘柄の入れ替えは18時から19時の1時間で行います。この場を使いまして、会員が登録していた旧ダイヤモンド銘柄で新ダイヤモンド銘柄に引き継ぐ作業を行います。つまり、旧ダイヤモンド銘柄のデータを新ダイヤモンド銘柄に移行する時間となりますので、申し訳ありませんが「この間は絶対にコロンブス・エッグ投資を使わない」でください。

この間にコロンブス・エッグ投資を使いますと、データが正しく反映されなくなる可能性があります。


◆今回、転換点がきていないのに、ダイヤモンド銘柄入れ替えた理由

転換点は来ませんでしたが、古いダイヤモンド銘柄は時間がたち過ぎているのでリスクがあると考え、念のため2016年11月のトランプショックと2017年4月の二回について、それぞれダイヤモンド銘柄を抽出して検証してみました。結果は次の通りで、新ダイヤモンド銘柄の方が遥に良い結果が出ました。

2016年11月のトランプショックでダイヤモンド銘柄を入れ替えて、次の2017年4月の下げで旧ダイヤモンド銘柄と新ダイヤモンド銘柄をパフォーマンスを検証したところ、新ダイヤモンド銘柄の方が遥かにパフォーマンスが良いという結果が出ました。

更に2017年4月の下げを加えてダイヤモンド銘柄を抽出し、2018年2月と3月の下げ局面で計算したところ、旧ダイヤモンド銘柄よりも新ダイヤモンド銘柄の方が遥かにを良いパフォーマンスが出ました。


◆検証した結果、旧ダイヤモンド銘柄よりも新ダイヤモンド銘柄の方が優れていると分かりましたので、今回は転換点ではありませんが「ダイヤモンド銘柄を入れ替え」を行いました。

≫バックナンバーを見る

バーズアイ
ヤリのお得レポート
リリースNOW!

to top