トップ株式市況(バーズアイ)

株式市況(バーズアイ)

≫バックナンバーを見る

2018/06/11 13:17

★モニタリングで20の改善項目が決定しました。思った以上の成果でした。

23名の方にご協力いただき、20の改善項目が決定する事ができました。水曜日のリリースに向けて処理中です。一部、プログラム化に馬館が掛るものがありますので、その改善は出来次第リリースする事にして、出きるものだけを水曜日にリリースします。
但し、このソフトの中のダイヤモンド銘柄だけは1年会員の人だけのサービスになります。ダイヤモンド銘柄以外の銘柄とインデックスは前回が使えます。

【改善項目】
1.一覧表の枠のピンクを保存する機能

チェック項目が多く、頭で覚えきれないことから、良いと思った項目をクリックすると「枠内の色がピンクに変わる」という機能を付けます。

このピンクが多い銘柄ほど良い銘柄となりますので、売買値サーチはピンクの数が多い順に行えば良いと言う事になります。

売買値サーチの途中で疲れて止めた経験を持っている人は多いと思います。そこで疲れる前に「有望な銘柄がチェックできる」ようにしました。

2.ピンクの数で並び替え出きる機能

売買値サーチを上から順にチェックするほうが楽ですから、最後にピンクの枠が多い順に並び替えする機能を付けます。

3.ピンクの数を数えると言っても、項目によって重要度は変わります。工夫とアイデアが必要ですが、重みづけ機能を付けようと思っています。

例えば、上昇余力とストップ高上昇率では重要度は倍以上に違います。それを同じにしたのでは銘柄評価を正確に出来ません。例えば、10個のピンクがあった場合でも、ピンクの項目の重みづけによって銘柄ごとに点数を計算して表示すれば、並び替え機能の精度がアップできます。

4.スクリーニング項目に「押し目率の選択機能」を追加する。

自分は押し目1/2以下しか狙わないという人もいれば、全値押しから投資対象にしないと言う人もいる。全ての押し目を表示するのではなく、自分が欲しい押し目だけを表示したいという要望がありましたので、スクリーニング機能に「1/3押し・38.2%押し・1/2押し・61.8%押し・2/3押し・全値押し」をチェックボックスで選べる」ようにします。

5.一覧表だけでなく、チャート画面上にも点灯している最適指標を表示させる機能を使いします。

毎日、全ての最適指標を計算していますが、余り使われていません。そこで全ての銘柄に対して、チャート画面の上部に点灯している最適指標があればマークを濃くしてわかるようにします。

6.丁度よい押し目のダイヤモンド銘柄としコロンブス・エッグ投資のダイヤモンド銘柄は少し違います。

何が違うのかと言いますと、「丁度よい押し目に来ている銘柄を探すソフト」の「ダイヤモンド銘柄」の方は、上昇率基準を少し緩和させています。

つまり、コロンブス・エッグ投資のダイヤモンド銘柄の方が上昇率が高くなる可能性があると言う事になります。

そのため、両方に登録されている銘柄は「それがわかる」ようにします。

そうすれば、買いたい銘柄が複数あった時に「コロンブス・エッグ投資のダイヤモンド銘柄の方を選択する」ことができます。

7.「インデックスから押し目を探す」を使う時、33業種チェックの株価水準が分かれば便利だと言う要望がありました。

従って、東証一部の33業種だけですが、「天井圏」「天井・中位圏」「中位圏」「注意・底値圏」「底値圏」のどの水準に来ているインデックスなのかを表示させることにしました。

そうすれば、底値圏や中位底値圏のインデックスだけを選択して銘柄を探すと言う事ができます。

8.一覧表項目一覧表のカスタマイズに、一括チェックを追加する。

ピンクの枠の機能が追加されれば、出来るだけ多くの項目をチェックして、ピンクの数を増やしたいと思う人が増えると思います。その時に1項目づつチェックすると大変なのでも、一回で全ての項目をチェック出きる機能を追加をします。

今日はここまでの報告で終わり、残りは改めてレポートします。

≫バックナンバーを見る

株式市況
リリースなう
人人知道
同じようなこを考えている方が居るかも知れませんので、8つ全てに回答しました。

to top