トップ株式市況(バーズアイ)

株式市況(バーズアイ)

≫バックナンバーを見る

2018/06/07 12:29

★米国株式市場の上昇要因
金融正常化=金利上昇、米国の10年物国債の利回りも2.98%トランプ大統領上昇して終りました。
また、中国が年間700億ドルの農産物とエネルギ―を米国から購入すると提案した事で、米国株式市場は大きく上昇しました。

金利が上がれば株式市場が下り、金利が上がれば株式市場は上がるという始まってみなければわからない相場が続いています。

金利が上がれば銀行の収益が改善するからプラスという見方と、金利が上がるとお金の流れが減って、経済活動が委縮するからマイナスという両面があります。

今、米国の株式市場は史上最高値近辺に有り、業績も良いわけですから、本来ならば「高値近辺では悪材料になるのですが、依然とおなしで何でも好材料」という相場に名っさてきています。


◆◆明日はモニタリングの日◆◆ライブ中継があります◆◆
今回、終わった後の社内テストが思った以上にドタバタして、体制が整うのは今日中掛りそうです。
今回のモリタリングは、コロンブス・エッグ投資ソフトが完成した時に「モニタリング」を行って以来のモニタリングです。

■前回は2016年に行いましたので、2年ぶりの新ソフトのリリースとなります。

今回のソフトは「自分が動く」「でも簡単」「リスクテイクをする」「リスクテイクの保険を持つ」というコンセプトで開発してきました。

新ソフトの「売り」は何か

◆ダイヤモンド銘柄の全面開放(1年会員限定となります)

第一の売りは「ダイヤモンド銘柄の全面解放」です。ご承知のように、ダイヤモンド銘柄は「転換点が来るたびに毎回大きく上昇している」という銘柄であり、2016年のコロンブス・エッグ投資のリリースの時に申し上げましたように、投資ソフトとしては画期的なソフトだと思っています。

何が画期的だったのか
これまでケンミレは「色々な割安株ソフトやスクリーニングソフトを使って、大きく上がる可能性が高い銘柄の安値を探して投資する」という方法を取って来ました。

それがある時、良い銘柄を絞り込むのではなく、コンピュータが「過去は、上昇相場になれば、必ず大きく上がっていた銘柄」を抽出し、会員は「買いタイミングだけを探せばよい」という考え方に変わりました。

一般的な銘柄探しは、知識も技術も必要で、更に情報収集までしなければならないという高いハードルがあり、これが個人投資家が株式投資で勝手ない理由でもありました。

ケンミレの画期的ソフトで抽出した銘柄を「ダイヤモンド銘柄」と命名しました。そして、期間別に銘柄数を限定して提供してきました。

今回は「押し目を探します」ので、ある程度の銘柄数が必要になります。そのため、コロンブス・エッグ投資のダイヤモンド銘柄とは「少し」抽出方法を変更しました。

コロンブス・エッグ投資のダイヤモンド銘柄は「転換点だけで買う」ことを前提に、その時には「大きく上昇する銘柄」という前提条件を付けましたが、丁度よい押し目に来ている銘柄を探すソフトは「銘柄数も重要なファクター」になりますので、少しハードルを下げました。相場の転換点では毎回連続して上昇していたという条件は変えていませんが、100-150銘柄を確保するための工夫をしています。

これが、コロンブス・エッグ投資のダイヤモンド銘柄と丁度よい押し目に来ている銘柄を探すソフトのダイヤモンド銘柄の違いです。
そして、どちらのダイヤモンド銘柄も「1年会員にはすべて解放」します。開放時期はモニタリングが終り、修正が終って正式にリリースする時になります。

◆売買値サーチと運用モードを全ソフト共通のソフトにしました。売買値サーチとは「買いたい価格を二つ用意しよう」という考え方です。

(売買値サーチ)
相場が強ければ「上側の買いたい価格で買う」「もっと下りそうならば、下側の買いたい価格で買う」というように、相場に合わせて買いたい価格を選べるようにしました。
更に、買いたい価格が来たら突然「シグナル点灯しました」と言われても対応できませんので、買いたい価格の3%上の価格まで下落したら、買いたい株価の「予告株価」が点灯したというシグナルを「花弁ソフト」と「メール」と「サイト」でお知らせします。

買う準備ができれば「買い損なう」リスクは小さくなります。
これは売りたい価格まであと3%のところまで上昇した時にもシグナル点灯として通知します。

(運用モード)
このソフトはコロンブス・エッグ投資で生れたソフトですが、今回は更にバージョンアップし、更に「コロンブス・エッグ投資」「丁度よい押し目に来ている銘柄を探す」「波動の認定ソフト」の三つの運用モードを同じ場所に置きましたので、運用しやすくなっていると思います。

6月8日の13時から15時の2時間、生放送でお送りしますので、時間がありましたらご覧いただきたいと思います。

≫バックナンバーを見る

バーズアイ
ヤリのお得レポート
リリースNOW!

to top