トップみんなが知らない株式市場のホントの姿 「第2回 株式投資は買いたい銘柄が見付かったら、何時買っても良い?」

みんなが知らない株式市場のホントの姿

第2回 株式投資は買いたい銘柄が見付かったら、何時買っても良い?

≫レポート目次を見る

投資家は何かをきっかけにして「株を買おう」と思います。多くはテレビで株が上がっていると言ったり、友達に「株は儲かるよ」と言われたり、新聞やテレビで個別に銘柄が取り上げられたり、何となく良い株はないかと探したり、など切っ掛けは色々ですが「自分で株を探す」という行為は一緒です。つまり、自分の都合で株を探し、自分の都合で買うという方法をほとんどの投資家は取っています。

グッドイシューでは「自分の都合」で投資をするのではなく、株式市場が「今、買えば儲かる」と言っている時に投資をしようと言っています。

実際に株式市場が「どう、動いているか」を検証してみました。その結果、その日に買えば、どの銘柄を買っても儲かるという日が1年に何回かあることが分かりました。

東証一部には約1700の銘柄が上場しています。その銘柄を毎日買ったとして、1700銘柄のなかの何銘柄が10%以上、上昇したかを検証した結果が次のグラフです。

当然ですが、全ての銘柄が上昇した日(※1)に買えば、何を買っても儲かることになりますし、ほとんどの銘柄が下がる日(※2)に買えば、何を買っても損することになります。50%の銘柄が上がり、50%の銘柄が下がる日(※3)であれば、銘柄選択能力が要求されます。

このグラフは東証一部の銘柄を毎日すべて買い、10%あがればピンク、20%あがれば赤、10%下がれば水色、20%下がれば青、黄色は10%??10%というあグラフです。このグラフからわかることは「ほとんどの銘柄が上がる日は年間で数回しかない」ということです。

■じゃあ、どうすればいいの?

自分が買いたい時に買うのではなく、株式市場が「今、買えば儲かる」と言っている日以外は買ってはいけないということです。この当たり前の事が分からないと、株式投資は博打となり、財産を失う可能性が高くなります。この株式市場が「今、買えば儲かる」と言うまで「待つ」ことがなかなか耐えられません。そこにケンミレの第一の存在価値があると思っています。

つまり、買ってはいけない、待ちましょうと言って「待つように背中を押す」ことがケンミレの第一の役割です。

第二の役割は「転換点だというサジェスチョン」を行うことです。株式投資で一番難しいのは「何時、買うか」ということが分かるかどうかということです。これが分かれば「誰でも待つことが出来る」と思いますが、これが分からないので「つい、買ってしまう」のです。

第三の役割は「買うチャンスで背中を押す」ことです。買いチャンス(株式市場の転換点)とは「どんな時か」と言いますと、ほとんどの投資家が「明日以降も株式市場は下がる」と思っている時です。そう思う事で「もっと損する前に売ろう」とみんなが思います。ということは、売りたい投資家が売るわけですから、売り終われば「売る投資家がいなくなる」ということになります。

しかし、転換点は「そんな環境」ですから、分かっていても「買う決断」が出来ません。決断するためにはトリガーが必要です。そこで森田と市原の買いの決断を動画で配信します。この「投資戦略バトル動画」をお手本にして、せっかく待ったチャンスつかんで欲しいと思っています。

第四の役割は「株価が上がったら、売りましょう」といって、ここでも再び「背中を押す」ことです。誰でも「できるだけ高く売りたい」と思っていますので、目標利益まで上がっても、なかなか売る決心がつきません。
売る決心をするためのトリガーとしては、メールを送信します。ケンミレの「会員コンサルティング」というソフトが、「目標利益に達しているのに売っていない」という条件に当てはまる人に対して、「もう目標利益に達したので売りましょう」と警告をします。

もちろん、投資は自己責任ですから、「待つ」のも「買う」のも「売る」のも強制ではありません。
グッドイシューの役割はただ、ひたすら「背中を押す」ことだけです。

みんなが知らない株式市場のホントの姿 - 目次

第1回 頼れる投資のプロって誰?
株式市場には色々な人が居ますが、それぞれの人はそれぞれの目的で株式市場とかかわっています。彼らの仕事は「投資信託を売ること」と「売買手数料を挙げること」です。 そして、その為に時間を多くかけているので、証券マンで「株式市場、株式投資」について知っている人は少ないと思います。
第2回 株式投資は買いたい銘柄が見付かったら、何時買っても良い?
投資家は何かをきっかけにして「株を買おう」と思います。多くはテレビで株が上がっていると言ったり、友達に「株は儲かるよ」と言われたり、新聞やテレビで個別に銘柄が取り上げられたり、何となく良い株はないかと探したり、などきっかけは色々ですが「自分で株を探す」という行為は一緒です。
第3回 買いたい銘柄を探す時、今日探した銘柄で一番良い銘柄を買う?!
投資家が勘違いすることの一つに銘柄の探し方があります。投資家が銘柄探しをする時、今日探した銘柄のなかで一番良い銘柄を買うという方法を取ります。 銘柄探しとは「この銘柄は絶対に買いたい」と思った時にだけ買うべきです。
第4回 好きな銘柄を買う?!
良く自分が知っている銘柄を買うとか、有名な会社を買うとか、配当が良いので買うとか、株主優待が良いので買うとか、テレビや新聞で儲かっていると言っているので買うなど、個人投資家は独自の観点で銘柄を買っています。
第5回 テクニカル指標を使って投資した方が勝てる?!
株式投資を始めたばかりの時は「テクニカル指標はカッコいいし、専門家見たいだし、この指標を使えば勝てる」ような気になります。しかし、個人投資家が使うような一般的な使い方で勝てるならば、専門家が色々な工夫をする必要はありません。
第6回 指値買いの方が安全だ?!
多くの投資家は「ここまで下がったら買いたい」と考えて指値(さしね)買い注文で株を買うと思います。東証一部のパフォーマンス表をご覧いただれば分かりますように、株はいくらで買うかよりも「何時、買うか」の方が重要です。
第7回 短期投資よりも長期投資の方が安全だ?!
買ったら売らない長期投資の方が安全だと良く言われます。確かに、高度成長経済であれば「買ったら売らずに持っていた」方が安全です。

グッドイシューで学ぶ株式投資

無料メールマガジン

イチ押しリポート

トランプレポート

広角投資のススメ

今日のマーケット
☆ココが気になる

起業家タマゴの経営イロハ

to top

reviewed by TRUSTe

当ホームページ上の著作権はグッディー株式会社に帰属し、自己の投資判断以外の目的での使用を禁止します。尚、当社が公開しているすべての情報について、当社の許可なく複製・転用・販売・ダウンロードすることを禁じます。本ホームページにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、株式会社野村総合研究所、東洋経済新報社、日本経済新聞社からの情報の提供を受けております。日経平均株価及び日経ジャスダック平均株価の著作権は、日本経済新聞社に帰属します。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。