トップみんなが知らない株式市場のホントの姿 「第1回 頼れる投資のプロって誰?」

みんなが知らない株式市場のホントの姿

第1回 頼れる投資のプロって誰?

≫レポート目次を見る

第1回 頼れる投資のプロって誰?

株式市場には色々な人が居ますが、それぞれの人はそれぞれの目的で株式市場とかかわっています。

株式市場で活躍する(?) 証券マンとは

彼らの仕事は「投資信託を売ること」と「売買手数料を挙げること」です。
そして、その為に時間を多くかけているので、証券マンで「株式市場、株式投資」について知っている人は少ないと思います。

昔、世界一の投資信託銀行バンカーズトラストの欧州担当役員が「外資系の大手証券でも、優秀と言われる人は1社に一人か二人しかいない」と言っていました。この一人か二人は対面営業ではなく、一番マクロで考えるストラテジスト(戦略家)で一人か二人、という意味です。


米国で市場調査をした時に聞いたファイナンシャル・プランナ―の話

ファイナンシャル・プランナ―(FP)の本家は米国です。
私が初めて米国のマネーマーケットの調査をしたのは1996年でした。丁度、この時にファイナンシャル・プランナ―が始まったのですが、ある大手のファイナンシャル・プランナ―と話した時、まだまだ米国ではファイナンシャル・プランナ―では食べていけないと言っていました。

その後、2006年に再び米国の市場調査をした時、カリフォルニア州のFP協会会長と話しをしました。
彼の年収は5億円でしたので、話す前は「米国のファイナンシャル・プランナ―は新しい資産の運用管理方法を発見したから5億円も取れるのだろう、早くどんな方法か聞きたい」と思って彼に会いました。

私は彼に顧客にどんなことをしているのかと聞きました。
彼は誕生日に顧客のところに行って、芝刈りや庭掃除をしたり、税金の相談に乗ったりしていると自信を持って言いました。私は「それで年収5億円取れるの?」と思いましたが、米国では年収5億円のファイナンシャル・プランナ―は沢山いると言っていました。

どうして「年収5億円取れるのか」と聞きました。
米国では現金資産500億円以上持っている個人は沢山いるそうで、彼らは例外なく専門家に資産管理を任せます。積極的な人は「ファミリーオフィス」と言って、自分でファンド・マネージャーを雇って資産運用会社を作っていますし、それ以外はファイナンシャル・プランナ―に資産運用管理を頼んでいます。そして、彼らの手数料が年間で資産の1%になりますので、年収が5億円になります。


米国の投資を教えている大学教授の話

テレビで2002年に放映された事ですが、米国の株式投資を教えている大学教授が「あと1年でリタイヤして、悠々自適の生活を送る予定だったのですが、911(同時多発テロ)による株式市場の暴落でお金がなくなったから、まだまだ働かなくてはならなくなりました」と言っていました。

つまり、投資先進国の米国の投資専門の大学教授も本当に頼ることができる投資の専門家では無かったのです。


ヘッジファンドの話

2006年2回、2007年2回と、10年振りに2年で4回、米国市場の調査に行きました。
対象はヘッジファンド・信託銀行・FP協会の会長、ファミリーオフィスなど、投資の専門家の社長や役員などです。

ヘッジファンドに何社か会いました。大手の1社は10年前にも会った人ですが、やはりまだ成長していました。なぜ「やはり」と申し上げたのかと言いますと、彼だけは「自前で独自の研究をして、ソフトを開発していた本物」だったからです。

実はニューヨークでは毎月200社くらいのヘッジファンドが倒産しているそうですが、ヘッジファンドビルは沢山存在し、増加しています。つまり、毎月200社以上の新しいヘッジファンドが立ちあがっているということです。何故かと言いますと、ヘッジファンドに入りノウハウを覚えるとすぐ独立してしまうからです。

つまり、ヘッジファンドも一部を除いては独立したてで知識の浅いところが多く、安心できる専門家は少ないと言うことになります。


物理学会のファイナンスを研究しているドクターの話

2008年に物理学会の賛助会員になり、ドクターに研究費として一人100万円を補助するというイベントをしました。ケンミレの研究は難しすぎて、一般人では無理なので、物理学会の研究者から探そうという提案が、当時のケンミレの顧問であった『東大大学院の教授と名古屋大学大学院の教授、そしてノーベル賞を取った江崎玲於奈先生』から言われたからでした。

そして、11名が当選して発足パーティーを行いました。
そこで11人のドクター達と話をしたのですが、彼らの研究内容は「私が90年代に行った初歩的な研究」だったので、その先にこういう問題があるので、研究対象をこっちに変えた方が良いと全員に言ったのですが、全員の答は「アカデミックな世界では論文枚数で出世が決まるので、森田さんがいうことは分かりますが、まずはこれで論文を発表します」というものでした。

つまり、日本のマネーマーケットの研究者のレベルは「社会に役立つものを研究しよう」ではなく、自分の出世にしか興味がないので、彼らにも期待できません。


じゃあ、どうすればいいの?

日本にも世界にも株式投資、株式市場について深く研究し、社会に役立とうと言う専門家と呼べる人は少数しかいません。株式投資は資本主義の根幹であり、正しく使う方法を知っていればもっとも有効な財産構築の手段となります。しかし、投資家の事を考えてくれる専門家が殆ど居ないとなれば、結論は自分で株式投資に勝つ方法を探すしかないと云うことになります。

みんなが知らない株式市場のホントの姿 - 目次

第1回 頼れる投資のプロって誰?
株式市場には色々な人が居ますが、それぞれの人はそれぞれの目的で株式市場とかかわっています。彼らの仕事は「投資信託を売ること」と「売買手数料を挙げること」です。 そして、その為に時間を多くかけているので、証券マンで「株式市場、株式投資」について知っている人は少ないと思います。
第2回 株式投資は買いたい銘柄が見付かったら、何時買っても良い?
投資家は何かをきっかけにして「株を買おう」と思います。多くはテレビで株が上がっていると言ったり、友達に「株は儲かるよ」と言われたり、新聞やテレビで個別に銘柄が取り上げられたり、何となく良い株はないかと探したり、などきっかけは色々ですが「自分で株を探す」という行為は一緒です。
第3回 買いたい銘柄を探す時、今日探した銘柄で一番良い銘柄を買う?!
投資家が勘違いすることの一つに銘柄の探し方があります。投資家が銘柄探しをする時、今日探した銘柄のなかで一番良い銘柄を買うという方法を取ります。 銘柄探しとは「この銘柄は絶対に買いたい」と思った時にだけ買うべきです。
第4回 好きな銘柄を買う?!
良く自分が知っている銘柄を買うとか、有名な会社を買うとか、配当が良いので買うとか、株主優待が良いので買うとか、テレビや新聞で儲かっていると言っているので買うなど、個人投資家は独自の観点で銘柄を買っています。
第5回 テクニカル指標を使って投資した方が勝てる?!
株式投資を始めたばかりの時は「テクニカル指標はカッコいいし、専門家見たいだし、この指標を使えば勝てる」ような気になります。しかし、個人投資家が使うような一般的な使い方で勝てるならば、専門家が色々な工夫をする必要はありません。
第6回 指値買いの方が安全だ?!
多くの投資家は「ここまで下がったら買いたい」と考えて指値(さしね)買い注文で株を買うと思います。東証一部のパフォーマンス表をご覧いただれば分かりますように、株はいくらで買うかよりも「何時、買うか」の方が重要です。
第7回 短期投資よりも長期投資の方が安全だ?!
買ったら売らない長期投資の方が安全だと良く言われます。確かに、高度成長経済であれば「買ったら売らずに持っていた」方が安全です。

ケンミレで学ぶ株式投資

無料メールマガジン

イチ押しリポート

市況速報

ケンミレ・アイ

ケンミレ通信

to top