トップリリース

リリース

≫バックナンバーを見る

2018/06/13 19:22

■新ソフト「丁度よい押し目まで下落した銘柄を探すソフト」をリリースしました。

このソフトは押し目買いをするソフトです。個別銘柄の押し目買いをする方法と、インデックスの押し目を探し、更に採用されている銘柄の押し目を探す方法の二つあります。

このソフトの目玉は「ダイヤモンド銘柄の解放」です。その時の全てのダイヤモンド銘柄から丁度よい押し目に来ている銘柄を探す」という方法を最後に追加しました。

※ ダイヤモンド銘柄は、1年コースの方のみ選択できます。

今回のソフトですが、私ならばダイヤモンド銘柄の押し目だけを狙うと思います。


◆丁度よい押し目に来ている銘柄を探すソフトのリスクは何か

コロンブス・エッグ投資は転換点投資ですから、買った後に運悪く下ったとしても「待っていれば」勝てる確率が高いのですが、押し目買いは「全値押しのような下げの時には、押し目率にもよりますが、大きく下る可能性も想定して」おく必要があります。

リスクヘッドとしてケンミレが用意した武器は三つあります。一つは株式組み入れ比率(3つの財布)、高値ロスカット、最後は期間ロスカットです。

新割安株投資ソフトと株式組み入れ比率と高値ロスカットは「ボルトとナットの関係だ」「必ず、併用して投資をする」ものだと思ってください。


◆ダイヤモンド銘柄の違いについて

コロンブス・エッグ投資のダイヤモンド銘柄と丁度よい押し目に来ている銘柄を探すソフトのダイヤモンド銘柄はコンセプトは同じですが条件を変えています。

丁度よい押し目に来ている銘柄を探すソフトのダイヤモンド銘柄は、コロンブス・エッグ投資のダイヤモンド銘柄より少しハードルを下げました。

理由は出きるだけ「抽出銘柄数」を増やすためです。そうしますと、出てきた銘柄は丁度よい押し目に来ている銘柄を探す単独のダイヤモンド銘柄なのか、コロンブス・エッグ投資でもリストアップしているダイヤモンド銘柄なのかを知りたいと思います。

そこで丁度よい押し目に来ている銘柄を探すソフトの銘柄一覧表に、コロンブス・エッグ投資のダイヤモンド銘柄と同じ銘柄の場合は「タマゴの絵」を表示させました。

コロンブス・エッグ投資のダイヤモンド銘柄は「転換点だけで買う」ことを前提に、その時には「大きく上昇する銘柄」という前提条件を付けましたが、丁度よい押し目に来ている銘柄を探すソフトは「銘柄数」が重要になります。
そのため、抽出する条件のハードルを少し下げました。相場の転換点では毎回連続して上昇していたという条件は変えていませんが、銘柄数を増やすための工夫をしています。


◆売買値サーチと運用モードについて

売買値サーチでは、相場が強ければ「上側の買いたい価格で買う」「もっと下りそうならば、下側の買いたい価格で買う」というように、相場に合わせて買いたい価格を選べます。

更に、買いたい価格が来たら突然「シグナル点灯しました」と言われても対応できませんので、買いたい価格の3%上の価格まで下落したら、買いたい株価の「予告株価」が点灯したというシグナルを「花弁ソフト」と「メール」と「サイト」でお知らせする予定です。(現在開発中ですので、お待ち下さい。)

買う準備ができれば「買い損なう」リスクは小さくなります。
これは売りたい価格まであと3%のところまで上昇した時にもシグナル点灯として通知します。

運用モードはコロンブス・エッグ投資で生れたソフトですが、今回は更にバージョンアップし、更に「コロンブス・エッグ投資」「丁度よい押し目に来ている銘柄を探す」「波動の認定ソフト」の三つの運用モードを同じ場所に置きましたので、運用しやすくなっていると思います。


■コロンブス・エッグ投資のダイヤモンド銘柄を更新しました

本日13日にお知らせしましたが、ダイヤモンドに銘柄を新しく更新しました。更に、1年コースの方はすべてのダイヤモンド銘柄を使えるようにしました。

※ 新しいダイヤモンド銘柄の銘柄数を91銘柄と申し上げましたが、1銘柄が子会社を親会社が合併する事で上昇廃止になりますので、新ダイヤモンド銘柄は90銘柄になりました。

≫バックナンバーを見る

株式市況
リリースなう
人人知道
同じようなこを考えている方が居るかも知れませんので、8つ全てに回答しました。

to top