トップ本に書いてないチャート機能の使い方「第3回 チャートの表示期間を自由に変更」

本に書いてないチャート機能の使い方

第3回 チャートの表示期間を自由に変更

≫レポート目次を見る

チャートの機能には作った人の意思が反映されますので、どの会社が作ったチャートもそれぞれ独特の機能を持っています。ここではチャートの基本的な機能と、あれば便利な機能の中で、自分が好きな機能を見つけることから始めればよいと思います。

チャートの表示期間を自由に変更できる「二つのスクロールバー」(もっとも重要)

多くのチャートは1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・1年・3年というように、表示期間が限定されています。
株式市場の上げ下げがその期間にピタリと当てはまれば問題ありません。

しかし、今から4ヶ月前に上昇スタートしたときには、4ヶ月前から現在までの動きを見たほうがわかりやすいのですが、現実には6ケ月チャートを見るしかないチャートがほとんどです。

見やすいチャートは分析しやすいチャートですから、
6ヶ月間のチャートよりも4ヶ月間のチャートのほうが大きくて見やすいと言えます。

また長い期間のチャートを見たら、ある期間のチャートが今の相場と似ているときは、そのときのチャートの動きを見たくなります。この場合に、年月日を指定してチャートを表示するのではなく、目で確認しながらチャートを表示できれば大きな武器になります。

どうして、大きな武器になるのかと言いますと、人間は将来がわからないので「過去に同じような動きをしているときがないか」を調べ、見つかったときは「過去を参考に投資判断」をします。
株式市場では「歴史は繰り返す」と言いますが、それは多くの投資家が過去の動きを参考にするからです。

そして、多くの投資家が過去の動きを参考にするから「チャート」が重要になるのです。

ここまで下がったら、下げが止まったということを何度も繰り返している銘柄が見つかった場合、多くの投資家は「過去に下げ止まった株価に買い差し値注文」をいれます。そのため、過去の下げ止まったところで今回も止まる可能性が高いのです。

このように、チャートを参考に投資判断をしている人がたくさんいますので、チャートについて「知っていれば儲かったこと」「知っていれば損しなかったこと」をできるだけたくさん覚えて下さい。

本に書いてないチャート機能の使い方 - 目次

第1回 チャートとは何か?
ローソク足の見方については色々な本で解説されています。
ローソク足の見方がわかれば株式投資で勝てるかと言いますと、 私の知り合いのテクニカルアナリストはまったく当たりません、 というよりも当たったところを見たことがありません。 つまりチャートの理論的な使い方がわかっても株式投資に勝てるわけではありません。
昔、私は「チャートにはお金が落ちている」と言っていたことがあります。
つまり、チャートを活用すれば株式投資で勝つ確率をアップできると言うことになります。
第2回 チャートのどの機能を使うのか?
チャート機能で個別銘柄分析に求める機能はA. 今の株価水準が割安なのか、適正なのか、割高なのか B. 今のトレンドはどっちを向いているのか C. どこまで下がるのか、どこまで上がるのか と言う三つです。
第3回 機能の解説:チャートの表示期間を自由に変更
それでは一つずつチャート機能の使い方を説明します。チャートの機能につきましては、作った人の意思が反映されますので、どの会社が作ったチャートもそれぞれ独特の機能を持っています。
ここではチャートの基本的な機能と、あれば便利な機能の中で、自分が好きな機能を見つけることから始めればよいと思います。
第4回 機能の解説:移動平均線
今回はチャート機能の2回目です。 1回目はチャート表示期間を自由に変えられる機能について書きました。今回は移動平均線を銘柄毎にフィットさせることで、抵抗ラインを探す機能です。
第5回 機能の解説:トレンドライン、日足/週足/月足
今回はチャート機能の3回目です。 1回目はチャート表示期間を自由に変えられる機能について書き、2回目は移動平均線の最適化の方法について書きました。
3回目は「知れば知るほど面白くなる」トレンドラインの使い方について説明します。
第6回 機能の解説:押し目・戻し目ライン
もう半分まで来ました。今が一番面倒臭くなるタイミングだと思います。
言い換えますと、このタイミングで多くの投資家がギブアップして、チャートを投資の武器にできずに終わってしまいます。逆に言いますと、ここを乗り越えますと、チャートを投資の武器にすることが面白くなり、面白くなれば意欲も復活しますので、 ここが勝負どころと考えて頑張りましょう。
最終回 機能の解説:新値銘柄数、信用評価損率
最後の二つは、私が株式市場の転換点を探すときに使ったものですが、 的中精度は非常に高かったので、ぜひ使い方を覚えていただきたいと思います。

ケンミレで学ぶ株式投資

無料メールマガジン

イチ押しリポート

市況速報

ケンミレ・アイ

ケンミレ通信

to top