トップ本に書いてないチャート機能の使い方「第1回 チャートとは何か?」

本に書いてないチャート機能の使い方

第1回 チャートとは何か?

≫レポート目次を見る

ローソク足の見方については色々な本で解説されています。ローソク足の見方がわかれば株式投資で勝てるかと言いますと、私の知り合いのテクニカルアナリストはまったく当たりません、というよりも当たったところを見たことがありません。つまりチャートの理論的な使い方がわかっても株式投資に勝てるわけではありません。

昔、私は「チャートにはお金が落ちている」と言っていたことがあります。つまり、チャートを活用すれば株式投資で勝つ確率をアップできると言うことになります。

どのようにチャートを活用すれば株式投資で勝つ確率をアップさせられるのか

もっとも重要な使い方は「チャートを見て、今が割安なのか、割高なのか」を判断することです。
詳しくは「なぜみんなチャートと騒ぐんだろう」でレポートしましたので、こちらを読んで下さい。

次は、どうすれば良いのかと言うことになります。つまり、チャートを「どう使えば良いのか」と言うことになります。

そもそもチャートとは何か

投資をするとき、専門家は「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」を行います。
私は「テクノメンタルズ」という言葉を商標登録していますが、登録のきっかけは「チャートはテクニカルとファンダメンタルズの両方がわかる唯一の手段」だと考えたからです。

投資家がある銘柄を買うきっかけとしては、

  1. アナリストが推奨していた
  2. 株式新聞に書いてあった
  3. ニュースで見た
  4. ブログで見た
  5. 自分で探した
  6. 投資ソフトで探した
  7. 会社の業績や事業計画を見て決めた

など、千差万別です。

ある投資家は 1. の理由で買い、ある投資家は 2. の理由で買います。つまり投資家は自分がたまたま見た情報を根拠に株を買うわけです。参考にした専門家が常に正しい判断をしていれば問題ありませんが、専門家が間違えた場合には、その専門家の考え方で買った投資家は損をする確率が高くなります。

株価チャートは、色々な投資家が色々な考え方で買ったり売ったりして形成されるものです。つまり、そのときの投資家全員の評価で、買いのほうが多くなって上昇したり、売りのほうが多くなって下落したりするというのが株式市場です。

ということは、ファンダメンタルズ分析の情報に基づいて買う投資家の意思が反映され、テクニカル分析の情報に基づいて買う投資家の意思が反映されますので、チャートを分析するということは「自然にファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の両方を行える」ことになります。

そういう意味で、株価はもっとも客観的な評価によって形成されるため、市場の方向性が決まって「割高になったり、割安になったり」します。したがって、株価チャートを見れば「その銘柄が割高ならば、買わずに見送る」「その銘柄が割安ならば買う」という判断が簡単にできます。これが株価チャートのもっとも重要な役割となります。

つまり、正しくチャートを使えれば、割安な銘柄を買って、割高になったら売るという方法ができますので「チャートにお金が落ちている」と言っていたわけです。

チャート本体に入る前に、コツを一つ申し上げます。
それは「チャート分析は、一回、一回、結論まで行う」ということです。

このアクションの数が多ければ多いほど(何度もチェックすればチェックするほど)「正解に近づける」ことになります。最初の結論がその後もまったく変わらなければ「最初の結論が正しい」と確信が持てますので自信を持って買うことができます。チェックを一回しか行わずに結論を出す投資家の多くは、株式投資で勝つことは難しいと思います。

なぜならば、株式投資には「知っていれば負けなかった」「知っていれば儲かった」という情報がたくさんあるからです。

私の経験則では、最初の結論のまま最後まで行くことはほとんどありません。なぜならば、分析を繰り返す間に株式市場が動き、株式市場が動けば結論が変わってくるからです。

そして、結論が煮詰まるころは「不思議に株式市場が大底をつけるころ」に合致しますので、ちょうど良いタイミングで買うことができます。なぜならば、株式市場が下り始めて、初めてチャート分析やニュース分析がスタートするからです。

そうしますと、分析している間の株式市場の動きも分析に加わりますので、時間の経過とともに株式市場が下落して、いつの間にかちょうど良いタイミングで結論が出るようになります。これが今までの経験則であり、あせって結論を出す必要はありません。あせって出さないほうが結果は良くなります。

本に書いてないチャート機能の使い方 - 目次

第1回 チャートとは何か?
ローソク足の見方については色々な本で解説されています。
ローソク足の見方がわかれば株式投資で勝てるかと言いますと、 私の知り合いのテクニカルアナリストはまったく当たりません、 というよりも当たったところを見たことがありません。 つまりチャートの理論的な使い方がわかっても株式投資に勝てるわけではありません。
昔、私は「チャートにはお金が落ちている」と言っていたことがあります。
つまり、チャートを活用すれば株式投資で勝つ確率をアップできると言うことになります。
第2回 チャートのどの機能を使うのか?
チャート機能で個別銘柄分析に求める機能はA. 今の株価水準が割安なのか、適正なのか、割高なのか B. 今のトレンドはどっちを向いているのか C. どこまで下がるのか、どこまで上がるのか と言う三つです。
第3回 機能の解説:チャートの表示期間を自由に変更
それでは一つずつチャート機能の使い方を説明します。チャートの機能につきましては、作った人の意思が反映されますので、どの会社が作ったチャートもそれぞれ独特の機能を持っています。
ここではチャートの基本的な機能と、あれば便利な機能の中で、自分が好きな機能を見つけることから始めればよいと思います。
第4回 機能の解説:移動平均線
今回はチャート機能の2回目です。 1回目はチャート表示期間を自由に変えられる機能について書きました。今回は移動平均線を銘柄毎にフィットさせることで、抵抗ラインを探す機能です。
第5回 機能の解説:トレンドライン、日足/週足/月足
今回はチャート機能の3回目です。 1回目はチャート表示期間を自由に変えられる機能について書き、2回目は移動平均線の最適化の方法について書きました。
3回目は「知れば知るほど面白くなる」トレンドラインの使い方について説明します。
第6回 機能の解説:押し目・戻し目ライン
もう半分まで来ました。今が一番面倒臭くなるタイミングだと思います。
言い換えますと、このタイミングで多くの投資家がギブアップして、チャートを投資の武器にできずに終わってしまいます。逆に言いますと、ここを乗り越えますと、チャートを投資の武器にすることが面白くなり、面白くなれば意欲も復活しますので、 ここが勝負どころと考えて頑張りましょう。
最終回 機能の解説:新値銘柄数、信用評価損率
最後の二つは、私が株式市場の転換点を探すときに使ったものですが、 的中精度は非常に高かったので、ぜひ使い方を覚えていただきたいと思います。

ケンミレで学ぶ株式投資

市況速報
ケンミレ・アイ
人人知道
?X?c???????????????B???P?N????]??_?????????A??N??c
公募実践レポート

to top