トップ新投資システム図と新投資ソフトの解説レポート

新投資システム図と新投資ソフトの解説レポート

第二回  ダイヤモンド銘柄とは

ダイヤモンド銘柄抽出ソフトのコンセプトと特徴

勉強すれば株式投資に勝てると1986年から2006年まで言い続けてきました。実際に勝った人も沢山いますが、同じように負け た人も沢山いました。

仙台で200人規模の会員セミナーをした時のことでした。セミナーが終わった後である会員の方がきまして
「投資で負けています」と言い、その後で「もっと努力します」と言われました。

ある時、社員・役員とスタッフ全員に実際に投資をさせました。そこで何故投資家が勝てないのかが分かり、
「9項目チェック」というソフトを作りました。この時に勝っている投資家にとって「当たり前のこと」を多くの投資家は知らないのだと分かりました。

一番、会員の成績が良かったのは、森田の実践日記を書いていた時でした。森田が今日買ったとか、今日売ったという日記をリアルタ イムで書いていたのです。
勿論、投資顧問ではないので、銘柄は言えませんでした。

目標は70%以上の会員が勝ち組になることです。そして多くの個人

投資家が勝てない理由は「銘柄選び」「買値」「買うタイミング」 「売値」「買う順番」「銘柄の判断情報不足」にあります。

そこで今回のソフト開発のコンセプトは「上記の6つをクリアする事」 にしました。 その中で、最も負ける確率が高いのが「銘柄選び」でした。

銘柄選びの条件はなにか

*大きく上がること
*短期間で上がること
*買った後下らないこと

つまり、上がる銘柄である事が絶対的第一条件と言えます。

ダイヤモンド銘柄とは、過去の転換点で、毎回必ず25%以上上がった 銘柄(Bグループ)か、30%以上がった銘柄をピックアップしました。

つまり、過去の事ではありますが、転換点からの上昇では、過去の一定期間は必ず上がっていたという条件が付きます。勿論、過去に 上がったからと言って、次も上がるわけではありませんが、過去から推測して確率は他の銘柄よりも高いとは言えると思います。

もう一つは短期間で上がることです。

株式投資で、あまり考えられていないことで、大切な事があります。それは「保有期間をできるだけ短くする」事です。

突然のアクシデントがあったときに、その銘柄を持っていたら大変です。たとえば、雪印食品、東芝、日本航空などですが、あっと言 う間に暴落してしまいます。

どの銘柄に起こるか分かりませんので、対策としましては「買ったら、出来るだけ早く売る」事です。

ベストは、買った瞬間に急騰してあっと言う間に売れたという投資です。

昔、知り合いがサンケイビルを1000円で買って2000円で売り、1000株で100万円儲けたと私に言ってきました。

その時わたしは「あなたももう株式投資で勝てない」と言いました。そしてその後の1年くらい、彼は株式投資では全く勝てませんでし た。

何故、勝てなくなったのかと言いますと、次も大きく上がったら売ろうとします。しかし、何時も大きく上がる銘柄は都合よく見つかりません。

私はある時、買った銘柄が「1日で36%上昇したので売りました」ら、そのまま上昇し続け、あっという間に100%上昇したことがありま した。私は1日で36%も儲けたので十分だといいました。 こう言える人は「売る決断が出来る人」であり、株式投資で勝っている投資家だと思います。

この考え方を「負け惜しみではなく、自然にできれば株式投資の勝者」に簡単になることが出来ます。

それほど、「ほどほどに勝つ」事は難しいと言えます。

ダイヤモンド銘柄の特徴は2つあります。

1つは、転換点の平均上昇率の高さで、もう1つは10%上がるまでの日数が少ないことです。
言い変えますと、短期で大きく上がる銘柄を探したのがダイヤモンド銘柄となります。

東証一部の銘柄の平均は「5日から10日」でしたが、ダイヤモンド銘柄が上昇を開始してから10%上がるまでの日数は、半分以下の1.7日 から4.9日でした。

日数が短いと何が良いのか

転換点は年間で数回しかありません。従って、目標としては「1回の転換点で資金を3回転する」事です。

そのためには、転換前に上昇する銘柄(先行銘柄)を買い、直ぐに売って、今度は相場に連動して上がる銘柄を買い、売ったら次は相場 に遅れて上がる銘柄を買うという方法が取れれば、1回の転換点で3回転出来ます。これがコロンブス・エッグ投資の投資スタイルです。

最後に

ダイヤモンド銘柄は色々なスクリーニングをして抽出された銘柄ですので良い銘柄です。したがって、ダイヤモンド銘柄一覧表に表示 されている銘柄は全て選択する事を勧めます。

どうして、全部を投資対象としてリストアップするのかは、この階段メールが終わることにはお分かりになると思いますし、コロンブ ス・エッグ投資が世界にない投資システムだと言うこともわかると思います。

もくじ