お申込みはこちら

トップ勝者への道 「第1回 株式投資で勝つための心構え」

勝者への道

第1回 株式投資で勝つための心構え

≫レポート目次を見る

第1回 株式投資で勝つための心構え

株式投資を極めるためには、細かい投資のテクニックを知る以前に、相場環境に応じて冷静な判断を下せるようになるための「投資の心構え」が必要になります。

今回からスタートする「勝者への道」では投資で勝っていくために必要な心構えや投資スタイルの決定方法についてレポートしていきます。

株式投資で勝つための心構え

「株式投資で勝つための心構え」とは、『自分の心理状態を最高にして、自分の持っている能力を最大限に使える心境』を作ることです。この心境次第で『株価の動きは全く違った動き』に捉えることができます。

例えば、株価が大きく上昇しているのを見た時には、

  1. 早く買わないと儲け損なってしまうと焦ってしまう投資家
  2. 既に大きく上昇したので、更に上がるかもしれないけれど、すぐに下がってしまうから、上がった銘柄を買わずに、他の割安株を探そうと考える投資家

と、投資家の心理は、ひとつの株価の動きを見ても、大きく二通りに分かれます。

そして、コンスタントに勝ち続けられる投資家は後者で、たまに短期で大きく勝つこともあるが、トータルでは負ける確率が高いのが前者の投資家と断言してもよいと思います。

どのような環境になっても『勝つ投資家心理』に持っていける投資家は株式投資の勝者となり、株式投資を財産構築の有望な手段とすることができます。 また、前者の場合には、せっかく貯めたお金を株式投資で失ってしまう可能性が高い投資家になってしまいます。

株式投資をする方法は大きく分けますと『デイトレーダー』『割安株が見つかればいつでも投資する投資家』『勝つ確率が高い時にだけ投資する投資家』『何も考えずに、人の言っていることなどを参考にして勘で投資する投資家』になります。

このなかでグッドイシューが推奨している投資方法は『割安株が見つかればいつでも投資する投資家(=Aとします)』と『勝つ確率が高い時にだけ投資する投資家(=B)』です。

但し、この2つの投資方法は、厳密に2つに分かれるわけではありません。しかし、AとBでは大きく違いますが、AとBはそれぞれ更に細かく細分化されます。

それは割安株の認識の仕方の違いと株式投資に使える時間の違いによって決定されます。毎日、投資に時間が使える投資家と、1日おき、2日おき、3日おきに株式投資に時間を使える投資家では『あるもの』が違ってきますし、1日当たりの投資に使える時間の長さによっても『あるもの』が違ってきます。

そのあるものとは、『割安株の認識方法』です。割安株と言いますと『1つしか考え方がない』と思うかもしれませんが、実は割安株の定義は無数にあります。その無数にある割安株の定義の中の『どの定義』を使うかによって、投資に使う時間が決まります。

割安株をどのように定義するか?

一番簡単な認識方法は、『波動ライン』を使って割安株の割安度を認識することです。

これは、

短期波動 の押し目を割安とする
中期波動 の押し目を割安とする
長期波動 の押し目を割安とする

といったように『株価の動き』から割安度を計算する方法です。

これとは別に、経済の状況から割安度を計算する方法があります。 経済の状況からチェックする場合には、景気の小さな波の底を割安とするか、中くらいの景気の波の底を割安とするか、大きな景気の波の底を割安とするかで割安度は違ってきます。

この割安度の計算方法には、株価の波動で見た場合は『この波動の押し目を割安とする』とか、景気の波で見た場合は『この景気の波の底を割安とする』とか、景気上昇中ならば『景気が加熱して崩壊するまでは景気の波は無視する』とか、色々な認識方法があります。

この認識方法を決定することで『自分の投資スタイル』が自動的に決定されます。 では、「自分の投資スタイルを決定する方法はどうやって決めるか?」と言いますと、それは「株式投資に使う時間」と「現在の自分の投資レベル」によって決定します。

投資レベルが低い投資家や株式投資を始めたばかりでよく分からない投資家は、無条件に割安度の高いものを割安と考えるべきです。 また、株式投資に使える時間が少ない投資家、例えば1週間に1度3時間程度であれば、やはり割安度の高いものを割安と考えるべきです。そして、投資に使う時間が長くなれば、その時間に合わせて『割安度のレベルを下げる』ことになります。

割安度のレベルを下げると『売買チャンスが多く』なりますので、それだけチェックする時間が必要になります。

このため、株式投資にあまり時間を使えない投資家が売買回数を多くすることは『チェックミスが多くなる』ことにつながりますので非常に危険だと言えます。

【ポイント】
■「割安株の割安」とは「1日で見た割安」、「1年で見た割安」と変わってくるので「割安の捉え方」によって変わるものである。
■「割安の捉え方」は、「各自の使える時間」や「投資レベル」によって決定される。つまり投資をおこなう以前に把握しておかなければならない。

勝者への道 - 目次

第1回 株式投資で勝つための心構え
株式投資を極めるためには、細かい投資のテクニックを知る以前に、相場環境に応じて冷静な判断を下せるようになるための「投資の心構え」が必要になります。
第2回 勝つ確率の高いタイミングだけ投資する
株式投資で勝つ確率を高める方法は、株式市場が大きく調整したタイミングで買う努力をすることです。このタイミングをうまく捉えて投資するには、どのような点に注目すればいいかを学びましょう。
第3回 株式投資で勝つための時間の使い方
『株式投資で勝つには、どれくらいの時間を使えばよいのか』は、多くの投資家にとって興味のあることだと思います。株式投資に使う時間には、以下のようなものがあります。
第4回 株価の割安度の見方
「グッドイシュー式 勝者への道」第4回では「時間の使い方」に続き、今回は株価の割安度の見方をご説明させていただきます。
第5回 株価からみる売買タイミング
グッドイシューでの割安株の定義を詳しくご説明しました。「勝者への道 第5回」では割安株をいつ買うのか?売買タイミングを認識する方法として一番分かりやすい方法、『株価の水準』からチェックする方法をお話します。
第6回 投資スタイルの決め方
今回は「いきあたりばったり」の投資を卒業して「どのようにすれば勝てるか?」について今回ご説明させていただきます。
第7回 平常心を保って投資をするためのコツ
株式投資で勝つためには、常に「平常心」を保ち続ける必要があります。 なぜならば、株式投資とは『気が付くかどうか』が勝負の分かれ目になるからです。パニックになると何も分からなくなりますが、これは『今していることを上手くやりたい』という欲が平常心を失わせるからです。
第8回 自己責任投資出来ない投資家は敗者!
よくマネー雑誌などで「自己責任で投資をする時代がきた」といった表現が聞かれていますが、いったい自己責任投資とは何なのでしょうか?今回はその本質に迫りたいと思います。
第9回 年間の投資目標を決めよう!
「一年の計は元旦にあり」といった言葉がありますように、投資においても年間の目標利益を達成するために、投資スタイルを考えることは、非常に価値があります。今回は、具体的な年間目標の設定方法についてレポートします。
第10回 買った銘柄全部で勝ちたい投資家は敗者
投資をするからには全て勝ちたいと考えるのが投資家の性ですが、なかなかそのようにうまくはいきません。そもそも株式投資で100%勝ちに行くこと自体が間違いと言えますし、逆に勝者は損失を最小限に抑えることでトータルで勝ちを収めています。
第11回 勝者のリターンアップ方法!
株式投資で勝つための大きな課題に『どうすれば、同じ努力でできるだけ大きく儲かるのか』という効率性の問題があります。
第12回 損切りルールの作り方
株式投資に100%の勝率はありません。しかし、勝率が50%以下でも年間投資成果をプラスにする方法が2つあります。
第13回 グッドイシュー式 株価メカニズムを知ろう
株式投資をするときに、多くの投資家は上がる銘柄を探して買い、下がる銘柄を探して売れば儲かると考えていると思います。
第14回 3つのバリューを把握するのが勝者
『パイの原理』に続き、『3つのバリュー』の説明になります。 株価を把握する際に、『割高株価』・『適正株価』・『割安株価』をいかに把握するかが株価の売買タイミングを掴むために必要不可欠です。
第15回 株価と出来高は勝者の重要ポイント!
グッドイシューの投資理論の中心である、パイの原理、3つのバリューに続き、株式投資で勝つための株価変動メカニズムについて説明します。但し、これから申し上げることは『プラスアルファー(+α)』と考えて下さい。
第16回 勝者になるためのテクニカル分析の使い方
株価変動のメカニズムに続いて、今回から2回にわたって「テクニカル分析指標の影響」をお伝えします。
第17回 テクニカル分析は株式投資に必須!
以前は当たらなかったテクニカル分析が、最近重要視されている理由が2つあります。1つはインターネットの普及で『個人投資家が簡単にテクニカル分析ソフトを使えるようになった』こと、もう1つは『多くの投資家がテクニカル分析をするようになったためテクニカル分析が当たるようになった』ことです。
第18回 派生商品が与える影響度
今日のテーマは『派生商品』です。派生商品とはデリバティブ・プロダクツとも言われ、「本来の目的」と「派生目的」の2つがあり、このうち後者が株式市場の混乱要因となっています。また、派生商品が株式市場に影響を与えるものに『株』『金利』『為替』があります。
第19回 勝者が知るべき経済要因と政治要因
景気と政治を専門に勉強する経済学や政治学であれば難しいのは当たり前なのですが、ここでは『個人投資家にとって、投資戦術を考える時に景気と政治をどう使えば良いのか』だけに限定して御説明します。
第20回 勝者になるためのテクニカル分析(1)
誰でも使えるテクニカル分析投資で『勝てる銘柄が見つかる』ことは、99%ありません。 もし、誰でも使えるテクニカル分析ソフトで勝てるならば、世界中で株式投資の億万長者が誕生し続けてしまいます。しかし、実際にそんな話は聞いたことがありません。
第21回 勝者になるためのテクニカル分析(2)
今回は前回(第20回)に引き続き「繰り返し見る」ということについてです。株価データとは『株価の日々の動き(寄付・高値・安値・終値・出来高)です。 また銘柄に付随するデータとは、『平均上昇率などのテクニカルデータと、業績などのファンダメンタルズデータ』です。

グッドイシューで学ぶ株式投資

無料メールマガジン

イチ押しリポート

トランプレポート

広角投資のススメ

今日のマーケット
☆ココが気になる

起業家タマゴの経営イロハ

to top

reviewed by TRUSTe

当ホームページ上の著作権はグッディー株式会社に帰属し、自己の投資判断以外の目的での使用を禁止します。尚、当社が公開しているすべての情報について、当社の許可なく複製・転用・販売・ダウンロードすることを禁じます。本ホームページにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、株式会社野村総合研究所、東洋経済新報社、日本経済新聞社からの情報の提供を受けております。日経平均株価及び日経ジャスダック平均株価の著作権は、日本経済新聞社に帰属します。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。