トップチャートに強くなろう 「第1回 基礎編1 ローソク足の見方」

チャートに強くなろう

第1回 基礎編1 ローソク足の見方

≫レポート目次を見る

第1回 基礎編 1 ローソク足の見方

チャートとは株価の動きをグラフ化したものですが、日本で使われている最もポピュラーなチャートが“ローソク足”です。“ローソク足の由来は、一定期間(1日や1週間)の株価の動きを表す白や黒の棒の形が、火を灯すローソクに似ているからです。この“ローソク足”を理解せずに、株価チャートを株式投資に活かすことはできません。今回はこの“ローソク足”の基本について勉強しましょう。

意味を理解するために、まずは“ローソク足”を自分で描いてみよう

“ローソク足”は簡単な理屈さえわかればだれでも作れます。“ローソク足”を描く場合、まず1日、1週間、1カ月間、1年間のどの“ローソク足”を作るのかを決め、そして、1日、1週間、1カ月間、1年間のいずれかの期間で“最初の株価(始値)、その期間の一番高いところの株価(高値)、その期間の一番低いところの株価(安値)、その期間の最後の株価(終値)”という4つの株価で作ります。

まず、グラフ用紙に、始値と終値を横線で記入します。
詳しくはこちらをご覧下さい。

ローソク線の描き方
ローソク線 各部位のよびかた

始値と終値の端をそれぞれ縦の直線で結ぶと長方形(ローソクの胴体)が出来ます。次に、ローソクの横幅の中心の延長線上に高値と安値の点を打ち、その点が胴体の外にある場合にはつながるまで直線を引きます。「株価」が上昇したときも下落したときも同じ白いローソクでは上げ下げがわからないので、その日の“終値”が“始値より低い”ときには真ん中の胴体の部分を黒く塗り(陰線)、“始値より高い”ときには白い胴体(陽線)とすることで、一目で上昇したのか下落したのかがわかるようになっています。

そして一番高い点と上側の横線の中央を結んだ一本の縦の直線を“上ヒゲ”、一番低い点と下側の横線の中央を結んだ縦の一本の直線を“下ヒゲ”と言います。(図2参照)

始値、高値、安値、終値、この4つの「株価」がどのように動くかによってローソクの形は変わります。例えば、白いローソク(陽線)の場合、始値と安値が同じだった場合には下ヒゲがなくなりますし、終値と高値の価格が同じだった場合には上ヒゲがなくなります。また、両方のヒゲがなくなった胴体だけの場合の形は“丸坊主”と呼ばれ、4つの「株価」が全て同じだった場合は横線一本だけの形になります。

ローソク足”を読んで、投資家が考えていることを推測しよう

チャートを使えば100%勝てるというわけではありませんが、株式投資の有力な武器になります。下落する確率が高いときに買ってしまったり、上昇する確率が高いときに売ってしまったりといった失敗の多くを、チャートを見ることで防げる確率が高くなります。言い換えますと“どこで買うべきか、どこで売るべきか”の判断をするための道具がチャートなのです。

なぜなら、“ローソク足”がその株に対する投資家の心理=これから上がると投資家が考えているのか、まだ上がると投資家が考えているのか、もうすぐ下がると投資家が考えているのかを教えてくれるからなのです。したがいまして、チャートを見ることである程度の「株価」の動きを予測することができるということになります。

しかし、チャートを使って売買の判断をする際に注意していただきたい点があります。それは銘柄によって“状況がよくわからない形のチャート”と“状況がよくわかる形のチャート”がありますので、上がるのか下がるのかよくわからないチャートの銘柄は無視して、将来が予測しやすい“よくわかるチャートの形”をしている銘柄にだけ投資をするという点になります。つまり、すべての銘柄で買い場や売り場がわかるわけではなく、ぴたりとはまったときにだけ使えると考えておきましょう。
おもな“ローソク足”を10通りほど紹介しますので参考にしてみてください。

可もなく不可もない一般形
その日の一番安い株価で始まって、上昇したあとに下がってから終わったという“ローソク足”。「株価」が大きく上昇したため投資家は“下がるのではないか”と先行き不安になり、売りが出た一般的な形。
株価の下落時に出る一般形
一番高いところで始まって、大きく下落して最後に少し上昇して終わったという“ローソク足”。「株価」が大きく下落すると明日の上昇に期待して買う投資家が出てくるパターン。
上昇の後に出たら先行き下落に要注意
上昇した後に利益を得るために売りが出て下がり、これを見たほかの投資家が慌てて売ったことで大きく下落したという“ローソク足”。一般的には上昇した後に出てきた場合には先行きの下落に“要注意”。
下落の後に出たら注目せよ
最初に下がってから上昇に転じて、「寄り付き」よりも上昇して終わったという“ローソク足”。これは大きく下落した後に現れるケースが多く、その場合には買い圧力が強いので「要注目」と考えられる“上昇の期待できるローソク足”。
判断の参考にはならない
「寄付き」の後に下落し、また上昇してから少し下がって終わったか、「寄り付き」の後に上昇、大きく下落した後、再び上昇して、最後に少し下がって終わったという“ローソク足”。あまり投資判断の参考にならない。
さらに下落する可能性大
3の“ローソク足”の“陰線版”。陽線でも高値で出た場合には下落する確率が高いが、陰線の場合は「寄付き」よりも下落しているためさらに下落する確率が高まる。
注目しても良いが勢いが弱い
4の“ローソク足”の陰線版。陽線よりは売り圧力が強いため陰線になっており、勢いが弱いといえる。
さらに上昇の可能性大
1のパターンでヒゲがまったくない陽線(大陽線)。これは引け前に出てくる売りを買い続けて上昇しているので、更に上昇する確率が高くなる。特に相場の初期に出た場合には上昇の確率が高い。
高値圏での長い上ヒゲは危険
「寄付き」と大引けが同じ価格。“上ヒゲ”と“下ヒゲ”では天国と地獄の差がある。高値圏で上ヒゲの長い“ローソク足”が出た場合は非常に危険。安値圏で下ヒゲの長い形が出た場合はチャンス。
どちらが先かが重要
上昇してから下落し、最後に戻った場合には“良いローソク足”となり、下落してから上昇し最後に下がった場合は“悪いローソク足”となる。安値圏では上げ、高値圏では下げのサイン。

【ポイント】
■“ローソク足”を見れば、始値、終値、高値、安値の「株価」が一目で理解できる。
■“ローソク足”は、投資家の心理を教えてくれている。
■よくわかるチャートの形をしている銘柄にだけチャートを使い投資に活用する。

チャートに強くなろう - 目次

第1回 基礎編1 ローソク足
チャートとは株価の動きをグラフ化したものですが、日本で使われている最もポピュラーなチャートが“ローソク足”です。“ローソク足の由来は、一定期間(1日や1週間)の株価の動きを表す白や黒の棒の形が、火を灯すローソクに似ているからです。
第2回 基礎編2 ローソク足で見る相場のサイン
第2回目ではそのローソク足でわかる投資家の心理を見ながら、相場のサインを分析、解説していきます。 特に長い下ヒゲ、長い上ヒゲが出たときのチャートや、「保ち合い」(株価が上昇した後や下落した後に動かなくなること)相場時の投資家心理を解説していきます。
第3回 基礎編3 「株価」と「出来高」の関係
株式投資をしているほとんどの人たちは利益を出していないと言われています。利益を出せない第1の理由は、恐らく株価チャートを見ないで株を買っているからでしょう。株式投資で儲けるためには、いかにチャートが大事なのかを、学んでいきましょう。
第4回 基礎編4 ダブル底(天井)と三尊底(天井)とは?
株式のトレンド転換を判断するパターンはいくつかありますが、チャートの形から判断する時の代表的な見方である「ダブル底(天井)」と「三尊底(天井)」について解説いたします。
第5回 基礎編5 三角保ち合いの使い方
株価の振幅が煮詰まった三角形のチャートの形から、大きく動く方向が読める保ち合いの形を学びます
第6回 テクニカル編1 「移動平均線」の使い方
みなさんがよく見ている株価チャートには、日々の株価を表した「ローソク足」や「出来高」の棒グラフのほかに、折れ線が引かれていることと思います。この折れ線は「移動平均線」と呼ばれ、売買のタイミングを計る指標として大変よく使われているものです。
第7回 テクニカル編2 移動平均乖離率の使い方
株価の移動平均線を使ったテクニカル分析として現在広く一般に多用されている、「移動平均乖離(かいり)率」の使い方について解説します。
第8回 テクニカル編3 ゴールデンクロスとデッドクロスの使い方
長期と短期の2本の「移動平均線」を使って株価の上昇・下落の転換点を予測する方法についてご紹介します。
第9回 テクニカル編4 RCIの使い方
RCIは、相場の過熱感を測り、現在の株価が割安か割高かを判断するときに使われる代表的なテクニカル指標のひとつです。では、その使い方について解説いたします。
第10回 テクニカル編5 RSIの使い方
ある一定期間の相場について売られすぎ、買われすぎといった相場の過熱性を計るテクニカル指標RSIとその使い方について学びましょう。
第11回 テクニカル編6 ストキャスティクスの使い方
今回は「ストキャスティクス」について解説します。「ストキャスティクス」は現在の株価が割安か割高かを判断するときに使われる代表的なテクニカル指標のひとつです。では、その使い方について解説いたします。
第12回 テクニカル編7 MACDの使い方
今回は「MACD」について解説します。「MACD」は平滑移動平均(もしくは指数移動平均)を使って、分析を発展させたテクニカル指標です。「MACD」によって相場のトレンドを判断でき、同時に売りタイミングと買いタイミングを計ることが出来ます。
第13回 テクニカル編8 一目均衡表の見方
「一目均衡表」というテクニカル指標をご存知でしょうか。「一目均衡表」は日本人が生み出した数少ないテクニカル指標のひとつです。
第14回 テクニカル編9 ボリュームレシオの使い方
ボリュームレシオは、出来高に着目して現在の株価が割安か割高かを判定するテクニカル指標の一つです。では、その使い方について解説します。
第15回 テクニカル編10 サイコロジカルラインの使い方
サイコロジカルラインの「サイコロジカル」とは「心理的な」という意味です。つまりこのテクニカル指標は投資家の心理を数値化し、売買のタイミングに役立てようという考えから生まれたテクニカル指標です。では、その使い方についてご説明いたします。
第16回 テクニカル編11 ポイントアンドフィギュアチャートの使い方
チャート表示方法としての一つでポイントアンドフィギュアというものがあります。時間を横軸に取らず値動きのみを基準としたチャートの見方とその使い方を解説します。
第17回 応用編1 波動ラインの使い方
株価の上昇下落の傾向について一目で把握する事ができる、波動ラインをご紹介したいと思いますが、その前に「そもそも波動って何?」といったところからご説明したいと思います。
第18回 応用編2 抵抗ラインの使い方
今回は「抵抗ライン」について説明します。「抵抗ライン」とは株価の動きが止まったポイントを結んだラインで、投資家が売買タイミングを知る上で必要なデータです。この精度を高めれば高めるほど「勝つ確率」が上昇します。
第19回 応用編3 価格帯別出来高の使い方
「価格帯別出来高」とは、過去に売買された株数を価格帯別に集計したもので、一般的に株価チャートの右に横棒のグラフで表示されています。株価の上値が抑えられる「抵抗ライン」を見つけるのに有効なので覚えておきましょう。
第20回 応用編4 押し目・戻し目ラインの使い方
プロの投資家がもっともよく使う買いタイミングの指標は『移動平均線』と『押し目ライン』です。この押し目ラインの活用法について見ていきましょう。

ケンミレで学ぶ株式投資

無料メールマガジン

イチ押しリポート

市況速報

ケンミレ・アイ

ケンミレ通信

to top