トップ中上級者向け 実践入門(投資ブログ)

第4回 実践 【昨日の株式市場をチェックしてみました】

≫レポート目次を見る

2016/08/17 13:58

実践 【昨日の株式市場をチェックしてみました】

株式市場の状況を確認しようと思った時、無意識のうちに「長い時間をかけて、細かく分析するほど良いだろう」と思うのではないでしょうか。

そのため、昨日のレポート【チャートの入門編 その2】で書いた、今やるべき市場のチェック方法では「物足りないのではないか」「本当にこんなチェック方法でいいのか」と不思議に思った方もいらっしゃったのではないかと思います。

今やるべき市場のチェック方法は、5つの指標の「チャートを漠然と見るだけ」プラス、大引けの市況解説を読む、です。

これを1回行うのではなく、行い続けることが重要です。
チャートイメージを頭にインプットすることに集中してみると良いと思います。

今やるべき市場のチェック「10分コース」を行った、昨日の感想


1 日経平均株価のチャート・・・久しぶりに下がったんだな。
2 NYダウのチャート・・・史上最高値あたりかぁ。
3 上海総合指数のチャート・・・3日前、2日前は大幅高。
4 為替のチャート・・・100円割った。6月の高値98.76円まで近いなぁ。
5 原油価格のチャート・・・原油は上がってます、と。
6 夜に大引けの市況解説をチェック・・・へー。お盆だから出来高少ないのか。

特に大きな変化はありませんでしたが、チャートを1回見ましたから、継続していけば、脳内にチャートのイメージや底値の価格がインプットされます。そして、相場が大きく変わってきたときに「瞬間でチャートが分ります」ので、継続は力なり、です。


誰も教えられない、コツをつかむコツ


株式投資でも仕事でも趣味でも、何かを掴む時に絶対必要なことで、当たり前のように知っているのに、なかなか実行できないのが「継続すること」ですよね。

有名なスポーツ選手の自伝や経営者の自伝などでは継続がいかに大事かと言うことがよく書かれています。私はレスリングの吉田沙保里選手が好きで、彼女の本ではどうやって継続し続けたかが書かれていました。

義務教育では「ドリル」があります。これは反復練習によってコツを掴もうという事なので、継続は力なりとは少し違いますが、習得するには似ている事だと思います。

【結論】
今やるべき市場のチェック「10分コース」は、
細かい分析をしないように注意して、
「チャートのイメージを頭にインプットする事」を意識して、行います。
無料メールマガジン

イチ押しリポート

トランプレポート

広角投資のススメ

今日のマーケット
☆ココが気になる

起業家タマゴの経営イロハ

to top

reviewed by TRUSTe

当ホームページ上の著作権はグッディー株式会社に帰属し、自己の投資判断以外の目的での使用を禁止します。尚、当社が公開しているすべての情報について、当社の許可なく複製・転用・販売・ダウンロードすることを禁じます。本ホームページにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、株式会社野村総合研究所、東洋経済新報社、日本経済新聞社からの情報の提供を受けております。日経平均株価及び日経ジャスダック平均株価の著作権は、日本経済新聞社に帰属します。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。