トップローリスク・ハイリターン投資 超入門編〜はじめての方向け〜(投資ブログ)

第37回 株式投資は最初が肝心

≫レポート目次を見る

2016/09/26 10:29

★株式投資は最初が肝心

「さあ、これから株式投資をはじめよう」と考えている方、手元には投資資金としてまとまったお金を用意していると思います。そしてこの資金を2倍、3倍にしようと意気込んでいるはずです。

ところで、この資金は、一体何年かかって貯めましたか? 300万円の資金なら、毎月5万円ずつ1年で60万円貯めたとして、5年でやっと貯まる金額です。なかなか大変なことですが、しっかりと計画的に貯めたと思います。

しかし、いざ株式投資を始めようとする時にはあまり計画を立てずにいきなり買ってしまう人が大半です。雑誌に書かれていた銘柄や知人にすすめられた銘柄、ニュースで話題になっている銘柄などをあっさりと買ってしまいます。これでは、せっかく貯めたお金もあっという間に減らしてしまうかもしれません。

世間では、株式投資で大きな利益を上げた投資家がインターネットやテレビなどに登場しますが、どんなに熟練の投資家でも、100%勝ち続けることはありえません。勝ったり負けたりを繰り返し、トータルで勝っているという状態です。ましてや、株式投資を始めたばかりという方なら利益を出せなくて当然です。もちろん始めてすぐに利益を出せることもありますが、勝てるのが当たり前と思って株式投資を続けてしまうと、すぐに資金をなくしてしまいます。

今日、明日にでも、株を買おうと考えている方もいると思います。ですが株式市場で利益を上げている投資の達人たちは、百戦錬磨のプロです。豊富な経験とスキルをもった人たちのなかで、あなたは株式投資を始めることになります。どんな業界でも、いきなりプロとアマチュアが勝負することはありません。訓練を積み重ねて、初めて本番を迎えます。

株式投資では、誰にでもチャンスがあります。けれども、チャンスを活かすのは、投資家の腕にかかっています。自動車の免許を取るとき、教習所に入って、運転の練習を重ねたと思います。必要な知識と技能の教習を繰り返し、やがて路上教習で本物の道路に慣れて、本免許を取得したはずです。株式投資も同じです。実際に取引をするまえに必要な知識や技術を習得してから本番に挑む必要があります。


結論


これから株式投資を始めようという方は、かならず最初に必要な知識や技術、コツを学んで、それから実践に入るようにしてください。

負けない投資家になるためには、あなた自身が「伸ばしたらいい部分」をきっちり理解しておくことが大切になります。そのためにも教習所と同じく、まずは適性検査で自分のタイプをつかんでおくといいと思います。

グッドイシューでも「投資スタイル診断」ソフトをご用意しています。
「あなたが投資をしている時の性格で伸ばしたらいい部分」と「あなたに合った投資スタイル」、他にも、あなたに合った投資手法も書いてありますので、今後の投資にお役立て下さい。

▼「投資スタイル診断」はこちら

中国の兵法書・孫子では「敵を知り己を知れば、百戦危うからず」といいます。負けない投資家になるためには、自分自身を知ることが重要です。自分がどんなタイプか判れば、伸ばすところ、直すところが見えてきます。本当の自分自身を「投資スタイル診断」を使って調べてみましょう。
https://www.miller.co.jp/toushi_style_shindan/index.html
無料メールマガジン

イチ押しリポート

市況速報

ケンミレ・アイ

ケンミレ通信

to top