トップローリスク・ハイリターン投資 超入門編〜はじめての方向け〜(投資ブログ)

第31回 株を買うときの判断ポイント

≫レポート目次を見る

2016/09/14 10:04

★株を買うときの判断ポイント

財産構築のための「ローリスク・ハイリターン投資」で、一番大切なのは、「いつ買うか」で、次に「いくらで買うか」です。

「いつ買うか?」の答えは、「株式市場全体が大きく下落して、ほとんどの銘柄が上昇するタイミング」となり、「いくらで買うか?」はチャートを確認して、

「買ったあとに下落リスクが少ない」
「買ったあとに大きく上昇する可能性が高い」

の2つの条件を満たしている株価ということになります。

では、この2つの条件のうち、どちらの条件を優先するかと言いますと、それは「買ったあとに大きく上昇する可能性が高い」という条件になります。

なぜなら、それぞれの銘柄にはいろいろな特徴があり、そのうちの一つとして「大きく上昇しやすい」銘柄と「大きく上昇しにくい」銘柄があるからです。

株式投資の基本は「安く買って高く売る」なので、どうせ買うなら「大きく上昇しやすい」銘柄を選んでおけば、高く売れる確率も上がるということになります。


■じつは「どの銘柄を買うか」が重要

つまり「いくらで買うか」を決めるための前段階として、じつは「どの銘柄を買うか」が重要になります。

極端な例ですが、次の二つのチャートを見比べると、銘柄によって「大きく上昇しやすい」銘柄と「大きく上昇しにくい」銘柄があることが判ると思いますし、どちらを買えば高く売れる確率が高いかも一目瞭然だと思います。

結論


「ローリスク・ハイリターン投資」では、どの銘柄を買うかを選ぶ時には、まず最初に

「大きく上昇しやすい銘柄」=「過去に何度も大きく上昇した実績がある銘柄」

を選ぶ必要があります。

無料メールマガジン

イチ押しリポート

トランプレポート

広角投資のススメ

今日のマーケット
☆ココが気になる

起業家タマゴの経営イロハ

to top