トップローリスク・ハイリターン投資 超入門編〜はじめての方向け〜(投資ブログ)

第21回 ローリスク・ハイリターン投資への道 【株式投資の目的と目標】

≫レポート目次を見る

2016/08/31 10:15

ローリスク・ハイリターン投資への道 【株式投資の目的と目標】

財産構築のための株式投資は仕事と同じ


株式投資で財産をつくるためには、勝てる可能性が高い時にだけ投資をして、着実に利益を積み重ねる必要があることは、すでにお分かりいただけたと思います。
そして、そのためには年に2〜3回の「株式市場全体が大きく下落したタイミング=勝つ可能性が高いタイミング」で確実に投資して、利益を上げるための準備をしておかなければなりませんし、そのための知識をつけるために努力も必要です。

つまり、楽をしてお金を儲けることはできませんし、我慢や努力した分だけ成果が出るのが株式投資で、仕事と同じと言えます。給料をもらうための仕事は、人によっては面白くないかもしれません。しかし、お金を手にするためにはつまらないことでも我慢して続けなければなりません。

「ローリスク・ハイリターン投資」でも「買いたい時に買わない忍耐」、「怖くて買いたくない時に買う勇気」が必要ですし、投資自体も決して面白くないと思います。

最近は株を買う理由の中で、「株主優待が欲しい」、「配当が欲しい」といったことをよく耳にすると思います。確かに「株主優待」や「配当」をもらえれば、うれしくなりますし、銘柄を選ぶ時も「この銘柄はどんな株主優待がもらえるのかな」といろいろ調べたりすることも楽しいと思います。ですが、「株主優待」や「配当」がもらいたくて株を買っても、株価が下がってしまったら財産が目減りしてしまうため、何のために投資をしたか分からなくなってしまいます。

楽しみも必要、でもそれは本当の目的ではない


人生には娯楽や楽しみが必要ですから、それらを目的とした株式投資を否定するつもりはありません。映画を観たり、音楽を聴いたり、本を読んだり、お酒を飲んだりといったこと同じように、株について考え、株を売買することが楽しくて仕方がないという方にとっては、株式投資も娯楽だからです。

しかし、グッドイシューは「株式投資の目的は財産構築」と考えていますし、「ローリスク・ハイリターン投資」は、まさにそれを目的としたものです。財産構築が目的である以上、娯楽や楽しみのための投資にほとんどの資金を使ってしまい、財産を増やすための資金がなくなってしまっては元も子もありません。

株式投資で財産構築もしたいし、娯楽としても楽しみたいという方は、投資用のお金を、「娯楽・楽しみ用」と「財産構築用」にはっきりと分けるといいと思います。一般的に、余裕資金を「貯蓄用」と「投資用」に分けるということはよくありますが、その「投資用」をさらに二つに分けるのです。そうすれば、娯楽や楽しみを目的とした株式投資をしたい場合でも、あらかじめ決めた範囲内で行うことができ、財産構築用の投資に影響することはなくなります。

結論


世の中、楽しいことにはお金がかかります。旅行に行ってもゴルフをしてもおいしいものを食べに行っても、お金を払わなければなりません。株式投資も同じです。楽しむことを目的とした株式投資には楽しんだだけのお金がかかる、つまり損をしても仕方ないということを、忘れないでください。

投資の真の目的は、自分の夢や生活のために財産を増やすことであり、投資そのものを楽しむことではありません。そのためにも、自分の投資資金がどれくらいあって、その資金を「何のために」「いつまでに」「どのくらい」増やしたいのかという目標を立ててみてください。そしてその目標に向かって、財産構築のために負けない投資家への道を一歩一歩進んで行っていただきたいと思います。

無料メールマガジン

イチ押しリポート

今日のマーケット
☆ココが気になる

起業家タマゴの経営イロハ

チャート 〜入門編〜

to top

reviewed by TRUSTe

当ホームページ上の著作権はグッディー株式会社に帰属し、自己の投資判断以外の目的での使用を禁止します。尚、当社が公開しているすべての情報について、当社の許可なく複製・転用・販売・ダウンロードすることを禁じます。本ホームページにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、株式会社野村総合研究所、東洋経済新報社、日本経済新聞社からの情報の提供を受けております。日経平均株価及び日経ジャスダック平均株価の著作権は、日本経済新聞社に帰属します。各種情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。