タイムマシンチャート無料会員登録不要このままソフトを使います

タイムマシンチャートの全体説明

あの時、なんで相場が上がったのか、あの時、なんで相場が下がったのかが分かりますと、投資戦略を立てやすくなります。

同じような条件の相場環境が来たときに、前の時は「どんな相場になったのか」を見る事ができます。

この目的のために作ったもう一つのソフトが「上書き」です。現在の株価指数の動きを固定し、作られた折線グラフを過去に移動する事で、今の相場と同じ動きをしていた過去の相場を探します。そして、ある動作をしますと、そこで折線グラフが固定され、その先の相場を示す機能があるので、過去の場合は「これから先は、こう動いた」という参考データが得られる。

タイムマシンチャートの使い方
動画で説明を見る
  • ソフト概要
  • 機能説明
タイムマシンチャートとは?

日経平均のチャート上で過去のニュースや記録を見ることができるソフトです。

未来を知るには、まず過去を知れといいます。タイムマシンチャートなら、ケンミレが入力した市場が動く原因となった重要なニュースをチャートと合わせて見ることができますので、相場の変動時に何があったのか、自分はどういう行動をしたのかを振り返ることができます。

タイムマシンチャートとは?
チャートと連動した自分専用のデータベースが作れます!

例えば、2012年6月5日の場合「欧州危機で世界の株式市場が下がった時に、緊急のG7電話会議が開催された」と書いておきますと、後で振り返ったときに「どうして、あの時に相場が動いたのか」をチャート上にカーソルを合わせるだけで分かります。

この入力は日々行うことができますので、毎日起こっている何かを書いても良いですし、政治や経済などで重要なことが起こったことや株式市場が大きく上がったときに「なぜ、上がったか」を書いたり、株式市場が下がったときに「なぜ、下がったか」、 株式市場が動かないときに「どうして、動かなかったのか」を書いても良いです。

この自分だけのタイムマシンチャートを2年、3年...と続けていきますと「チャートと連動した自分専用のデータベース」を作ることができ、強力な武器として活用可能です。

チャートと連動した自分専用のデータベースが作れます!
タイムマシンチャートの機能説明

『タイムマシンチャート』の特徴と操作手順を解説します。

『タイムマシンチャート』の特徴と操作手順を解説します。
  • メモを書く
    【メモを書く】ボタンをクリックすると、チャート画面上にメモの入力画面が表示されメモを書くことができます。
【メモを書く】ボタンをクリックすると、チャート画面上にメモの入力画面が表示されメモを書くことができます。

メモを登録すると、チャート上にアイコンが表示されます。メモの修正や削除をする場合は、チャート上に設置されたアイコンをクリックして赤いラインをアイコンに合わせた後、【メモを書く】ボタンをクリックするか、アイコンをダブルクリックすると、メモの編集画面が立ち上がり、修正・削除が出来ます。

メモを登録すると、チャート上にアイコンが表示されます。メモの修正や削除をする場合は、チャート上に設置されたアイコンをクリックして赤いラインをアイコンに合わせた後、【メモを書く】ボタンをクリックするか、アイコンをダブルクリックすると、メモの編集画面が立ち上がり、修正・削除が出来ます。
  • メモアイコン
    チャート上に表示されるアイコンは下記の5種類があります。
ケンミレが入力した重要なニュースです。
自分で入力したメモのアイコンです。4種類あり、この時はこのアイコンという制限はありませんので、任意のアイコンを選択することが可能です。
  • チャート操作パネル
    チャートの移動や拡大縮小ができます。
チャートが古い年月(左)へ移動します。クリックするとボタンが赤くなり、チャートの移動が開始されます。
クリックするとチャートの移動がストップします。
チャートが新しい年月(右)へ移動します。クリックするとボタンが赤くなり、チャートの移動が開始されます。
クリックするとチャートが拡大表示されます。
クリックするとチャートが縮小表示され、大きい期間での動きを確認することができます。
クリックすると最新の日付(今日)に移動します。
  • 移動機能(赤い線)
    この赤線をドラッグしながら移動することでチャート上の日経平均のデータを確認したり、メモの記入日の指定ができます。赤い線の上下についている矢印をクリックすることで赤線が1日分づつ移動します。
  • 表示日
    (4)の赤い線で指定したチャート上の現在日と、その日の日経平均のデータを表示します。
  • 移動平均線
    【移動平均線の表示】ボタンをクリックすることで、チャート画面に移動平均線(緑:25日、黄:75日、赤:200日)を表示/非表示することができます。
  • チャートの表示範囲
    チャート画面で表示されている日経平均の年月や表示期間が一目でわかります。青い領域はマウスでドラックすることができ、ドラッグしたまま左右に動かすことで表示時期を変更することができます。
チャートの表示範囲
このままソフトを使います
割安銘柄探しソフト
投資一貫システム
投資の武器