割安インデックスマップ無料会員専用ソフトログインしてソフトを使う

このソフトは目で見て、「今、何が買われているのか」「大きく下っているインデックスは何か、銘柄は何か」が分かるソフトです。

ハイパーインデックスが一つ一つ細かく分析して行って、買いたい銘柄を決めるソフトであるのに対して、目で見て割安なインデックスを探し、さらに割安なインデックスの★をクリックしますと「割安な銘柄」が表示されます。

ハイパーインデックスはいいが、面倒臭いという投資家向きのソフトです。

このマップは左から右に移るに従って、動きがゆっくりになる事を示し、下から上に移動するに従って、割高になっている事を示します。

◆左下にあれば「動きは速いけれど、今現在は超割安になっている」事を示します。
◆左上にあれば「動きが早く、しかも割高になっている」事を示します。
◆右下にあれば「動きはゆっくりしていて、しかも割安になっている」事を示します
◆右上にあれば「動きはゆっくりしているが、現在は割高になってている」事を示します。

買うのであれば「左下にあるインデックスをクリックして、出てきた個別銘柄から左下にある銘柄群をチェック」して買いたい銘柄を探します。

空売りするのであれば「左上か右上にあるインデックスをクリックして、出てきた銘柄の中から表の上にある割高な銘柄」を探します。

動画で説明を見る
  • ソフト概要
  • 使い方
  • 絞り込み条件設定の使い方
割安インデックスマップとは?

株式投資の基本は、安い時に買い、高い時に売ることです。
つまり、「相場が割安になったとき」に「割安な業種」や「割安な銘柄」に投資をすることが、一番リスクの低い投資手法になります。
そうなると今の相場や銘柄が何をもって割安(割高)かどうか、どう判断すればいいのでしょうか。

1番わかりやすい方法は、チャートを見て株価が大きく下がっているかどうかをチェックすることですが、株式市場に上場している銘柄はとても多いため、すべてのチャートを自分の目で見て確認することは大変です。
しかし、ばらばらに動いているように見える個々の銘柄の株価は、実は「同じ業種」や同じ事業を行っている企業群」や「同じテーマ」の銘柄で、一緒に上がったり下がったりしていることが多いです。

そこでケンミレは、このような「株価が同じように動くグループ(ケンミレでは「インデックス」とよんでいます)の中から割安になっているグループを見つけ、さらにその中から割安な銘柄を探す、という方法を開発しました。

割安インデックスマップでは、コンピューターが427個のインデックスのチャートをチェックして、自動的に株価水準が割安か割高かを分布図で表してひと目でチェックできます。

割安インデックスマップの使い方

『割安インデックスマップ』の特徴と操作手順を解説します。

『割安インデックスマップ』の特徴と操作手順を解説します。
  • (1) 過去1カ月の動き
    ソフトを立ち上げた際に、インデックス別マップ上では過去1カ月の分布推移を表すアニメーションが表示されます。【過去1カ月の動き】をクリックすると、そのアニメーションを再度確認することができます。
  • (2)インデックス別マップ
    ★の大きさが大きければ大きいほど含まれているインデックスの数が多いです。 インデックス別マップの操作手順を解説します。
    • Aゾーン ◆左上 「動きが早く割高になっている」事を示します。このゾーンに含まれるインデックスは、短期期間で急騰し、現在も株価の水準が割高であるということなので、いつ下がってもおかしくない、という見方ができます。

    • Bゾーン ◆右上 「動きはゆっくりしているが、割高になっている」事を示します。。ゆっくりと上昇したインデックスなので、下がるときもゆっくり下がる可能性が高いです。時間がない投資家でも十分に対応できるインデックスである、という見方ができます。

    • Cゾーン ◆左下 「動きは速いけれど、割安になっている」事を示します。 大きく上昇したあと、短期間で大きく下がったインデックスなので、リバウンドする可能性が高いと考えられます。株価の動きが激しいため、市場をいつもチェックできない投資家が投資すると売りそびれてしまう可能性もあります。

    • Dゾーン ◆右下 「動きはゆっくりしていて、しかも割安になっている」事を示します 大きく上昇したあと、時間をかけてゆっくりを下がり株価が割安になっているインデックスです。ゆっくり上昇して、ゆっくり下落しているインデックスなので、再び上昇してもゆっくりとした相場になる可能性が高い、という見方ができます。

  • (3) 個別銘柄別マップ
    (2)で☆を選択すると、選択したインデックスが採用している銘柄を対象にした分布図が、このエリアに表示されます(星の大きさ、位置の意味は(2)と同様です)。
    ☆をクリックして【選んだ個別銘柄の一覧を見る】をクリックすると、抽出銘柄の「絞り込み条件設定画面」が起動します。絞り込み条件設定画面の解説へ
  • (4)やり直すボタン
    クリックすると、インデックスの選択が解除され、個別銘柄のマップは空になります。
絞り込み条件設定の使い方

絞り込み条件設定の操作手順を解説します。

絞り込み条件設定の操作手順を解説します。
  • 予算を選ぶ[投資金額]
    今回の予算を選んでください。選んだ金額の範囲で買える銘柄を抽出します。手持ちの投資資金をすべて使うのではなく、何回かに分けて投資をしましょう。金額は[売買単位×株価]で計算されます。
  • 市場を選ぶ
    注目している市場にチェックを入れてください。東証一部や日経225には、比較的有名で、値動きの緩やかな銘柄が多く含まれます。 JASDAQやマザーズには、値動きの激しい新興銘柄が多く含まれます。
  • 値動きのタイプを選ぶ
    値動きが小さい会社は、時価総額が大きい会社が多く株価が安定している銘柄です。値動きが大きい会社は、過去に大きく値上がりした事がある会社で株価が安定せず、大きく上がる可能性が高い銘柄です。
  • 危ない銘柄を除外する

    はじめは4つの項目にチェックが入っています。損するリスクの取れる方は、各項目の意味を理解した上で、除外したくない項目のチェックを外して下さい。

    注意
ログインしてソフトを使う
無料会員ソフト