買いタイミング診断の使い方

買いタイミング診断の全体説明

このソフトはどんなソフトかといいますと「買いタイミング指標の最適日数「最適日数=過去のタイミングでは一番勝率が良か最適った日数」を使って、今日の数値を計算します。

そして、今日の数値で勝った時の「過去の勝敗」を計算します。つまり、今日の数値で勝ったとしたら、過去では何勝何敗だった」という勝敗を表示し、さらに最適数値に近い時の勝敗も費用自します。

たとえば、RCIの最適数との日数は18日ですから18日でRCIを毎日計算します。そして、毎日、その数値の勝敗を表示しますので、売買の参考にはなると思います。

しかし、売買タイミング指標を使って投資するまでの信頼性は有りませんので、参考にとどめてください。

買いタイミング診断の使い方
買いタイミング診断の機能説明

『買いタイミング診断』の特徴と操作手順を解説します。

買いタイミング診断!
  • 銘柄選択方法
    診断したい銘柄を選択します。無料版ではケンミレが厳選した18銘柄について買いタイミングの診断が行えます。 ※有料版では、自分で選んだ銘柄の買いタイミング診断が行えます
買いタイミング診断結果画面

診断結果は下記のようになります。

買いタイミング診断結果画面
  • 診断方法
    コンピューターが対象銘柄を診断するのに最も適したテクニカル指標で診断いたします。
  • 最適指標の推移と診断結論
    テクニカル指標からの診断結果を表示します。
    ※この診断結果は、あくまでも過去の実績を参考した判断であり、将来の株価を保証するものではありません。かならずチャート(有料ページなら個別銘柄情報なども)を分析してから、最終的な判断をしてください。
グラフの見方
  • 水準別過去の成績表
    現在の水準と最適な水準からみる、過去の成績と勝率を表示します。
割安銘柄探しソフト
投資一貫システム
投資の武器
▲ 上に戻る