トップお知らせ★本日16日、午後6時に新しい無料サイトをリリースしました。

お知らせ

★本日16日、午後6時に新しい無料サイトをリリースしました。

2017年11月16日 掲載|過去のお知らせを見る

今回の無料サイトは、12年ぶりに「森田」と「新しいデザイナー」の合作で作りました。コンセプトは「新しい投資を社会に浸透させるためのサイト」です。

どんなサイトになるかですが、少し長くなりますが「無料で、何ができるのか」について書きましたので、見てください。新しい武器を探している方は「印刷」して、通勤電車かトイレかお風呂で読んでください。

1.読み物としてのIPO投資 どうせ当たらないと思って、ほとんどの投資家は公募に応募していないと思います。そこで本当にIPOの公募投資は当たらないのかを実践で行い、その感想レポートを書いています。

2.IPOの初値投資 公募投資はほぼリスクがないので、行っている人もいると思いますが、IPOの初値投資は「IPOが高値で寄り付くので、怖くて買えない」とほとんどの投資家は「買えないし、買わない」と思っているのではないか。

初値投資ならば、公募に当たらなくてもIPO出来ますので、勝率80%以上を求めて、「IPO初値投資」のノウハウを確立させるために作ったコンテンツです。初値投資のノウハウが確立できましたら使って下さい。

3.無料で使えるソフトに付きまして

  • (1) 銘柄探しソフト 割安株を探すソフトを二つ用意しました。ともに、まず割安なインデックスを探し、割安なインデックスが見つかったら、そのインデックスに採用されている銘柄のなかから「割安な銘柄を探して投資する」という方法です。

    ハイパーインデックスは、丁度良い押し目まで下落しているインデックス(インデックスごとに押し目率を表示)を、押し目率で探すソフトです。

    割安インデックスマップというソフトは、左側の正方形の図形の中から「割安な位置にあるインデックスをえらんで、クリック」します。そうしますと、右側の図形から「割安な銘柄群が★で表示」されますので、割安と思われる★をクリックしますと、その位置にいる銘柄全てが抽出されます。

    その中から「項目を見て、買いたい銘柄を探す」というのが、この二つのソフトです。つまり、押し目率から割安なインデックスを探す方法と、図形を目で見て割安なインデックスを探す方法の二つです。
    何故、割安なインデックスから探すのかと言いますと、インデックスを探し、インデックスに採用されている銘柄を探すほうが面白いし、分かりやすいからです。

    (2) 投資一貫システム ハイパーインデックスか割安インデックスマップで、割安なインデックスをさがし、そのインデックスに採用されている銘柄から割安な銘柄を探し、高機能チャートUで買いたい価格をきめたら、投資一貫システムを使って売買してください。

    まず、銘柄と買いたい株価を「買いたいシグナル」に入力してください。買いたい株価まで「あと3%」になりましたら、PCか携帯にメールでお知らせします。

    そして、無事に買いたい株価で買えたら、今度は「売りたいシグナル」に登録してください。
    売りたい株価まで後3%になりましたら、再びPCか携帯にメールでお知らせします。

    そして、無事売り切れたら「売買履歴」に登録してください。この登録で「新たに二つのサービス」を受ける事が出来ます。

    一つは、何回か売買したことがある銘柄であれば、銘柄を買いたいシグナルに登録しますと(以前に売買したものでもOK)、自動で相性診断を行って一覧表に表示します。

    もう一つは、自分の売買をチャートで見る事が出来る機能です。売買した銘柄を売買履歴に登録しますと(以前に売買したものでもOK)、その銘柄のチャートを開けば、どこで、幾らで買い、何処で、いくらで売ったという履歴が表示されます。この表示を見て、自分が勝ったのは「買うタイミングが良かったから」とか、自分が負けた時は「高値で買っていたから」という事が客観的にわかります。

  • (3) 高機能チャートUの使い方が分かります チャートにはお金が落ちているとケンミレは言い続けていますが、それはチャートの使い方が分かればという条件が付きます。
    そこで今回、無料で提供するチャートについて、どんな機能があるのかを動画とレポートで解説しています。

    チャートのケンミレでは、どんなチャートソフトを提供しているのか、一度ご覧ください。
    へえーと思う事が沢山あるのではないかと思います。

  • (4) ケンミレの二大チャートソフトは「ケンミレ抵抗ライン」と「波動ライン」です。そのひとつである波動ラインを今回、無料で提供します。提供する波動ラインは「短期波動ライン」「年4回波動ライン」「長期波動ライン」の三つの波動ラインです。

    波動ラインとはどんなソフトかと言いますと、第一の機能は「買いタイミングを探す」機能で、第二の機能は「その銘柄が持っている上昇力を探す機能」で、第三の機能は「抵抗ラインを引く時の参考データとしての機能」です。

    詳しくは、無料で提供する投資ソフトのコンテンツの解説をご覧ください。

  • (5) コロンブス・エッグ投資とは、どんな投資方法なのかについて「動画」と「レポート」で説明していますのでご覧ください。たぶん、ケンミレが世界で初めて作った投資手法だと思っています。
    また、会員の方からは「ロールプレイング・ゲームのようで、とても面白い」という評価をしてもらっています。これはコロンブス・エッグ投資ソフト開発のコンセプトのひとつでしたから、言われてとてもうれしいものでした。

  • (6) ランキング 今回、投資ソフトのように使えるランキングを作ろうと思って作りました。ランキングは三つに分かれます。
    一つは「あったら知りたいランキング」で、もう一つは「普通に知りたいランキング」、そして最後は「ランキング一覧」です。

    特に、「あったら知りたいランキング」は、このランキングを見て割安株投資ができる、このランキングを見て、相場転換の参考になるというコンセプトが裏側にあります。

    投資の武器として使ってみてください。

    ◆どんな武器
    1.全値押しから1/3押しまでの押し目率ランキング
    2.大きく出来高が変化したランキング
    3.大きくPERが変化したランキング
    4.空売り残高比率ランキング
    5.空売りに使う移動平均線上方乖離率ランキング
    6.底値買いに使う移動平均線下方乖離率ランキング
    7.信用残高の変化額ランキング
    8.連続して続いている騰落率ランキング