トップチャートの使い方 効率化のカギは「デカチャート」

効率化のカギは「デカチャート」

効率的に銘柄選びをするには?

デカチャートは表示速度が非常に早いことが特徴です。沢山の銘柄を短い時間でチェックすることができます。

買いたい銘柄を選ぶ時に、沢山の銘柄をチェックした方が、儲かる銘柄を探せるチャンスも増えます。しかし、1銘柄ずつじっくり分析するのはとても時間がかかるため「まず初めにぱっと見ていいな!という銘柄だけをピックアップ」して、その後で、ピックアップした銘柄を細かく分析することで、効率的に銘柄選びができます。

銘柄選びのコツその1: パッと見て1秒で判断する

デカチャートでは、1銘柄ずつ細かく見ないことがコツです。
パッと見た時に「良いかもしれないけれど、分からないな」と思った銘柄は、思い切って無視しましょう。

パッと見て判断するためには「テーマを絞ってチェックする」と分かり易くなります。
例えば

・「新ケンミレ抵抗ラインに近付いているチャートだけをピックアップする」
・「波動ラインが水色(下落波動)のチャートだけをピックアップする」

というように、視点を絞るとよいでしょう。

「良い形のチャート」「悪い形のチャート」を知っていれば、より速く銘柄をピックアップすることができます。もし良い形のチャートを知らなければ『新ケンミレ流良いチャート・悪いチャート』シリーズで学ぶことができます。

例1)新ケンミレ抵抗ラインに近付いている銘柄だけをピックアップする

例2)下落波動ライン(水色)が引かれているチャートだけをピックアップする

⇒ デカチャート4画面の表示方法はこちら

銘柄選びのコツその2: いいなと思った銘柄は「仮保存」する

「いいな」と思った銘柄をすぐに細かく分析すると、効率的ではありません。まずはピックアップする作業だけに専念しましょう。
良いと思った銘柄は「銘柄仮保存」にチェックを入れていき「仮保存一覧」をクリックすると、チェックマークを入れた銘柄の一覧が表示されます。

詳しく分析するには、一覧表のデータを見たり、高機能チャートUを使います。

高機能チャートUで分析して、いよいよ「良いチャートだな」「下がったら買いたいな」と思ったら「マイストックリスト」に登録し、次のステップに進みましょう。

※マイストックリストは新ケンミレ会員専用の機能です。

■効率的な銘柄選びのステップ


銘柄選び以外の使い方 : 相場の転換点を分析する

相場の状況を知ったり、相場の転換点を分析するときには、様々な指標をチェックします。
その際にも、デカチャートが活躍します。

指標を選ぶで「指標」を選択 「日経平均株価」「先物株価」「TOPIX」「単純平均」などがチェックできます。
指標を選ぶで「市場別規模別」を選択 東証一部、二部、JASDAQ、マザーズ別に、小型株、中型株、大型株のチェックができます。
指標を選ぶで「業種別インデックス」選択 東証一部、二部、JASDAQ、マザーズ別に、業種別のチェックができます。

例えば、上昇し続けている業種、横這いになっている業種、下落調整している業種の数を調べるだけでも、今、株式市場は下落調整しているのか、まだまだ調整が足りないのかとか、今はどんな業種や市場が物色されているのかが分かります。

※新ケンミレ会員、チャート会員の機能です。

チャート画面右上部分です。
呼び出し機能で、「指標を表示」をクリックして、指標のチャートを呼び出します↓

デカチャートの操作ガイド

1.まず初めに、デカチャートを表示させてみましょう

高機能チャートU⇔デカチャート
高機能チャートU⇔デカチャート

デカチャート1画面 ⇔デカチャート4画面
デカチャート1画面 ⇔デカチャート4画面

デカチャート4画面⇒高機能チャートUを表示

2.次に、4画面デカチャートの各種機能を紹介します

画像をクリックして拡大
4画面デカチャートの各種機能を紹介