トップチャートの使い方 チャートの使い方 『チャート(類似比較チャートU)の操作方法』

チャートの使い方 『チャート(類似比較チャートU)の操作方法』

≫動画での操作方法はこちら

チャート(類似比較チャートU)の操作方法

複数の銘柄の値動きを、過去の株価を同じ(すべて100)にして比較するチャートです。同業種同士で先行・出遅れの関係になっている銘柄や、片方が上がると片方が下がるといった関係になっている銘柄が見つかれば、投資タイミングを考える際の参考になります。

また過去の株価を同じにして同時にチャート表示していますので「この業種の中ではどの銘柄が大きく上昇しやすいのか?」などもチェックすることができます。

チャート(類似比較チャート)の操作方法


(1) 機能ボタンエリア

■期間(左端が類似比較の基準日となります)
チャートの表示期間を指定できます。左のプルダウンメニューで表示期間を選択します。選択した以外の期間や細かい日時指定をしたい場合は、右の入力欄に半角数字で年月日を続けて入力してください(例:2014年1月1日→20140101)。
日付入力後、Enterキーを押すか入力欄横の「表示」ボタンを押すことでチャートの表示期間が切り替わり、表示期間の左端の株価が100として描画されます。株価を100とした日付を「基準日」として赤字で表示しています。

表示期間


■日足/週足/月足
プルダウンメニューから「日足」「週足」もしくは「月足」を選んで表示することができます。

■保存/クリア
別の銘柄を見たり、一旦パソコンの電源を切ったあとで次回利用するときでも、一度設定した条件を保持しながらチャートチェックを行うことが出来ます。

【保存】ボタンが黄色の状態は設定が保存されている状態です。表示設定を変えてその設定を保存したい場合には、その度【保存】ボタンをクリックしてください。【クリア】ボタンをクリックすると設定は保存されていない状態になります。

保存/クリア


(2) 銘柄データエリア

表示銘柄一覧
類似比較チャートでは、同じチャート画面上に最大10の銘柄/指標を表示・比較させることができます。表示対象となる銘柄やリストはこのエリアに表示され、先頭についているチェックを外すと、画面上から該当項目のグラフが消えます。

表示銘柄一覧

銘柄名、指標銘の横についている【チャートアイコン】ボタンをクリックすると、該当銘柄/指標の高速チャートが別ウィンドウで表示されます。

表示銘柄一覧


マイストック登録
クリックすると現在チャートに表示している銘柄だけを『マイストック・リスト』へ登録できます。『マイストック・リスト』は具体的な買い値を決めなくても登録できますので、ちょっと気になる銘柄や、あとで細かくチェックして見たい銘柄なども登録しておき、忘れてしまわないようにしましょう。『マイストック・リスト』は、細かくチェックをして買いたい「目標株価」とその少し上に「予告株価」の『2つ』が登録できますので「このくらいまで下がったら買いたい」「ここまできたらもうそろそろだと予告してほしい」というように使い分けてみてください。

マイストック登録


(3) 表示期間・表示時期の設定

チャート下の2つのスクロールバーで、チャートを表示する期間を自由に変更できます。下のスクロールバーを左に動かすと表示期間を短く、右に動かすと表示期間を長く表示されます。上のスクロールバーは、表示時期をずらして表示することができます。

表示期間・表示時期の設定


(4) 検索・表示結果エリア

銘柄/指標の検索結果が表示されます。各銘柄/指標の先頭にはチェックボタンが付いていて、チェックをつけることで類似比較チャートの画面上に表示されます。「最大10銘柄まとめて設定」にチェックを入れると、その下にある10項目にまとめてチェックを入れて表示させることができます。

チェックをまとめて解除したい時は、検索結果上部にある【一括クリア】ボタンをクリックすると、すべての項目のチェックが解除されます。

検索・表示結果エリア

次は「高機能チャートU」で使える設定画面の解説に進みます。