トップM氏の新進気鋭レポート

M氏の新進気鋭レポート

≫バックナンバーを見る

2019/07/19 20:50

10 pt すごくいいねいいね

★明後日行われる参議院選挙

7/18の共同通信の発表によりますと、政党支持率は自民党が33.8%を獲得し、ダントツのトップでした。2位の立憲民主党は9.1%しか獲得できていないので、おそらく自民党だけで過半数の議席を取る事は容易に想像できるシナリオでしょう。

しかし、公明は5%、維新の会は4.4%の支持率しか獲得できていないので、自民、公明、維新の会を合わせたとしても、総議席数の2/3以上を取る事はギリギリといったところで、憲法改正への道のりは険しいものになりそうです。

しかし、いざ憲法改正となりますと、日本は名実ともに軍隊を持つ国となるでしょう。
これが良いか悪いかを論じるつもりはありませんが、タカ派の安部総理がここまで憲法改正に固執する理由は、2020年が戦後75周年であり、何かしたかったのかもしれません。

共産党の志位委員長は選挙の演説で、日本の景気は回復していると述べていました。
しかし、実際はアベノミクスが終わり、米中経済戦争の影響で世界経済が縮小し、今後経済指標が悪化すると思われるのに、どうして自民党の肩を持つのかが理解できません。

しかし、株式相場は下がっていません。7/18はおよそ400円の大幅安でしたが、今日の相場はそれを打ち消すように420円高で終わりました。

本当の天災とは、皆が安心し、忘れて来たあたりに起こりますので、多くの投資家がこれからもっと上がると思ってきた時こそが転換点への始まりになります。

目先の材料として、多くの投資家たちが21日の参議院選挙に注目していますが、注目すべきポイントは2つで、1つが「自民党の単独過半数確保か否か」、もう1つが「自民、公明、維新で総議席の2/3以上を獲得できるか」になります。

もし、自民党が単独で過半数を確保できなかった場合、風向きが変わるかもしれません。

★7/18の「板の使い方セミナー」について

セミナーはいかがでしたでしょうか。ずいぶんと久しぶりのセミナーだったようで、多くの会員様にご参加いただけたのではと思っています。

私は今年の4月に入社したばかりなので、セミナー自体は初めての挑戦でした。上手く森田をサポート出来たか不安ですが、ひとまずは成功だと感じております。

もし、リアルタイムでご参加できなかったという方がいましたら、すでに会員ページにアップロードされていますので、ご確認ください。

今後も、お客様の為に努力してまいりますので、新進気鋭のM氏をよろしくお願いいたします。


2019/07/16 18:58

21 pt すごくいいねいいね

★トランプ大統領の錯覚をトランプ大統領が知る

ここにきてトランプ大統領の戦術が機能しなくなってきています。
今まで、トランプ大統領は米国の軍事力を振りかざし、少し脅せば「世界」はトランプ氏の思い描いた方向に進んでいっていました。

しかし、イランとの緊張関係の中で、トランプがいくら脅しをかけても、イランはまったく動じていません。6/21にトランプ氏が無人機による爆撃を作戦開始直前に中止したというブラフも特に実を結んだわけでもなく、7/14のイスラム共和国通信にて「イランとアメリカの交渉はいかなるレベルでも行っていない」と言う事が明らかになりました。

北朝鮮にしても、昔は本気でアメリカに攻撃されるのではと思っていた金委員長も、首脳会談で「トランプ大統領は口先だけ」と思ったのか、態度を一変させ、6月末に行われた首脳会談のわずか3日後には緊張状態に逆戻りする結果となりました。

この状況を見れば、トランプ氏が多用して来た米国の軍事力を背景とした「脅し」が機能しなくなってきている事は一目了然であると言えます。ここで、トランプ大統領が切れて本気で戦争を始めるのかは分かりませんが、少なくとも見た目と言葉で人を脅す事は「気が小さい人」がする事なので、トランプ大統領は実は気が小さい人なのかもしれません。

本来トップとは、部下に対し一定のマージンエリアを作り、その部下がトップの方向に向くように戦略を取るのですが、トランプ氏にはその余裕がなく、気に入らない人がいれば我慢できず、すぐにクビにし続けてきました。気の小さいトランプ大統領が実際に戦争のスイッチを押す覚悟が出来るとは思えませんが、今一番の脅威は彼自身かもしれません。

◆米国が利下げを行うと言う期待感、米国の景気が悪化しているという材料、世界の不安定な情勢など、現在の異常には中途半端な材料が沢山あり、今の株式相場には「書いて」も「売り手」もいなくなってしまいました・
つまり、今の相場は、新しい材料待ちの膠着状態にあるという事が言えると思います。

転換点投資をする人にとって、このような事はドラマとして見ていれば良いのです。「この次どうなるんだ」というような予想は一切しなくて良く、ただ頭の片隅に置いて見ていれば良いのです。重要なのは、ドラマの急展開を見逃さず、相場が大きく下がった時、そろそろ上昇しそうなタイミングでプラチナ銘柄を買うという事だけです。

余裕を持って投資に対応できるのは転換点投資だけだと思いますし、長く勝ち続けられるのもこの転換点投資だと思っています。


2019/06/28 18:31

67 pt すごくいいねいいね

★転換点に向けたケンミレ・アイ劇場が始まります。

森田は6/14に投稿した「転換点は何時、来るのか」というレポートで、これからの株式市場が上がるのか、それとも下がるのかについて書きましたが、当時はまだ方向性を判断している段階で、具体的な投資戦略を考えるには早すぎたので、結論は出しませんでした。

しかし、6/18に習国家主席とトランプ大統領が電話会談したというニュースから、期待感が高まり、6/18のダウは前日比+353ドル、6/19の上海総合は前日比+27,640ポイントとなっています。そして日経新聞が、米中貿易協議が事務レベルで再開されたというニュースを出した6/24には、ダウが26,806ドルを付け史上最高値に挑戦しました。しかし、米国経済はすでにピークアウトしており、今の株価は実経済と乖離していると言えます。つまり、どこかで投資家が正気に戻ると、ダウは急落する可能性が高いということになります。

しかし、現在の市場の空気感として、米中首脳会談が成功しそうだと見切り発車で買いが入っています。

◆トランプ大統領と習近平主席の立ち位置の違い
トランプ氏は来年11月の大統領選挙に出馬する事はすでに表明しており、共和党の代表もトランプになるであろうと言われています。しかし、トランプ氏が再選を果たすためには、大統領選挙に勝つためのアクションをとり続けなくてはならず、直近の米中首脳会談で結果を出さなくてはならないという立場に追い込まれています。
一方、習主席にはそのようなプレッシャーはなく、中国は一党独裁なので多少失敗しても退陣まで迫られる事はほとんどありません。ましてや、政治の世界では「政治家の利益が経済より優先される」ので、米国の政策により中国経済が一時的に悪化しても我慢出来るので、習主席にとって結果を急ぐ理由はどこにもありません。
つまり、結果を出したいトランプ大統領とどっちに転んでも構わないと思っている習主席という構図が見えてくるので、この戦いは初めから習主席に軍配があがると考えています。

現在の市場は、この会談が成功する事を期待して上昇しているだけなので、彼らの予想と反して失敗に終わると、大量の失望売りが出て、その売りがさらに売りを誘い暴落を招く展開になる可能性が高いと考えています。

ここで、リバウンド狙いの買いが入るはずで、本当の勝負はここからの投資戦略にかかっています。いずれにしましても、週末の米中首脳会談と来週の株式市場には非常に注目すべきです。

◆この投資環境で、投資家が取るベき戦術は
ここから先は会員向けになります。
無料メルマガ会員になりますと、今週の金曜日までに申し込んだ人は「レポートの続き」がメールで送られてきます。

メルマガ会員の登録はこちらから
http://www.miller.co.jp/mailmagazine/index.html?_hps=off&from=tl06_mail_invitation20171031_link04


2019/06/25 19:13

28 pt すごくいいねいいね

日経平均は昨年の10月頭に24448円の高値を付けてから、10月下旬の一段下げ(14.3%)、12月の二段下げ(16.6%)が終了し、現在はそのリバウンド相場となっており、6/14の寄り付きでも何とか21000円の大台をキープしているという状況です。

米中貿易戦争とトランプ大統領の無茶ぶりにより、世界経済が混乱しており、おそらく、世界中の人達が彼の戦略を知りたいと思っているでしょう。しかし、ケンミレは予想しない投資手法なので、大きな下げが来るまで待ち、時が来たら動き出すだけなので、特に知りたいとは思いません。現在はこの三段下げを待っている段階ですが、この下げは前のものと比べ、より大きな下落になる可能性が高く、こちらの転換点には期待が高まります。

今年の4月頃、転換測定ソフトで全ての市場がピンクか赤(高値圏の時)で、日経平均も高値圏にいる時、転換予測ソフトでは全ての株価指数の銘柄も底値圏付近に張り付いました。
当初、2つの転換ソフトと日経平均の動きがマッチしない事が不思議で、プログラムの計算やり直しました。その結果、2つの転換ソフトに間違いは見られませんでした。残る原因は日経平均自体に問題があるのではと考え、最終的に「日経平均株価は日本市場の実態を示してはいない」という結論に至りました。ですので、日経平均は上がっているのに、自分の保有銘柄は下がっているという現象が起こっているのです。

◆では、どうやって転換点を見つけるのか
 ここからは会員専用となります。ここから先のレポートに興味のある方は「無料メルマガ会員に登録」してください。

http://www.miller.co.jp/mailmagazine/index.html?_hps=off&from=tl06_mail_invitation20171031_link04


2019/06/18 09:30

84 pt すごくいいねいいね

はじめまして、今年の4月に入社いたしました、新人のMです。よく、弊社へ電話でのお問い合わせをしてくれる会員様は、もしかしたら私の本名を知っているかもしれませんが、ここではM氏というペンネームを使わせていただきます。まだ初めなので、会長のレポートを少し分かりやすくして、掲載することが多くなると思いますが、時を経るにつれて、どんどん内容が濃くなっていくと思いますので、御辛抱ください。

さて、今回このレポートを書くきっかけとなったのが、学生時代からの塩漬け株の解消でした。私は大学時代からNISAで現物の取引をしており、出だしは順調だったのですが、去年の10月に購入した銘柄が下がりに下がり、最低で購入単価の60%程まで下落した時もありました。ここまで行くと損切りをする気も起きず、結果、塩漬け銘柄となりましたが、やっと株価が戻ってきて、今日少しの利益で売却してしまいました。転換点前に少しでも、再投資のための資金を回収出来た事は、とても幸運だったと思っています。今は、やっと売れたという開放感と共に、その銘柄の株価が上がってほしくないという思いも心のどこかにあります。これは誰もが思うことだと思いますし、人間の本能そのものであると思います。しかし、これをケンミレに言わせると、負け組がする事で、勝利への障害となります。株式市場で勝つには、確実に利益を獲得することが必要であり、そのためには、売る事が必要です。その売りの決断をコントロールする方法は、売った後に株価が上がって当然だという事を意識するという事です。その銘柄が売れたのだから、誰かが買っており、株価が上がるのは当然であるという考え方です。そうすれば、余計なプレッシャーから解放され、売る決断が簡単に出来るようになります。まだ私もこれを意識している段階なのですが、なるべく早く意識しないで、欲望のコントロールが出来るようになりたいと考えています。

今後、レポートで私の投資家遍歴を時折述べたいと思いますが、
もし、ご興味があれば「よい」ボタンを押してください。
それでは、新進気鋭の新人をよろしくお願いします。


2019/06/12 20:57

31 pt すごくいいねいいね

★TBSでAI特集を組んでいました

6/4 のNEWS 23という番組の中で、孫正義さんと脳科学者の茂木健一郎さんが、AI について議論をしていました。その議論とは、感情を持つAIを作れるのかどうかというものでした。孫さんは作れると主張していましたが、茂木さんは反対の意見だったようです。というもの、AIに前例のない事はできなく、膨大なデータから最適化し、アクションを決定するAIには、サービスマンが非常識な客に対しても快く接するといったような、実際に思っている事とは反対の間違った事はできないというものでした。

今年の新卒説明会で、森田は「ほとんどの仕事がAIによって奪われるが奪われない仕事もある」と言っています。それはどんな職業かというと、広報のような環境に即応し、最も効果の高いアクションを起こす職業やデザイナーや新世代投資など、クリエイティビティが求められる、これまでになかった頭の使い方をする職業もAIには出来ないと言えます。

実は、森田は2003年の時点でAIについて大学院教授との会食で話し合っていました。具体的には、人間の感情をソフト化できるのか否かという話題でした。当然、彼らは興味を持ちました。そこで、森田が人間の感情で最も分かりやすいのが「欲望」と「恐怖心」であると言うと、彼らは人間の欲望と恐怖心を使ったソフトは出来ないと言いました。ですが、その時に森田が「集団の欲望と恐怖心ではどうだ」と言うと、それなら可能かもしれないと彼らは言っていました。

ケンミレの投資ソフトは人間の欲望と恐怖心から生まれていますが、この2つの感情が最も表れるのが株式市場であります。儲けたい、損をしたくないという感情が限りなく表に現れ、それらが生む行動には一定の法則があることを発見しました。
それを元に生まれた第一のソフトがドナアブディアスという先物投資専用のソフトでした。2009年のリリース以降の単純な勝率は、90%をマークし、森田個人では99%の勝率を確保しています。このソフトはエグゼが厳正な審査をし、その審査に通過した投資家のみが入会できる先物会員にのみ提供しています。
第二のAIソフトはコロンブス・エッグ投資ソフトです。これをケンミレでは、次世代投資ソフトと呼んでいますが、何が次世代なのかと言いますと、現在の投資手法とは180度違う投資手法を考案し、その投資手法に基づいて作った投資ソフトだからです。
6月中にコロンブス・エッグ投資Ver.Vが完成しますが、これにより株ソフトの第一段階は終了となります。


2019/06/10 10:22

24 pt すごくいいねいいね

◆◆KEN&BRAINSが定めた転換予測ソフトにおける10の指数の役割と目的、対象投資家について

1、 全市場
 まず、こちらではJPXに上場している全ての銘柄から、相場を判断するに適切ではない銘柄(出来高の少ない銘柄など)を除外し、残りの銘柄の株価水準を示しています。
この指数の役割は、まずマクロの視点で相場全体の動きを見ることで、自分が投資しようとしている市場が、全体と比べて人気なのか、先に上昇に転じているのか、などを判断するための基本的な情報を与えてくれるという事です。

2、 東証一部全部
 この市場での転換予測も、自分が投資しようと思っている対象市場を比較・検討するための基本的な情報を与えてくれるものになります。ただ、全市場より少しミクロ目線で見て、東証一部に対して、自分が注目している市場がどうなのかを判断するために使用します。

3、 東証二部全部
 この市場での転換予測では、上の二つの市場と比べて、東証二部はどういった動きをしているのかを、株価指数ではなく、上場している銘柄の株価水準から判断することができます。過去に遡り検証することもできるので、全体と比べて先行する傾向があるのか、それとも連動しているのか、たまにしか連動しないのかなど、様々な投資で勝つための好奇心を満たしてもくれます。

4、 JASDAQ全部
 一般的には、東証一部がメインで、東証二部はわき役と考えられており、そのわき役よりもパフォーマンスが良いとされているJASDAQ市場の状況を見ることができます。また、過去の動きを見ることで、急騰や急落のタイミング、もしくはジリ高・ジリ安のタイミングなど、JASDAQ市場の実態を掴む事ができます。さらに、マザーズとも比較することで、どちらを投資対象市場にするかを決める上での判断基準も与えてくれます。

5、 マザーズ全部
 射幸心を持つ投資家に最も人気があるのがマザーズであり、値動きが激しく、最も儲かるのもマザーズ、最も損するのもマザーズです。つまり、数ある市場の中で、リスクとリターンが一番大きい市場であるという事が言えます。
市場を判断する上で、マザーズ指数を初めとした株価指数がありますが、これは数字を見るものであり、市場の実態を見ることはできません。ですので、株価指数が下がったから投資するのではリスク回避になっていません。リスクの高い市場に投資しようとしているのですから、この市場に上場している銘柄の株価水準が大きく下がった時まで辛抱強く待ち、その時に限定して投資すれば、リスク管理になり、より安全で大きなリターンを得ることができます。

転換予測ソフトでは「5段階チェック」と「13段階チェック」の2つのチェックができます。まず、5段階チェックで市場のマクロの動きを確認し、次に13段階でチェックすることで、細かな個別銘柄の株価推移を見ることができます。このチェックを続ける事ができれば、「今が買いチャンス」というタイミングが分かってくるようになります。

6、 大型株・中型株・小型株
 この3つが投資対象としては最も分かりやすい株価指数です。基本的に個人投資家は小型株を狙いますが、その理由は主に3つあります。発行済み株式数が小さいので少額の資金でも大きな上昇が期待できる事。低位株が多いことから銘柄を買いやすい事。最後に、動きが激しいのでチャートを見た時に動きを予想し易い事。この3つの理由で個人投資家は小型株を狙います。森田も買う時には「小型株に絞って銘柄選択」をしています。

残念なことに、大口の投資家や機関投資家は小型株を投資対象には設定できません。その理由は、自分たちの投資資金で株価が動いてしまう可能性があるからです。そうすると必然的に、彼らは大型株・値がさ株狙いとなっています。当然、大型株の値動きは中・小型株に比べ小さいのですが、期間投資家の年間目標利益率も平均10%以下と大きな目標ではありませんし、短期勝負もしない傾向にあるので、大型株で十分となります。

転換予測ソフトは、「現在の株式市場の投資資金はどこに向かっているのか」「どの種類の銘柄が買われ、どの種類の銘柄が売られているのか」を判断することが出来ますので、マクロ投資戦略とミクロ投資戦略の両方の戦略を立てる事が可能となります。

7、 日経225銘柄
 日経平均株価はすでに日本の株式市場の動きの事態を表す株価指数ではなくなってきています。始まりは2000年に、当時の担当者が「ITバブルで急騰している値がさハイテク株中心」に銘柄を入れ替えた事です。確かに、新しい日本を代表する銘柄を入れたいという当時の日経新聞社の気持ちはわかりますが、世界中の投資家がこの株価指数を指標に使っているという使命感を忘れるべきではなかったと思います。
特に、値がさ株の動きは株式市場全体の動きを見違えさせてしまいます。日経平均が前日比で10円高であった日がありましたが、その日のファストリの寄与度は+170円でした。つまり、ファストリがなければ、その日の日経平均は160円安だったのです。
現在、投資家の種類別の株価指数が作れないか研究していますが、もしこれが完成すれば「投資家が株式市場の動き」を見誤らなくなると思います。
日経平均は上がっているのに、どうして自分の保有している銘柄は下がるのかというような疑問も解消されてくると考えています。

8、 東証一部の33業種
 最初の転換予測ソフトは「東証一部の33業種チェック」から始まりました。当時は、この指数がとても参考になったのですが、他の9つの株価指数を見ていますと、東証一部33業種の転換予測ソフトが投資の参考になる場合とならない場合があるという事が分かったのではないかと思います。

いずれにしましても、「転換測定ソフト」と「転換予測ソフト」を作った事で、多くの投資家が正しいと思っていた事の多くが「実は相場の実態を表していなかった」ということが、明らかになりました。

  転換測定ソフトのバージョンアップ版が6月にリリースされますが、この進化版を転換予測ソフトと併用して使えば、転換点探しがこれまでよりも遥かに簡単になります。

  以上、10つの市場をケンミレ流に作りましたので、ターゲット市場を探す時、その市場の買いタイミングを探す時に是非お使いください。


前ページへ|次ページへ
ケンミレ・アイ
M氏の新進気鋭レポート
成長株大ちゃんのイキがりレポート