トップケンミレ・トピックス

ケンミレ・トピックス

≫バックナンバーを見る

2019/03/14 19:21

24 pt すごくいいねいいね

【3月14日 今日のまとめ】

■今日のまとめ

14日の日経平均株価は前日よりも184円34銭高い、21,474円58銭で寄り付きました。

13日の米株式市場は上昇しました。
アメリカの各経済指標の結果は以下の通りになっており、インフレが落ち着いていると判断されたことが影響しているとの見方があります。

・米国2月卸売物価指数(PPI)
[前月比] 0.1% (市場予想 0.2%)
[前年同月比] 1.9% (市場予想 1.9%)

・米国2月PPIコア指数
[前月比] 0.1% (市場予想 0.2%)
[前年同月比]2.5% (市場予想 2.6%)

・1月 耐久財受注 [前月比] 0.4% (市場予想 -0.5%)

14日の日経平均株価も前場の寄り付きから13日の米株式市場の上昇を受け、買いが先行して始まりました。
その後はBrexitに関して、イギリスが合意なき離脱に反対する動議可決したことが影響したとの見方から、日経平均株価は一時前日比200円近くまで上げ幅を上昇しました。

しかしその勢いは続かず、後場に入ると利益確定売りが影響し上げ幅を縮小し、大引け直前には小幅安で推移しました。

本日、日経平均株価は前日よりも3円22銭安い、21,287円2銭で大引けを迎えました。

■13日の米株式市場
NYダウ   25,702.89 (▲0.58% +148.23)
NASDAQ  7,643.41 (▲0.69% +52.37)
S&P500   2,810.92 (▲0.69% +19.40)

■大引け情報
日経平均株価  21,287.02 (▼0.02% -3.22)
TOPIX       1,588.29 (▼0.24% -3.78)
JPX日経400   14,136.67 (▼0.17% -24.24)
マザーズ       932.29 (▼0.79% -7.41)
日経JASDAQ   3,415.61 (▼0.11% -3.67)

■為替の値動き 19時18分時点
1ドル=111円65銭 (▲0.45% +0.49)
1ユーロ=126円26銭 (▲0.30% +0.38)
1ポンド=147円97銭 (▼0.19% -0.28)

■アジア市場の動き
中国上海総合指数 2,990.68 (▼1.20% -36.27)
香港株式市場  28,851.39 (▲0.15% +43.94)


2019/03/12 17:01

46 pt すごくいいねいいね

【3月12日 今日のまとめ】

■今日のまとめ

12日の日経平均株価は前日よりも236円52銭高い、21,361円61銭で寄り付きました。

11日の米株式市場は、1月の米小売上高が市場予想を上回ったことなどが好感されたとの見方から上昇しました。

本日の日経平均株価も前日の米株式市場の上昇を受け、続伸して寄り付きました。
メイ英首相がEUと離脱条件の見直しで合意に達したとの報道を受け、「合意なき離脱」回避への期待から、前引け時点では上げ幅を前日比400円近くまで拡大しました。

後場に入ると、海外短期筋による株価指数先物への買い戻しが起きたとの見方から、日経平均株価は一時440円まで上げ幅を広げる場面がみられました。

買い一服後もこの日の高値圏で推移し、本日、日経平均株価は前日よりも378円60銭高い、21,503円69銭で大引けを迎えました。

■大引け情報
日経平均株価   21,503.69 (▲1.79% +378.60)
TOPIX        1,605.48 (▲1.52% +24.04)
JPX日経400    14,279.92 (▲1.53% +214.50)
マザーズ        931.04 (▲2.20% +20.06)
日経JASDAQ    3,423.50 (▲0.62% +20.96)

■11日の米株式市場
NYダウ   25,650.88 (▲0.79% +200.64)
NASDAQ  7,558.06 (▲2.02% +149.92)
S&P500   2,783.30 (▲1.47% +40.23)

■ピックアップNEWS
@メイ英首相がEUと離脱条件の見直しで合意

12日、イギリスのメイ首相とEUのユンケル欧州委員長は、離脱条件を見直すことで合意しました。

離脱案で懸案されていたアイルランド国境問題の「バックストップ(安全網)」について、20「法的に拘束力を持つ修正」で合意したと明らかにしました。

■為替の値動き 16時58分時点
1ドル=111円38銭 (▲0.17% +0.18)
1ユーロ=125円48銭 (▲0.32% +0.41)
1ポンド=147円35銭 (▲0.76% +1.10)

■アジア市場の動き
中国上海総合指数 3,060.31 (▲1.10% +33.31)
香港株式市場  28,933.00 (▲1.51% +429.70)


2019/03/07 11:57

45 pt すごくいいねいいね

【3月7日 日経平均株価前場と6日の米株式市場】

■前場まとめ

7日の日経平均株価は前日よりも139円93銭安い、21,456円88銭で寄り付きました。

6日の米株式市場は続落しました。
経済協力開発機構(OECD)が世界経済見通しを下方修正したことなどが影響した模様です。
また、企業の決算も終わりに近づき、市場に影響をもたらす次の材料として、改めて米中貿易協議の先行きを見極めたい投資家も多いとの見方があります。

本日の日経平均株価も続落してはじまりました。
昨日のピックアップNEWSでも取り上げました、2019年の経済成長率の目標引き下げが中国景気減速をあらためて意識させ、国内の中国関連銘柄を押し下げたとの見方があります。

その後は、前日比150円安付近でもみ合いながら推移しました。
前場の日経平均株価は156円31銭安い、21,440円50銭で取引を終了しています。

■6日の米株式市場
NYダウ   25,673.46 (▼0.52% -133.17)
NASDAQ  7,505.92 (▼0.93% -70.44)
S&P500   2,771.45 (▼0.65% -18.20)

■前引け情報
日経平均株価   21,440.50 (▼0.72% -156.31)
TOPIX        1,601.73 (▼0.84% -13.52)
JPX日経400    14,230.52 (▼0.86% -124.11)
マザーズ        929.60 (▼1.79% -16.91)
日経JASDAQ   3,457.41 (▼0.69% -24.15)

■為替の値動き 11時57分時点
1ドル=111円67銭 (▼0.08% -0.09)
1ユーロ=126円27銭 (▼0.05% -0.06)
1ポンド=147円22銭 (▲0.04% +0.06) 


2019/03/06 2回目 17:03

28 pt すごくいいねいいね

【3月6日 今日のまとめ】【ピックアップNEWS @中国、2019年の経済成長率の目標を引き下げ 他】

■後場まとめ

後場の日経平均株価は前日よりも124円32銭安い、21,601円96銭で寄り付きました。

前場からの軟調な地合いを引き継ぐ形で、後場も売り先行で始りました。

3月期末が迫り、国内金融機関の利益確定売りが出たことも相場の重しになった模様で、後場中ごろには一時前日比175円安程にまで下げ幅を拡大する場面もみられました。

また、株価指数先物・オプション3月物のメジャーSQ算出を控えていることによる売りもでたとの見方があります。
その後は下げ幅を縮小しながらも、今日の安値圏で推移しました。

本日、日経平均株価は前日よりも129円47銭安い、21,596円81銭で大引けを迎えました。


■大引け情報
日経平均株価   21,596.81 (▼0.60% -129.47)
TOPIX        1,615.25 (▼0.25% -3.98)
JPX日経400    14,354.63 (▼0.26% -37.46)
マザーズ        946.51 (▲0.27% +2.55)
日経JASDAQ    3,481.56 (▼0.18% -6.20)

■ピックアップNEWS
@中国、2019年の経済成長率の目標を引き下げ
5日、中国の第13期全国人民代表大会、第2回会議が開催されました。

日本の国会に当たるこの通称「全人代」は憲法の改正や法律の制定、政府活動報告や予算案を審議します。

今回の全人代では、李克強首相が、2019年の経済成長率の目標を「6〜6.5%」にすると表明、18年の「6.5%前後」から2年ぶりに下げる結果となりました。

このことが投資家に中国景気の減速が改めて意識させたとの見方があります。

減税、公共事業、金融政策政策の融和化などが景気対策として発表されましたが、相場の影響は限定的だった模様です。

A米国経済指標
米国 2月 ISM非製造業景況指数  59.7(市場予想 57.3)
米国 12月 新築住宅販売件数  62.1万件(市場予想 60.0万件)

Bトランプ大統領、「完璧なディール」を確保できない場合、合意には後ろ向き
5日、米総務省はポンペオ国務長官の米報道機関とのインタビュー記録を公開しました。

この中でトランプ大統領は、中国との通商会議において「完璧なディール」を確保できない場合、合意には後ろ向きな姿勢であるとされ、米中通商協議進展の先行きが懸念されているとの見方があります。

■上昇した上位3業種とその構成銘柄
1. 海運業  +0.94%
<上昇した構成銘柄上位3>
1位 9107 川崎汽 +3.51% 海運大手。資源輸送もおこなう。
2位 9104 商船三井 +0.86% 海運大手。保有船は世界最大級。
3位 9101 郵船 +0.58% 総合海運大手。海運売上高で国内TOP。
<下落した構成銘柄上位3>  
1位 9308 乾汽船 -1.83% 海運、倉庫、不動産事業が強み。
2位 9110 ユナイテッド海 -0.32% バラ積み船、鉄鋼原料が強み。
3位 9115 明治海 -0.28% 船主業が主力。専用船などを貸船。

2. その他製品  +0.77%
<上昇した構成銘柄上位3>
1位 7867 タカラトミー +3.25%  子供向け玩具の老舗。多くの定番商材を持つ。
2位 7974 任天堂  +2.41% ゲーム機メーカー大手。海外でも認知度が高い。
3位 7951 ヤマハ   +1.83% 楽器メーカー大手。電子ピアノで世界的に有名。
<下落した構成銘柄上位3>  
1位 7956 ピジョン -3.77% 育児用品大手。中国にも展開。
2位 7893 プロネクサス -3.08% 公開企業のデイスクロージャー・IR支援大手。
3位 7747 トッパンフォ -2.86% ビジネスフォームとデータプリントサービスで最大手。

3. サービス業  +0.36%
<上昇した構成銘柄上位3>
1位 6083 ERIHD +12.97% 建築確認検査業務でトップ。事業をマンションなどにも拡大。
2位 6146 サイバー +5.96% ネット広告事業とゲーム事業が軸。他分野にも展開。
3位 6235 メンバーズ +5.74%  企業サイトやSMMのデザイン制作・運用に携わる。
<下落した構成銘柄上位3>  
1位 6065 ライクKN -2.28%  事業所内保育受託と公的保育所を運営。
2位 6538 キャリインデ -1.18% 求人サイト運営。転職以外に専門学校も。
3位 6539 MSジャパン -1.01% 人材紹介。会計士、弁護士など管理部門に特化。

■下落した上位3業種とその構成銘柄
1. 鉱業  -1.22%
<上昇した構成銘柄上位3>
1位 1662 石油資源 +0.76% 原油・ガス開発専業。原油・天然ガスの探鉱、開発、生産。
2位 --
3位 --
<下落した構成銘柄上位3>  
1位 1518 三井松島HD -2.26% 石炭商社。輸入販売など石炭事業。施設運営、飲料ストロー等も展開。
2位 1515 日鉄鉱 -1.98% 石灰石、銅精鉱、電気銅主力。機械、環境、不動産に展開。
3位 1605 国際石開帝石 -1.34% 原油・ガス開発専業。原油・天然ガスの探鉱、開発、生産。

2. 小売業  -0.96%
<上昇した構成銘柄上位3>  
1位 3064 ジンズ +9.04% 製造小売り。眼鏡ブランドが有名。
2位 9627 アインHD +4.46% 調剤薬局トップ。
3位 2685 アダストリア +4.41%  カジュアル衣料大手。女性向けに強み。
<下落した構成銘柄上位3>
1位 2695 くら -9.28% 回転ずしチェーンを直営で全国に展開。
2位 2664 カワチ薬品 -3.43% 北関東・東北に展開するドラッグチェーン。
3位 3382 セブン&アイ -3.01% 総合小売業大手。金融業にも展開。
 
3. 医薬品  -0.47%
<上昇した構成銘柄上位3>
1位 4552 JCRファ +3.33% 成長ホルモン製剤。バイオ関連にも進出。
2位 4516 日本新薬 +2.43% 種苗の生産、販売。農薬などにも強み。
3位 4548 生化学 +1.87% 開発は関節疾患関連に特化。
<下落した構成銘柄上位3>  
1位 4547 キッセイ -2.75% 高脂血症薬が主力。
2位 4507 塩野義 -2.04% 高脂血症薬、鎮痛分野が主体。海外にも展開。
3位 4528 小野薬 -2.00% 製薬準大手。がん分野にも進出。

■為替の値動き 17時時点
1ドル=111円80銭 (▼0.08% -0.10)
1ユーロ=126円35銭 (▼0.12% -0.159
1ポンド=146円92銭 (▼0.34% -0.51)

■アジア市場の動き
中国上海総合指数 3,102.10 (▲1.57% +47.85)
香港株式市場  29,019.00 (▲0.20% +57.40)


2019/03/06 1回目 11:45

18 pt すごくいいねいいね

【3月6日 日経平均株価前場と5日の米株式市場】

■前場まとめ

6日の日経平均株価は前日よりも67円25銭安い、21,659円3銭で寄り付きました。

5日の米株式市場は小幅安でした。
トランプ大統領の、中国との通商会議において「完璧なディール」を確保できない場合、合意には後ろ向きな姿勢であるそされたことが嫌気されつつも、2月ISM非製造業景況指数、12月新築住宅販売件数が市場予想を上回った事が、下支えになったとの見方です。

本日の日経平均株価は続落で寄り付き、徐々にその下げ幅を広げていきました。
中国政府が2019年の経済成長率の目標を引き下げたことが影響していたとの見方です。

前場中ごろも株価指数先物売りが相場を下押し、一時前日比150円安まで下げ幅を広げました。

前場の日経平均株価は前日よりも123円18銭安い、21,603円10銭で取引を終了しています。

■5日の米株式市場
NYダウ   25,806.63 (▼0.05% -13.02)
NASDAQ  7,576.36 (▼0.02% -1.21)
S&P500   2,789.65 (▼0.11% -3.16)

■前引け情報
日経平均株価   21,603.10 (▼0.57% -123.18)
TOPIX        1,616.22 (▼0.19% -3.01)
JPX日経400    14,361.00 (▼0.22% -31.09)
マザーズ        936.75 (▼0.76% -7.21)
日経JASDAQ    3,478.10 (▼0.28% -9.66)

■ピックアップNEWS
@米国経済指標
米国 2月 ISM非製造業景況指数  59.7(市場予想 57.3)
米国 12月 新築住宅販売件数  62.1万件(市場予想 60.0万件)

Aトランプ大統領、「完璧なディール」を確保できない場合、合意には後ろ向き
5日、米総務省はポンペオ国務長官の米報道機関とのインタビュー記録を公開しました。

この中でトランプ大統領は、中国との通商会議において「完璧なディール」を確保できない場合、合意には後ろ向きな姿勢であるとされ、米中通商協議進展の先行きが懸念されているとの見方があります。

■為替の値動き 11時44分時点
1ドル=111円81銭 (▼0.08% -0.09)
1ユーロ=126円35銭 (▼0.12% -0.15)
1ポンド=147円6銭 (▼0.24% -0.36)


2019/03/04 2回目 17:29

35 pt すごくいいねいいね

【3月4日 今日のまとめ】【ピックアップNEWS @米中貿易、追加関税撤廃を協議との報道 他】

■後場まとめ

4日後場の日経平均株価は前週末日より204円59銭高い、21,807円28銭で寄り付きました。

東京株式市場が昼休みの時間中に中国・上海株式市場が上昇したことが好感され、日経平均株価の後場も買い優勢で寄り付きました。
前場から引き続き米中貿易交渉進展への期待も影響した模様です。

後場中ごろには、外国為替相場にて円安ドル高が112円近くまでさらに進行したことも輸出関連銘柄に買いを誘発し、日経平均株価の上げ幅を広げたとの見方があります。

22,000円に近付くにつれ、大引けまで堅調に推移しました。

本日、日経平均株価は先週末日よりも219円35銭高い、21,822円4銭で大引けを迎えました。

■大引け情報
日経平均株価   21,822.04 (▲1.02% +219.35)
TOPIX        1,627.59 (▲0.73% +11.87)
JPX日経400    14,467.02 (▲0.79% +113.07)
マザーズ        938.16 (▲0.99% +9.19)
日経JASDAQ    3,498.01 (▲0.59% +20.39)

■ピックアップNEWS
@米中貿易、追加関税撤廃を協議との報道
3日、トランプ米大統領が米中貿易協議にて正式合意がなされれば、中国からの輸入品のほとんどの追加関税を撤回する協議をしていると、米紙ウォールストリート・ジャーナルが報道しました。

このニュースが投資家に米中間貿易問題解決に近づいたと受け止められ、本日の日経平均株価の上昇に影響したとの見方があります。

Aトランプ米大統領、ドル水準についてコメント
2日、トランプ米大統領は以下のように演説しました。

「私は強いドルを好むが、アメリカにとって好ましいドルが望ましいと考えている。外国との事業取引が出来なくなるような強すぎるドルは求めていない」
「FRBには量的引き締めを好み、非常に強いドルを好む紳士がいる」

ドル高には中央銀行の金融引き締めが影響しているとし、FRBを暗に批判しました。

■上昇した上位3業種とその構成銘柄
1. 石油・石炭  +2.98%
<上昇した構成銘柄上位3>
1位 5002 昭和シェル +5.45% 石油元売り大手。太陽電池に注力。 
2位 5019 出光興産 +5.45% 石油元売り大手。石油化学や原油・石炭開発も展開。
3位 5021 コスモHD +3.82% 石油元売り大手。風力発電にも携わる。
<下落した構成銘柄上位3>  
1位 --
2位 --
3位 --

2. 精密機器  +2.66%
<上昇した構成銘柄上位3>
1位 7782 シンシア +10.4%  ワンデイコンタクトレンズ大手。
2位 7732 トプコン  +6.92% 測量・GPSのITシステムで有名。医療機器にも展開。
3位 7743 シード   +5.45% コンタクトレンズ大手。眼鏡にも携わる。
<下落した構成銘柄上位3>  
1位 7725 インターアク -2.44% 光源装置製造会社。スマホ向けなどに展開。
2位 7775 大研医器 -1.20% 医療機器メーカー。麻酔科向けが主力。
3位 7747 生化学 -0.19% 開発は関節疾患関連に特化。

3. 機械  +2.03%
<上昇した構成銘柄上位3>
1位 6315 TOWA +6.80%  半導体製造関連装置大手。
2位 6146 ディスコ +6.33% 半導体、電子部品の研削・切断・研磨装置で最大手。
3位 6235 オプトラン +5.97%  光学薄膜装置の製造・販売をおこなう。
<下落した構成銘柄上位3>  
1位 6331 化工機 -2.28% 石油・化学装置メーカー。環境関連に強み。
2位 6138 ダイジェット -1.18% 総合超硬工具で大手。海外にも展開。
3位 6013 タクマ -1.01% ボイラーが柱。バイオマス発電にも注力。

■下落した上位3業種とその構成銘柄
1. 電気・ガス  -1.01%
<上昇した構成銘柄上位3>  
1位 9517 イーレックス +1.25% 余剰電力を買い取りをおこない、家庭などに販売。
2位 9509 北海電 +1.00% 原子力と石炭火力が主力。
3位 9551 メタウォータ +0.96% 上下水処理設備工事でトップ並。
<下落した構成銘柄上位3>
1位 9533 邦ガス -2.96% 都市ガス大手。LPGに強み。
2位 9507 四国電 -1.91% 原子力と石炭火力主体。電力以外にも展開。
3位 9519 レノバ -1.91%  再生可能エネルギーの発電と開発・運営。
 
2. 輸送用機器  -0.49%
<上昇した構成銘柄上位3>
1位 7003 三井E&S +5.34% 造船、重機大手。船舶ディーゼルがトップ。
2位 7105 ロジスネクス +3.57% フォークリフト大手。
3位 7014 名村造 +2.44% 造船企業。中大型のバラ積み船が主力
<下落した構成銘柄上位3>  
1位 7269 スズキ -3.88% 軽自動車、二輪大手。
2位 7296 FCC -1.54% 部品メーカー。海外にも展開。
3位 7267 ホンダ -1.30% 二輪、四輪ともに世界的。アメリカで高収益。

3. 空運業  -0.47%
<上昇した構成銘柄上位3>
1位 9232 パスコ +0.11% 中継システムメーカー。中国にも展開。
2位 --
3位 --  
<下落した構成銘柄上位3>  
1位 9201 JAL -0.55%  国際線、国内線国内二位。格安航空にも取り組む。
2位 9202 ANAHD -0.39% 国内線、国際線トップ。アジアに強み。
3位 --

■為替の値動き 17時28分
1ドル=111円91銭 (▲0.01% +0.01)
1ユーロ=126円97銭 (▼0.21% -0.27)
1ポンド=148円19銭 (▲0.33% +0.48)

■アジア市場の動き
中国上海総合指数 3,027.58 (▲1.12% +33.57)
香港株式市場  28,931.50 (▲0.41% +119.33)


2019/03/04 1回目 11:45

23 pt すごくいいねいいね

【3月4日 日経平均株価前場と1日の米株式市場】

■前場まとめ

4日の日経平均株価は前週末日より210円12銭高い、21,812円81銭で寄り付きました。

3月1日の米株式市場は2月の米ISM製造業景況指数、ミシガン大学消費者態度指数が市場予想を下回り、一時NYダウは前日終値近辺でもみ合う場面がみられましたが、米中貿易交渉合意への期待が強いとの見方から午後から買い戻しが優勢となり、上昇して引けました。

本日の日経平均株価はおよそ200円反発して寄り付きました。
米株式市場同様、米中貿易交渉進展への期待や、外国為替相場で円安ドル高が進行している事が影響した模様です。

後場中ごろから前引けにかけてももやや上げ幅を縮めたものの、堅調に推移しました。

前場の日経平均株価は先週末日より、179円43銭高い、21,782円12銭で取引を終了しています。

■3月1日の米株式市場
NYダウ   26,026.32 (▲0.43% +110.32)
NASDAQ  7,595.35 (▲0.83% +62.82)
S&P500   2,803.69 (▲0.69% +19.20)

■前引け情報
日経平均株価  21,782.12 (▲0.83% +179.43)
TOPIX       1,622.90 (▲0.44% +7.18)
JPX日経400   14,424.18 (▲0.49% +70.23)
マザーズ       939.82 (▲1.17% +10.85)
日経JASDAQ   3,497.04 (▲0.56% +19.42)

■ピックアップNEWS
@トランプ米大統領、ドル水準についてコメント

2日、トランプ米大統領は以下のように演説しました。

「私は強いドルを好むが、アメリカにとって好ましいドルが望ましいと考えている。外国との事業取引が出来なくなるような強すぎるドルは求めていない」
「FRBには量的引き締めを好み、非常に強いドルを好む紳士がいる」

ドル高には中央銀行の金融引き締めが影響しているとし、FRBを暗に批判しました。

■為替の値動き 11時43分時点
1ドル=111円95銭 (▲0.04% +0.04)
1ユーロ=127円27銭 (▲0.02% +0.03)
1ポンド=148銭20銭 (▲0.34% +0.50)


2019/03/01 2回目 17:43

23 pt すごくいいねいいね

【3月1日 今日のまとめ】【ピックアップNEWS @各種経済統計】

■後場まとめ

3月1日後場の日経平均株価は前日よりも244円71銭高い、21,629円87銭で寄り付きました。

東京株式市場がお昼休みの時間中、中国の2月の財新製造業PMIの結果が好感された中国・上海株式市場が上げ基調を強め、後場の日経平均株価も上昇して寄り付きました。

外国為替市場の前場から続く円安が追い風となり、後場中ごろの日経平均株価は一時前日比260円高を記録する場面も見受けられました。

週末を控えた利益確定売りが上値を抑えるも、日経平均株価はその後も本日の高値圏で推移しました。

本日、日経平均株価は前日よりも217円53銭高い、21,602円69銭で大引けを迎えました。

■大引け情報
日経平均株価   21,602.69 (▲1.02% +217.53)
TOPIX        1,615.72 (▲0.50% +8.06)
JPX日経400    14,353.95 (▲0.58% +83.30)
マザーズ        928.97 (▲1.18% +10.79)
日経JASDAQ    3,477.62 (▲0.27% +9.29)

■ピックアップNEWS
@各種経済統計

米国 10-12月期四半期実質GDP 速報値  [前期比年率]  2.6% (市場予想 2.2%)
中国 2月財新製造PMI 49.9 (市場予想 48.5)
日本 10-12月期四半期法人企業統計調査・ソフトウェア含む全産業設備投資額  [前年同期比]  5.7%(市場予想 4.5%)
日本 1月失業率 2.5%(市場予想 2.4%)

■上昇した上位3業種とその構成銘柄
1. 水産・農林  +1.76%
<上昇した構成銘柄上位3>
1位 1332 日水      +4.39% 家庭用冷凍食品大手。海外で養殖事業も展開。
2位 1333 マルハニチロ +0.81% 水産大手。漁業、養殖や国内流通網に強み。
3位 1376 カネコ種    +0.52% 種苗の生産、販売。農薬などにも強み。
<下落した構成銘柄上位3>  
1位 1384 ホクリヨウ -2.02% 北海道の鶏卵の生産・販売大手。
2位 1379 ホクト -0.20% キノコに強み。海外にも展開。
3位 1301 極洋  -0.17% 水産物貿易・加工・買い付けや漁業に強み。

2. 医薬品  +1.74%
<上昇した構成銘柄上位3>
1位 4506 大日本住友 +6.08%  医療用医薬品準大手。アメリカにも展開。
2位 4151 共和キリン  +3.81% 水産大手。漁業、養殖や国内流通網に強み。
3位 4516 日本新薬    +3.01% 種苗の生産、販売。農薬などにも強み。
<下落した構成銘柄上位3>  
1位 4541 日医工 -2.40% 後発医薬品大手。循環器・呼吸器向け主力。
2位 4539 ケミファ -1.48% 痛風薬や鎮痛薬など収益柱。後発医薬品が主力。
3位 4548 生化学 -0.74% 開発は関節疾患関連に特化。

3. 精密機器  +1.10%
<上昇した構成銘柄上位3>
1位 7732 トプコン +6.08%  測量・GPSのITシステムで有名。医療機器にも展開。
2位 7725 インターアク +3.81% 光源装置製造会社。スマホ向けなどに展開。
3位 7745 A&D   +3.01% 計測・計量機器メーカー。
<下落した構成銘柄上位3>  
1位 7723 愛時計 -1.88% 水道・ガスメーター大手。官公、民の両方に展開。
2位 7731 ニコン -1.84% カメラ・回路露光装置が強み。ミラーレスや医療事業にも展開。
3位 7979 松風 -1.28% 歯科材料・器具大手。海外にも展開。

■下落した上位3業種とその構成銘柄
1. 海運業  -1.74%
<上昇した構成銘柄上位3>
1位 9115 明治海 +0.28% 船主業が主力。専用船などを貸船。
2位 9308 乾汽船 +0.28% 海運、倉庫、不動産事業が強み。
3位 --
<下落した構成銘柄上位3>  
1位 9107 川崎汽 -2.86% 海運大手。資源輸送もおこなう。
2位 1379 ホクト -2.22% 海運大手。世界最大級の航路網を保有。
3位 1301 共栄タ -1.99% 外航海運会社。バラ積み船も。
 
2. 鉄鋼  -1.21%
<上昇した構成銘柄上位3>
1位 5423 明治海 +0.28% 船主業が主力。専用船などを貸船。
2位 5411 乾汽船 +0.28% 海運、倉庫、不動産事業が強み。
3位 --
<下落した構成銘柄上位3>  
1位 9107 東京製鉄 -2.17% 独立系電炉大手。建材が主力。
2位 5411 JFE -2.09% 粗鋼生産に強み。海外にも展開。
3位 5406 神戸鋼 -1.82% 鉄鋼大手。非鉄、建機なども。

3. 非鉄金属  -0.72%
<上昇した構成銘柄上位3>
1位 5821 平河ヒューテ +3.74% 中継システムメーカー。中国にも展開。
2位 5411 大阪チタ +1.44% 金属チタンで有名。航空機向けが主体。
3位 5852 アーレスティ +1.30% 金型鋳造法ダイカスト大手。大手企業を得意先に持つ。  
<下落した構成銘柄上位3>  
1位 5757 CKサンエツ -3.28% サンエツ金属中核。カメラ用精密部品にも着手。
2位 5711 三菱マ -1.63% 伸銅品国内トップ。セメント、銅、加工、電子材料も経営。
3位 5802 住友電 -1.36% 電線トップ。通信インフラにも強み。

■為替の値動き 17時40分
1ドル=111円90銭 (▲0.47% +0.53)
1ユーロ=127円8銭 (▲0.35% +0.45)
1ポンド=148円12銭 (▲0.29% +0.431)

■アジア市場の動き
中国上海総合指数 2,994.01 (▲1.80% +53.05)
香港株式市場  28,827.00 (▲0.68% +193.82)


2019/03/01 1回目 12:29

14 pt すごくいいねいいね

【3月1日 日経平均株価前場と2月28日の米株式市場】

■前場まとめ

3月1日の日経平均株価は前日よりも104円86銭高い、21,490円2銭で寄り付きました。

アメリカの10-12月期四半期実質国内GDP速報値は市場予想を上回る結果となりましたが、2月28日の米株式市場は小幅に続落、米中貿易協議の先行きを見極めたいとして買い手を控える投資家が多かったとの見方です。

昨日の米株式市場は下落したものの、本日の日経平均株価は、前場寄り付きから買いが先行しました。
寄り付き直後から、外国為替市場で円安ドル高が進行したことが好感され、一時前日比200円高まで上げ幅を拡大しました。

その後は利益確定売りに上値を抑えられましたが、高値圏で推移しました。

前場の日経平均株価は前日よりも189円35銭高い、21,574円51銭で取引を終了しています。

■2月28日の米株式市場
NYダウ    25,916.00 (▼0.27% -69.16)
NASDAQ    7,532.53 (▼0.29% -21.98)
S&P500     2,784.49 (▼0.28% -7.89)

■前引け情報
日経平均株価   21,574.51 (▲0.89% +189.35)
TOPIX        1,613.87 (▲0.39% +6.21)
JPX日経400    14,332.72 (▲0.43% +62.07)
マザーズ        927.92 (▲1.06% +9.74)
日経JASDAQ    3,472.79 (▲0.13% +4.46)

■ピックアップNEWS
@各種経済統計

米国 10-12月期四半期実質GDP 速報値  [前期比年率]  2.6% (市場予想 2.2%)
日本 10-12月期四半期法人企業統計調査・ソフトウェア含む全産業設備投資額  [前年同期比]  5.7%(市場予想 4.5%)
日本 1月失業率 2.5%(市場予想 2.4%)

■為替の値動き 12時27分時点
ドル=111円71銭 (▲0.30% +0.34)
ユーロ=127円3銭 (▲0.31% +0.40)
ポンド=148円15銭 (▲0.31% +0.46)


2019/02/27 17:29

22 pt すごくいいねいいね

【2月27日 今日のまとめ】【ピックアップNEWS @パウエルFRB議長、議会証言】

■今日のまとめ

27日の日経平均株価は前日よりも55円23銭高い、21,504円61銭で寄り付きました。

26日の米株式市場は小幅安な展開になりましたが、27日の日経平均株価はパウエルFRB議長が議会証言にて利上げを急がないことを強調したことが好感されたとの見方から、前場寄り付きから買いが先行しました。

市場では米中貿易交渉へ注目が集まっているとの見方が強く、積極的に上値を追随する動きは限られたものの、底堅く推移しました。

後場に入ってもこの動きは変わらずでした。
東京株式市場の昼休みの時間帯に中国・上海株式市場が上げ幅を広げたことが好感され、一時前日比120円近くまで上げ幅を広めましたが、その後は利益確定売りにおされた模様です。

本日、日経平均株価は前日よりも107円12銭高い、21,556円51銭で大引けを迎えました。

■大引け情報
日経平均株価   21,556.51 (▲0.50% +107.12)
TOPIX         1,620.42 (▲0.20% +3.22)
JPX日経400    14,393.69 (▲0.18% +26.41)
マザーズ        939.41 (▲0.73% +6.80)
日経JASDAQ    3,476.84 (▲0.62% +21.26)

■ピックアップNEWS
@パウエルFRB議長、議会証言
26日、パウエルFRB議長は議会証言を行いました。

パウエルFRB議長は、イギリスのEU離脱や通商協議など、景気の先行き不透明感が増したことにより、利上げの政策判断を急がないとし、今後の政策判断は引き続き経済情勢や見通しの展開に伴い、新たな情報を考慮すると述べました。

この利上げ見送り観測が市場では好感され、本日の日経平均株価にも影響した模様です。

■上昇した業種上位3業種とその構成銘柄
医薬品 +1.68%
<上昇した構成銘柄上位3銘柄>
第一三共 4568 +3.72% 製薬会社大手。循環器と感染症薬が強み。
わかもと 4512 +3.66% 医療用の眼科薬が収益の柱。
キッセイ 4547 +3.54% 高脂血症薬が主力。
<下落した構成銘柄上位3銘柄>
あすか薬   4514 -1.89% 婦人科系と泌尿器系に強み。
大日本住友 4506 -1.30% 医療用医薬品準大手。アメリカにも展開。
日水薬    4550 -1.00% 診断薬が主力。健康食品の医薬事業にも主力。

建設業 +1.32%
<上昇した構成銘柄上位3銘柄>
千代建  6366 +4.56% 総合エンジニアリング大手。LNGプラントで世界的にも大手。
ヤマト   1967 +3.66% 空調・衛生などの管工事中心。
トーエネク 1946 +3.58% 電気工事大手。配電工事に強み。
<下落した構成銘柄上位3銘柄>
日比谷設 1982 -1.63%  空調工事大手。電気・衛生工事もおこなう。
ヒノキヤG 1413 -1.59% 注文住宅の請負・施工。エコハウスも成長分野。
新興ブラシ 6379 -1.51% 石油精製プラント補修TOP

不動産業 +1.02%
<上昇した構成銘柄上位3銘柄>
レオパレス 8848 +7.66%  建築請負と賃貸が主力。「レオパレス21」が有名。
スターマイカ 3230 +3.17% 不動産流動化事業がメイン。
ADワークス 3250 +2.94% 不動産流動化事業。勘定評価に強み。
<下落した構成銘柄上位3銘柄>
アグレ都市 3467 分譲住宅を首都圏中心に展開。
JSB 3480 学生マンションの企画開発や高齢者住宅・介護施設の運営。
日神不動 8881 マンション分譲。首都圏が中心。

■下落した業種上位3業種とその構成銘柄
機械 -0.79%
<上昇した構成銘柄上位3銘柄>
酒井重   6358 +3.44% 道路舗装機械専業大手。海外にも展開。
マネックス 6454 +3.30% ホチキス大手。他にもくぎ打ちが有名。
サムコ   6387  +2.06%  電子部品製造装置を研究開発。

<下落した構成銘柄上位3銘柄>
ダイフク 6383  -3.99% 搬送・保管システムにて世界的に有名。
オプトラン 6235 -3.27% 反射防止や赤外線カットなどの機能を持たせる光学薄膜装置を製造・販売。
日東工器 6151 -2.73% 配管の簡易接続器具の大手。海外にも展開。

鉱業 -0.62%
<上昇した構成銘柄上位3銘柄>
K&Oエナジ 1663 +0.73% 天然ガス開発・供給。
石油資源   1662 +0.22% 原油・ガス開発専業。原油・天然ガスの探鉱、開発、生産。
--
<下落した構成銘柄上位3銘柄>
三井松島HD 1518 -1.26% 石炭商社。輸入販売など石炭事業。施設運営、飲料ストロー等も展開。
日鉄鉱     1515 -0.96% 石灰石、銅精鉱、電気銅主力。機械、環境、不動産に展開。
国際石開帝石 1605 -0.69% 資源開発最大手、原油・ガス開発生産。政府が黄金株保有。

保険業 -0.47%
<上昇した構成銘柄上位3銘柄>
Aクリエイト 8798 +2.21% 保険代理店大手。通販販売、対面販売両翼に展開。
かんぽ生命 7181 +1.40% 生命保険会社大手。保険引受業務と資産運用業務が強み。
MS&AD  8725 +0.42% 損保大手。有名保険会社を傘下に持つ。
<下落した構成銘柄上位3銘柄>
アニコムHD 8715 -1.39% ペット保険大手。全国の動物病院と提携。
東京海上   8766 -1.15% 損保大手。様々な分野に事業を拡大。
第一生命   8750 -0.73% 生保大手。海外にも展開。

■為替の値動き 17時26分時点
ドル=110円39銭 (▼0.17% -0.18)
ユーロ=125円73銭 (▼0.21% -0.27)
ポンド=146円47銭 (▼0.03% -0.04)

■アジア市場の動き
中国上海総合指数 2,953.82 (▲0.42% +12.31)
香港株式市場  28,728.50 (▼0.15% -43.56)


新ケンミレ・アイ