トップ起き上がり小法師(Growing up) 〜ヤリのお得レポート〜

起き上がり小法師(Growing up) 〜ヤリのお得レポート〜

≫バックナンバーを見る

2018/08/20 3回目 15:27

6 pt すごくいいねいいね

【8月20日 日経平均株価終値と今日のまとめ】

本日、日経平均株価は先週末日よりも71円38銭安い、22,199円で大引けを迎えました。

●今日のまとめ
それでは本日の前場からの流れを確認していきましょう。

◆前場寄り付き
今日の日経平均株価前場の寄り付きは、9時24分時点では、先週末日よりも8円69銭高い22,279円7銭と、小動きで始まりました。
@トルコ情勢を巡る不透明感を背景に外国為替市場で円高・ドル安が進む
→輸出関連株に売りが先行した模様です。
A前週末の米ダウ工業株30種平均が半年ぶり高値を付けた。
→8月17日終値時点では110ドル59セント高い、25,669ドル32セントでした。
米中貿易摩擦への警戒感がやや後退した模様です。

◆後場寄り付き
後場寄り付きの日経平均株価は小幅下落から始まりました。14時7分時点では前週末日より47円79銭安い、22,222円59銭でした。
@上昇していた中国・上海総合指数が一時下落
→中国・上海総合指数は上昇していましたが、上値が重く、東京市場の昼休み時間中にAが発生、株価指数先物に間をおいて、売りが出た模様です。

◆大引け
日経平均株価は先週末日よりも71円38銭安い、22,199円で大引けを迎えました。
週明け20日の東京株式市場で日経平均株価は反落しました。
@外国為替市場で円高・ドル安が進行
→前場のレポートに書いたように自動車など輸出関連銘柄に売りが先行しました。
A中国・上海総合指数が軟調に推移
→後場のレポートにも書いたように、株価指数先物に散発的な売りが出た模様です。
しかし、米中貿易交渉を週内に控えて様子見姿勢も強いとの見方もあります。

以上の二点が影響しています。


2018/08/20 2回目 14:12

3 pt すごくいいねいいね

【8月20日 日経平均株価後場】

20日後場寄り付きの日経平均株価は小幅下落から始まりました。中ごろでも大きな変動はなく、14時7分時点では前週末日より47円79銭安い、22,222円59銭です。

@上昇していた中国・上海総合指数が一時下落
→中国・上海総合指数は上昇していましたが、上値が重く、東京市場の昼休み時間中にAが発生、株価指数先物に間をおいて、売りが出た模様です。

以上が影響しています。


2018/08/20 1回目 09:33

6 pt すごくいいねいいね

【8月20日 日経平均株価前場寄り付き】

今日の日経平均株価前場の寄り付きは、9時24分時点では、先週末日よりも8円69銭高い22,279円7銭です。小動きで始まっています。

@トルコ情勢を巡る不透明感を背景に外国為替市場で円高・ドル安が進む
→輸出関連株に売りが先行した模様です。

A前週末の米ダウ工業株30種平均が半年ぶり高値を付けた。
→8月17日終値時点では110ドル59セント高い、25,669ドル32セントでした。
米中貿易摩擦への警戒感がやや後退した模様です。

以上の二点が影響しています。


2018/08/17 2回目 15:24

18 pt すごくいいねいいね

【8月17日 日経平均株価終値と今日のまとめ】

本日、日経平均株価は前日から78円34銭高い、22,270円38銭で大引けを迎えました。

●今日のまとめ
それでは本日の前場からの流れを確認してみましょう。

◆前場寄り付き
前場寄り付きは9時17分時点では前日より84円32銭高い、22,276円36銭と寄り付きから反発して始まりました。
@16日の米株相場が米中貿易交渉の再開期待を背景に上昇
→8時50分時点では1ドル=110円97銭と、@から相対的に「低リスク通貨」とされる円を売りドルを買い戻す動きも出ていた模様です。

◆後場寄り付き
前日より70円程度高い22,200円台半ばで推移していました。
@中国・上海株が下落に転じた
→日経平均先物に小口の売りが出た模様です。

◆大引け
日経平均株価は前日から78円34銭高い、22,270円38銭で大引けを迎えました。
3日ぶりの反発です。

@16日のレポートにも書いた米中貿易摩擦への懸念が緩和
→海外投資家の買い戻しが入った模様です。海運や機械など景気敏感株の上昇しました。

しかし、週末とあって積極的には買いたくないという投資家も多いとの見方で、上値は抑えられました。

以上が影響しています。


2018/08/17 1回目 09:23

3 pt すごくいいねいいね

【8月17日 日経平均株価前場寄り付き】

17日の日経平均株価は9時17分時点では前日より84円32銭高い、22,276円36銭です。
寄り付きから反発して始まっています。

@16日の米株相場が米中貿易交渉の再開期待を背景に上昇
→8時50分時点では1ドル=110円97銭と、@から相対的に「低リスク通貨」とされる円を売りドルを買い戻す動きも出ている模様です。

以上が影響しています。

●ケンミレ株式情報 経済指標
他の為替の動きもまとめてチェック!
http://www.miller.co.jp/marketdata/market.html?_hps=off&from=header


2018/08/16 3回目 15:30

9 pt すごくいいねいいね

【8月16日 日経平均株価終値と今日のまとめ】

本日、日経平均株価は前日から12円18銭安い、22,192円4銭で大引けを迎えました。

●今日のまとめ
それでは今日の前場からの流れを確認してみましょう。

◆前場寄り付き
前日より270円56銭安く、寄り付きから続落。
@15日の米株式相場が下落
→中国景気の先行き不透明感が影響しているとの見方です。
A外国為替市場で円相場が円高・ドル安方向に振れている。
→原油や銅など国際商品市況が悪化し、鉱業や非鉄金属などの資源関連銘柄に売りが先行している模様です。

◆後場寄り付き
前場中ごろ、一時反発したが後場の寄り付きから再び下げに転じた。
→中国の商務次官が貿易交渉のため8月下旬に訪米するとの報道があり、米中貿易摩擦の激化懸念が和らいだとの見方がされ、15日の終値まで一時反発しましたが、後場の寄り付きは以上のような結果となっています。

◆大引け
日経平均株価は前日から12円18銭安い、22,192円4銭で大引けを迎えた。
@中国の景気減速を背景とした資源価格の下落
A円高・ドル安進行
B米中貿易摩擦への懸念が緩和
→後場のレポートに書いた内容。これにより株価指数先物への買いも入った模様です。
以上の三点が影響しています


2018/08/16 2回目 13:33

6 pt すごくいいねいいね

【8月16日 日経平均株価後場寄り付き】

日経平均株価は13時27分時点で42円45銭安い、22,161円77銭です。後場の寄り付きから再び下げに転じています。

前場中ごろ、中国の商務次官が貿易交渉のため8月下旬に訪米するとの報道があり、米中貿易摩擦の激化懸念が和らいだとの見方がされ、15日の終値まで一時反発しましたが、後場の寄り付きは以上のような結果となっています。

@16日の中国・上海総合指数の軟調に推移

以上が影響しています。


2018/08/16 1回目 09:47

6 pt すごくいいねいいね

【8月16日 日経平均株価前場寄り付き】

16日の日経平均株価は9時32分時点で、前日より270円56銭安い、21,933円66銭です。寄り付きから続落しています。

@15日の米株式相場が下落
→中国景気の先行き不透明感が影響しているとの見方です。

A外国為替市場で円相場が円高・ドル安方向に振れている。
→原油や銅など国際商品市況が悪化し、鉱業や非鉄金属などの資源関連銘柄に売りが先行している模様です。

米ドル/円 1ドル=110円55銭(8時45分時点)
W T I 原油(先物) 65.01(8月15日終値)

(ケンミレ株式情報 経済指標)
http://www.miller.co.jp/marketdata/market.html?_hps=off&from=y

以上の二点が影響しています。


2018/08/15 3回目 15:25

21 pt すごくいいねいいね

【8月15日 日経平均株価終値】

本日、日経平均株価は前日より151円86銭安い、2万2204円22銭で大引けを迎えました。
後場寄り付きのレポートにも書いたように日経平均の下げ幅は200円を超える場面がありましたが多少持ち返し、本日の終値となっています。

@中国・上海株や香港株、人民元相場の下落
→@の継続が中国景気の先行き不透明と認識された模様です。中国事業の規模が大きい銘柄が売られました。

Aトルコが米国製品の一部に報復関税

以上の二点が影響しています。

●ケンミレ株式情報 経済指標
他の為替もまとめてチェック!

◆国内経済指標分析データ
今の国内経済の状況がどうなのかを分析するために必要な指標を確認することができます。国内経済全体の状況を判断するものや国内での消費に関連するもの、輸出・輸入に関連するものなど、国内経済に関するあらゆる指標を確認していただけます。

こちらから!
http://www.miller.co.jp/marketdata/market.html?_hps=off&from=y


2018/08/15 2回目 13:29

15 pt すごくいいねいいね

【8月15日 日経平均株価後場寄り付き】

東京株式市場で日経平均株価は、13時19分時点で前日から233円22銭安い、22,122円86銭です。下幅を広げています。

@中国・上海株式相場が下げ幅を広げた。
→短期スタンスの投資家が株価指数先物に小口の売りを出し、現物株指数を下押ししたとの見方です。8月14日に「中国政府は2018年の鉄道建設投資を1兆円超積み増す方針だ」との報道がありましたが、効果は薄かったようです。

A小口の売りが出た
→14日に日経平均が498円65銭上げたので利益確定を狙った小口の売りが出たとの見方です。

以上の二点が影響しています。


前ページへ|次ページへ
バーズアイ
ヤリのお得レポート
リリースNOW!

to top