トップ新ケンミレ・アイ

新ケンミレ・アイ

≫バックナンバーを見る

2020/02/18 1回目 01:25

45 pt すごくいいねいいね

★新型コロナウィルスでも日本国内はパニックに

新型コロナウィルスの致死率は1%未満と言われていますが、65歳以上になりますと、致死率は大きく変わると思います。

つまり、新型コロナウィルスは「65歳以上の持病持ちの人」以外はそれほど恐れる必要はない病気なのかもしれません。

若者が家に持ち込んで、家にする老人に移し、移された老人が死亡するというパターンが、今後は顕著に出てくると思います。

◆今、中途採用の募集をしていましたが、本日付けで「スカイプ面接」か「面接日の無期延期」という対応をしています。

また、入口に「手指のアルコール」を置き、訪問者と社員の体温をチェックしてから入室、また訪問者は「入口で体温チェック」「マスク着用」「アルコール消毒」をした人のみ、入室OKという体制を取っています。

◆私は71歳の「感染すれば99.99%死亡する」条件をフルに満たしていますので、今は「会社に行く時は、ゴーグル、100%防げるマスク、ゴム手袋、ヘアキャップ、カッパをしていきますし、基本的には会社に出勤していません。

また外食は100%なし、週1回のスーパーも完全防備で行くなど、出来る事は全てしています。

但し、家にいますので、仕事時間は非常に長く、常に過労による倦怠感があり、体力は相当弱ってきているかもしれません。

◆株式市場が暴落するシナリオ
今日は300円以上も下落したのに、200円戻しています。戻した理由は、中国が景気対策として利下げを行うというニュースが流れたからでした。

しかし、新型コロナウィルスで経済が機能しなければ、金利を下げても景気対策にはならないので、株式市場が上昇しても、直ぐに剥げるのではないかと思います。

◆株式市場の急落要因
第一は、フェリーの感染者が大勢亡くなるというケースです。死ぬ確率が高い65歳以上の人がほとんどですから、今、一番注目されているのは「フェリーで感染した人が治るのか」という事だと思います。

中国の死者のうちで、65歳以上の割合は80%と発表されています。

第二の要因は、世界経済が死ぬ事です。世界の工場と言われる中国の経済が動かなくなれば、世界の経済が止まりますので、最悪経済恐慌になる可能性もあります。

第三の要因は、10-12月の-1.6%で、年率ではマイナス6.3となりました。1−3月は新型コロナウィルスによる景気後退となり、4−6月も景気後退となれば、高所恐怖症から株式市場バブルが弾ける時です。

いずれにしましても、新型コロナウィルスにつきましては、当初から想定していた最悪のシナリオに向けて動き始めた可能性があります。



2020/02/17 01:31

67 pt すごくいいねいいね

★大きく上がる銘柄は何時も大きく上がり、小さくしか上がらない銘柄は何時も小さく上がる

株価指数の株価水準と採用されている銘柄の株価水準を比較しますと、株価水準は高いのに採用されている銘柄は上っていないという不思議な現象が行っている事は、これまで何度も申し上げてきました。

そこで、今の相場は「個別銘柄に投資しても勝てない」のかという当然の疑問が湧いてきました。

◆そこで東証一部の全銘柄の2年間のチャートを見てみました。

そうしますと、個人投資家が個別株を買って、大きく儲けられる銘柄は5%しか無い、しかも常に「同じ銘柄だけが大きく上がっている」という事が分かりました。

大きく上がると言っても60営業日とか50営業日掛って上ったのでは「持ち切れない」ことから、短期で大きく上昇しているという大前提を付け加えました。

これでは個別銘柄の株価水準が低いのは可笑しいのではなく、株式市場全体は上っておらず、一部の銘柄にだけが「逆行高」していたのでした。

つまり、株式投資は儲からないのではなく、ほとんどの銘柄が上らず、上がったときも「十分な利益を取れるだけ上らない」訳ですから、買って、ある程度上ったら売ろうと考えて買った投資家は「上らないから売れない」という結果になっていると思います。

つまり、今の相場は過去に例がない相場となっております。
そこで、コンピュ―タが選んだプラチナ銘柄の他に「森田が選んだダイヤモンド銘柄」を作っています。ダイヤモンド銘柄は100銘柄を割ってくると思いますが、使い方のコツがありますので、リリース後に説明会をしたいと思っています。

今、リリースしてもタイミングが良くないので、株式市場がある程度下った時にダイヤモンド銘柄を発表したいと思っています。


2020/02/16 11:51

47 pt すごくいいねいいね

★今年の懸念材料は安倍総理とトランプ大統領とジョンソン首相、人間が世界を震撼させるか

まず、最初に思いつく懸念材料は、フェリーで大量の死者が出た時です。既に3700人出感染者は355人ですが、70歳以上のお年寄りが多いことから、今後は「感染者増」と「死者増」という問題がクローズアップされてきます。

安倍総理に対する公然とした批判が世界中で続出しますと、国内では「日本人の命を軽視した安倍総理と菅官房長官に対する非難」が湧きおこり、安倍総理が辞任に追い込まれる可能性があります。

アンチトランプ大統領は沢山いると思いますが、サンダース議員では米国を動かせないと思いますので、トランプ大統領の圧勝になります。

しかし、38歳のインディアナ州サウスベンド市長のブティジェッジ氏が民主党の大統領候補になる「うねりが出れば、オバマの時のような熱気が生れて、トランプ大統領が負ける」と言えます。従って、ブティジェッジ氏がサンダース氏に礼を尽くして、サンダース氏を味方にする事が出来れば、トランプ大統領に勝てます。

問題はジョンソン英国首相です。離脱までに2年の猶予があるのですが、ジョンソン首相は2020年末からの延期は考えていないとして、英国の勝ちにげを許さないと言っているEUの強硬派を牽制しています。

米国のように、負けない国であればブラフも通じますが、英国は既に負けない国ではありませんので、トランプ大統領トランプ大統領と同じ戦術を取っても勝ち目はないと思います。それでもジョンソン首相が強引な手法を取れば、欧州経済が「どうなるか」は誰も分かりませんし、リーマンショック以上の激震になるかもしれません。

最後の懸念材料は、新型コロナウィルスが止まらず、世界経済がストップしてしまう事です。既に人間世界の問題ではなくなります。
救われる道は「短時間で、個人が簡単に出来るコロナウィルスチェック機能を持ったもの」と「個人が簡単に出来るコロナウィルス対応のワクチンの開発成功」です。

株式市場が下れば、この検査薬の噂で上昇し、まだ完成まではもう少し掛る目という事実で「株式市場は再び大幅下落」となり、大きく下ると「好材料が出て再び、株式市場は上る」ということを繰り返しながら、検査薬とワクチンの開発を待ちという相場になるのではないかと思います。


2020/02/14 11:31

124 pt すごくいいねいいね

★新型コロナウィルス、いよいよ現実の恐怖になる

今までは、一部でオオカミ少年のような扱いを受けていました。
当初から、今回の新型コロナウィルスは「いままでのウィルスとは違う」と言い続けてきました。それは発症後に他人に感染させるのではなく、感染すれば「感染したか分からない段階から、他人に感染させる能力を持っている」という事です。

昨日は、ある専門家が「何時、収まるか分からない」「収まらないかもしれない」と発言していていました。


我々が安心できる環境とは、感染しているか、感染していないかが直ぐに分かる「妊娠検査薬」のような簡易検査薬が開発され、感染した瞬間に「市販されているワクチンを打てば治る」というふたつの武器が開発提供される環境が出来た時だと思われます。

但し、青年や壮年は「それほど恐れる必要はない」と考えられます。但し、前提条件は、中国が発表している感染者数と死者数が正しければです。

中国の人(中国から随時、生の情報が入ってくる)に聞いたところでは「検査をしてもらえなかった人は家にいたり、道端に倒れており」、そのまま死んだ人は感染者や死者としてカウントされていない」「病院に入れなかった道端や家で沢山の人が死んでいる(病院の廊下に死んだ人が横たわっている映像もありました)」「ほとんどの人は、感染者にも死者にもカウントされていない」という事でした。

これを聞いた時に、中国は、特に武漢は「受け入れ病院がない」から起こったと思っていました。
しかし、フェリーの人達が「武漢と同じ扱いを受けている現実」を見た時に、日本と武漢は変わらないと感じました。

一番、納得できない事は、新型コロナウィルスに感染していない人も「10羽ひとからげ」で、感染者と同じフェリーという空間に閉じ込めた政府の考え方と行動です。

「年を取り、持病がある人は、死ぬリスクが高い」という発表があったのに、こういう選択が出来るということは、日本人の命をなんとも思っていない政治家たちだという事になります。

当初は検査は能力的に出来ない、しかし、感染者が沢山出ているフェリーからは、権行使やであっても出さないという選択をした事で、フェリーからは大量の感染者が出ており、未だに出続けています。

これは後進国と同じ思考回路であり、昨日は80歳以上の人で持病を持っているひとの検査が終わったので、次は75歳以上の持病を持っている人の検査をして欲しいと要望が出ましたすが、「政府し検討します」というだけでした。

この政府の答弁を聞いたフェリーの人達の怒りと絶望は想像できます。

老人で持病を持っている人は、感染すると死ぬ可能性があるのに、つまり生命の危険があるのに、検討すると言える菅官房長官と厚生大臣の心を疑う発言には「怒り」しか有りませんでした。

厚生省の役人は、1日で1000人の検査が可能と言っているのに、菅は「認めない」と答えました。
人間の心を持たない人であり、安倍総理は「人が死んで、自分の責任が追及されそうになって、初めて予算を組んで、一生懸命している」と突然言いだしました。

◆私は今まで、一度も選挙に行きませんでした。
政治家が信用出来ず、政治の事を考えるのも嫌いだからでしたが、安倍総理と菅官房長官、河野外務大臣、そしてなにも応えられない、名前も覚えたくない大臣を、そのまま大臣にしておくという、国民の目を全く恐れない安倍総理を見ていますと、次からは「安倍政権が崩壊するまでは選挙に行って、反安倍票を投じ続ける」と決めました。

◆もし、自分がフェリーに乗っていて、これだけ心のない安倍総理と菅官房長官の発言を聞いたとしたら「こんな人達を日本のトップにする動きを阻止できなかったのは自分が悪い、けれど彼らのは発言は聞くに耐えない、気が狂いそう」と思っていると思います。

菅感冒長官は3月から5-6億枚のマスクを提供出来ると言いました。5億枚前後のマスクの8割を中国から輸入しており、その中国がマスクの輸出禁止を決めた以上、日本で8割のマスクを生産しなければなりません。

3月から提供出来るという事は、工場を作り、材料を用意し、人を確保して、3月から提供開始すると考えますと、「頑張りましたが、出来ませんでした。以後、最大の努力をして、出来るだけ早く提供できる体制を作ります」という心の感じられない発言をする菅官房長官が目に浮かびます。

◆市況
新型コロナウィルスについての、根拠なき楽観によって株式市場は上昇、それが違うと分かっても「上昇した分以下しか下落しない」という、今までと同じ展開になっています。
今回は22650円まで下落してから上昇に転じていますので、本当に下らないと言えます。

この裏には、株式市場が下がりそうならば「金融緩和」をして、株式市場の下落を防げば良いと安倍総理が思っているという事を投資のプロが知っているからです。

もっと言いますと、株式市場が上っていれば政権は安定しているという考えが安倍総理にあるからです。

何故かといいますと、相場が下がると日銀のETF買いが未だに入っているという情報があり、日経CNBCでも「相場が下った日に、後場には日銀のETF買いが入るかも」とコメントしていましたので、未だに日銀のETF買いをしているのだ、ここまで株式市場が上昇しても、まだPLOをしているのは、株式市場を絶対に下げさせないと安倍総理が思っているからです。

◆◆実際に、東証一部の銘柄のチャートを一つ一つ見ますと分かる事があります。
それは「ほとんどの銘柄は下げ続けており、日経平均が大きく上昇するタイミングでも「ほとんどの銘柄は反応していない」という事です。

つまり、今は「一部の銘柄」と「先物」が動くだけで、ほとんどの銘柄は「全く気動いていない」という事です。

私は昨年に株式市場の実態が一目でわかる2つのデータの発表を始めました。
今でもサイトのトップに表示しています。

未だに株価指数だけが上っていて、個別銘柄は株価指数に連動して上らないという事を誰も言わない事です。

これが分かれば、株式市場の上昇によって個人の消費が刺激されて個人消費がアップするという図式が機能していない事、株式市場の正しい姿を株価指数が反映していない事は大変の問題です。

株価指数と個別銘柄が連動する株価指数に変えるべきだという流れが出てくれば、株式市場は再び正常化してくると思います。

以上のように、株式市場は一部の政治家と、株価指数を利用している一部のヘッジファンドグループによって「操作」されているのを、政府と市場関係者が放置している状態が長く続いています。

個人投資家は自分の財産を守り、増やすためにも「間違っているという声を挙げる」タイミングに来ていると思って方が良いのではないかと思います。





2020/02/13 11:32

83 pt すごくいいねいいね

★NYダウ、4日ぶりに史上と最高値を更新
12日のニューヨーク株式市場は、新型コロナウイルスの感染拡大が弱まっているという見方から4日ぶりに最高値を更新しました。

NYダウ終値は、前日比275.8ドル高の2万9551.42ドル42セントで、初めて2万9500ドルを超え、今月6日につけた最高値を4日ぶりに更新しました。

中国で新型コロナウイルスの新たな感染者数の伸びが鈍化したことから、感染拡大が弱まっているのではないかとの見方が広がり、また中国の専門家が4月中には峠を超えると発言したこともプラスに働いた。

新型コロナウイルスの世界経済への影響は依然見通せないなかで、峠を越えたかもしれないという根拠のない噂で、NYダウが史上最高値を更新する米国の株式市場は異常であり、また米国にならう安倍総理の日本の株式市場も異常という事になります。

サンダース上院議員が劣勢になるとの見方で、公約の『国民皆保険』もなくなると見方も市場を上げた。

◆日米株式市場の上昇要因は、トランプ大統領も安倍総理も株式市場を下げさせないと投資のプロたちが思っている事です。

二人は、株式市場を上げておけば「個人消費を刺激する経済効果」があるとの見方から、二人がトップの間は株式市場は下らない、下がっても直ぐに上昇するという見方が大勢となっていますので、現時点では株式市場の下落要因が見つかりません。

これほど強い株式市場が出現したことが最大の悪材料となります。つまり、みんなが株式市場は下らないという時に「突然の悪材料」によって株式市場が下がるという経験は多くの人がしていると思います。

◆株式市場の最大の下落材料は、トランプ大統領と安倍総理の人気が暴落して、再選はないと市場が思った時かもしれません。

トランプ大統領には強力なライバルが出現しています。また安倍総理のごまかしにたいしても「そろそろ国民も聞くのが嫌になりだしていると思います。

何時かは分かりませんが、トランプ大統領・安倍総理の人気を注目する事が、相場の転換点を探す一番の方法かもしれません。


2020/02/12 3回目 21:26

63 pt すごくいいねいいね

★第二弾です。
過激なレポートは人を後ろ向きにさせるという事が分かっていても、どうしても言いたい事があると。このような仕方ないレポートを書いてしまいます。

【問い合わせ1】
不確かな情報の拡散は、どうかと思います。
”気を付ける”、”TVのショウに出ている専門家を自称する人を信用しない”のは、同感ですが。

まず、今回の担当官は、防護服を身に着けていたわけではありません。
感染が蔓延している所に医療用ゴーグル、使い捨ての防護服もつけずに
入って作業をするとか、素人か、正気を疑うレベルです。
これでは、だれでも罹患します。

【回答1】
私は空気感染があっても大丈夫なように、95と99と100のマスクを使い分けています。
ゴーグルと防護服については付けていませんでしたし、目から入ったのかもしれませんし、他から入ったのかもしれません。

しかし、空気感染を否定する要件にはなりません。ならば、空気感染をあると考えて対処するべきだというのが、私のレポートの意味です。

【お問い合わせ2】
まず、現状では、空域感染による広がりは始まっていないでしょう。
問題なのは、潜伏期間が最長14日と長いことです。(検査で陽性反応が出るまで期間も)
ホテルなどで隔離期間を経ての陰性の結果があれば、今の私より問題無いといえるでしょう。

【回答2】
日本の戦いはこれからです。
まずはホテル三日月から帰宅する人、フェリーから帰宅する人、それ以外のルートから感染者が日本に入国した場合と、空気感染の新型コロナウィルスの広がりは「これからが本番」になります。

特に感染した時から発病までの間の感染予防には、妊娠検査薬のように直ぐにチェック出来る何かが必要ですし、更に感染した時のワクチンが必要になります。

この二つが出来上がらなければ「新型コロナウィルスを克服する事は出来ない」と思います。
妊娠検査と同じような機能を持つものを日本な企業が開発中であり、これが完成すれば「広がりを抑えられる」と思います。

ワクチンについては、当初は6ケ月で完成と言われ、続いて1年あれば完成すると言われ、今日は最低でも1年半はかかると発表されていますが、何もデータがないので「専門家が何も言っても私は信じませんし、自分の事は自分で守るという方法を取っています。

変異をしてくるウィルスは、次にも変異するかもしれませんので、予断を持つべきではないという姿勢を持たなければ「生き抜く」ことは出来ないと私は考えています。

【お問い合わせ3】
入国制限等前に入国した人の行動により、今後の発生が大きく左右されます。
と外周時の手洗い、マスクは、大切だと思います。

さて、免疫について、ちょっと気の向くままに・・
まず、マスク、手洗いに関してもウイルスを完全に”0”にする訳ではありません。
減らすことが目的です。
ウイルス数を”0”にするためには、防護服等完全密閉が必要です。
マスクならダースベーダー、防護服ならアウトブレイク等の映画を思いだいして
いただければと。

【回答3】
私のレポートは健康な青年や壮年に向けたレポートではありません。3000万人の老齢者と少なくても1350万人の新型コロナウィルスで死ぬ可能性がある持病持ちの人向けのレポートです。

これは健康な人には他人毎ですが、当人にとっては他人事ではありません。
私は糖尿病で、難病の突発性間質性肺炎で血管炎、更に2012年から「免疫抑制剤」を飲み続けています。
このように1350万人か3000万人という限定するには大きすぎる限定者向けに書いています。

ですから、議論をするつもりは有りません。

私は、外出は週に1回だけスーパ―マーケットに行きますが、この時は手術用にゴム手袋とカッパを玄関でして、更に100%防げるマスクをして行きます。

帰ったら、玄関でゴム手袋とカッパとマスクを段ボールに捨てて、人間以外の消毒につかうアルコール消毒液を体とドアと空中に噴射し、続いて手と指のアルコール消毒液をビショビショになるまで付けて消毒し、その後で薬用石鹸のムースで手首まで洗います。

宅急便が来ると、玄関のドア前に置いてもらい、サインをして帰ってもらい、続いてダンポールなど受け取った荷物を物用消毒液で前面にふりかけ、更に玄関のドアと空中にも噴射し、最後に薬用ソープで手を洗うという事を毎回、繰り返しています。

通常、仕事は家のパソコンとサーバールームを繋いで家で行い、リモートシステケや社内システムを使ってスタッフとミーティングをしています。

1月からシステムで3名入社、それ以外でも8-10名の内勤を募集していますし、2021年度新卒に対する面接も行ってきましたが、今は「どうしても欲しい」と思う人だけ面接しています。

またミーティングでも、直接会って話さないと理解できない事もあります。この場合は「昔は家に来てもらった」のですが、今は家が一番清潔なので、家は基本的には出入り禁止にして、会社に「必要に時間」だけ出社です。

4月から新卒が9名入社しますので、こちらは楽しみですが、会社になかなか行けないのをどうしようかと思っています。

問題は、家で仕事をするようになって、仕事時間がエンドレスになった事です。既に71歳なので体はボロボロですが、使命感と仕事好きから、食事と睡眠以外は仕事をするという生活になっています。

【お問い合わせ4】
大雑把なことを書くと、罹患するするのは、体に侵入するウイルスの数と体の免疫システム
が退治できる数を超え、体内で増殖することです。入ったからと言って、かならず病気になるものでも
ありません。

100個侵入してもそのウイルスに対しての防御力が1000個あれば、罹患しません。
(ワクチンで抗体をつくるのも、これの延長です。蔓延している所に防具服無しで。

正気を疑うのはこのためです。(まるで罹患しに行っているようなものです)
手洗いをしっかりする、マスクを正しく装着するのはとても大切なことです。
だからこそ、最後の砦は、自分の免疫力となります。
体調管理(栄養、運動、睡眠、入浴、体を冷やさないこと)は最重要です。

さて、本日のニュースでは、中国の担当医は、早くて4月には収束?
というのがありましたが、市場はどれだけころ見ているのでしょうか?

以前、知人の中国人中国の経済指標について聞いたところ、中国共産党と中国人は信用するなと
言っていましたが、今回はどうでしょう?

(自分で言うか?)
もしかしたら。国連からの調査団が入り、コメントが出るまでは、詳細は不明かもしればせん。
それにしても。WHO事務局長は、中国にベッタリで、中国マネーを改めて思い知らされます。

【回答4】
人は事情が嘘を付かせます。つまり、大事なことほど人は嘘を付きます。
私は掛りっけの医者に「当面、免疫抑制剤は中止して、その分だけステロイドを増やしたい」と言ったところ、彼の答えは「死にたいですか」で、一蹴されました。

弱者が人間らしい生活が出来るようなAIソフトが完成するまでは生きたいと思っています。何年欲しいかと言われれば、90歳までは研究もしたいので、あと20年は生きたいと思っています。


2020/02/12 2回目 21:23

66 pt すごくいいねいいね

★凄く良い問い合わせが来ましたので、急ぎの仕事を外して書いています。
何故、書くのかといいますと「勝ち組の思考回路」の話を数少ないチャンスだと思ったからです。
ちょっと、失礼な言い方のところもありますが、意気込みと思って許して下さい。


【お問合せ1】2/11受信
2/10投稿のエアロゾルについて少々気になったので、返信させていただきます。
私より、医療、厚生に関して近い人からのご意見も上がっているかと思いますが、前職が医療、製薬に近かったこともあり、徒然と書かせていただきます。先にお送りしたように、空気感染とエアゾル感染はまったく異なるもので、間違った情報を発信すると、不安をあおるだけになります。

【回答】
今回のフェリーに検疫官の感染は「マスクをしている事」から、飛沫感染ではなく、エアロゾルでもなく、空気感染の可能性が高くなったと思っています。

仮に、空気感染があると思えば「更に防御のためのアクション」をします。無視すれば「空気感染だった場合」は、後の祭で、感染リスクが高くなります。

私の生き方は「無駄な努力の積み上げることによって、本当に危ない時も対処が出来る」という考え方を元にしています。つまり、悪い事は「最悪を考えて手を打つ」ことです。

ほとんどのケースは無駄になりますが、無駄を積み重ねることで「最悪の事態を避けられる」という生き方です。
この生き方・考え方が「割安株投資」生み、続いて「転換点投資を生んだ」と思っています。

【お問い合わせ2】
ラッシュ時の混雑等の人混みにおいて、飛沫感染を防ぐ上で、マスクを使用するのは有効です。またマスクの装着により、口、鼻を手で触ることの妨げることになり、粘膜の接触感染の軽減に役立ちます。加えて、吸気を保湿することにもつながり、粘膜の乾燥を防ぎ、免疫の低下を抑えることになります。

手の洗浄、アルコール洗浄は、重要で、直接の接触、飛沫の接触からまもる大切な行動です。

また、特に重要なのは、自分自身の免疫力で、体を動かして血流を良くし、体を冷やさず(風呂でゆっくりするのは有効、体温が上がると免疫機構の働きが良くなる→風邪をひくと熱がでるのは、自然の防御機構の発動)栄養をとり、疲労をためず、十分に睡眠をとることです。(社会人には、難しいところもありますが。)個人にできるのは、これに合わせて人混みをさけるぐらいです。同じ環境にいても、人により発症する人、しない人がいるのも事実で、人の免疫力に差異がある以上、避けられないところはあります。(極力防ごうとすると、防護服になってしまいます。)

【回答3】
米国ではSARSよりも感染力が強いが、致死率は遥かに小さいと発表しました。
私は何度もレポートしていますが、新型コロナウィルスは「老人の取って危険」であり、更に老人が持病を持っていたら、更に死ぬリスクが高くなると書いています。

日本に老人は3000万人以上、糖尿病、呼吸器疾患などの一部の持病を持っている人だけでも1350万人います。会社でも20代から40代は気にしなくても良い、幼児と持病持ちの老人だけが「新型コロナウィルスに完璧にた言おうすべき」たと思っています。

【お問い合わせ3】
現在の日本の状況ですが、この件に関して良くやっている方でしょう。
検査についても、検査試薬の生産量もあり、すべての中国からの帰国者を含む入国者に適応できる訳もなく、病院も新型ウイルスについての認知が追いつかず、現状が精一杯といったところでしょう。入国、及び入国者をどのように対応するかがポイントとなる訳ですが。中国の発表が昨年末、遅くても春節の移動を止めれるより、以後となったのが致命的でしょう。問題なのは、マスコミがこの件のこと理解できず、をショウとしていること、でしょう。

【回答3】自分と家族は自分が守るものであり、政治は「自分にとって都合が良い場合」にのみ動くものですから、私は最初から政治は当てにしていません。
特に安倍政権は「自己の利益意外は考えていない内閣」ですから、政府の期待するという気持ちは100%
ありません。

【音い合わせ4】
私の前職の協力会社に、TV関係の経歴を持つ方がいました。彼曰く、内容はどうでも良く、視聴率がすべて、また自分たちが権力者だと考え、現在政権をこけおろすのが、使命と考える人が多くおり、嫌気がさしたそうです。私もその方の忠告にしたがい、国会答弁、記者への発表を、TVをみるだけでなく、その前後を含めた内容をネットは配信等でみるようになりました。(TVの切り貼り、印象操作には、驚くものがあります。)

【回答4】
政治家は何もしないので、気にしなければ良いのですが、マスコミ、特にテレビは極悪人です。彼等は当初から新型コロナウィルスは風邪のようなもの、大騒ぎしてはいけないと、MC(特にKというお笑いMC)は、何も知らないのに「知ったかぶりして、大した問題ではないのに騒いではいけない」と、無責任に言い続けました。

結果として、何処に行っても日本人でマスクをしている人は世界の中で2番目に感染者が多いにも関わらず、ほとんどマスクをしていません。
先週の日曜日に競馬場に行きましたが、ほとんどの人がマスクをしていませんでしたが、これはMCを中心にコメンテーターという素人達が作ったものです。

【お問い合わせ5】
私の個人的な意見ですが、今の内閣はあんな野党の裁判ごっこに付き合って大変だなー、野党はなにかあれば、ぐずってサボって、税金を無駄にしていると思っています。そもそも、国会は裁判ごっこをするところでは無く立法府。問題があるのであれば、現在つかんでいる証拠等を司法(公安、検察等)にそれぞれの件を引き渡し対応させれば良いだけのことだと思います。

裁判ごっこしかできないレベルの野党を持つ日本は、ある意味不幸、それにつれ与党のタガが外れてきているのが不安です。政治家の質が落ち始めているように思います。

【回答5】
私は選挙にいった事がありません。政治と係らないからです。以前は大臣経験者などを紹介されたことがありましたが、私が全く興味がなく、話題が進まず、直ぐに分かれました。


【お問い合わせ6】
アメリカに長期出張(滞在)したいた時からの感覚ですが、トランプ氏については、オバマ氏に比べはるかに良くやっているよう思えます。まあエネルギー問題(温暖化含む)に関してはトホホなところがあると思いますが。貿易、特に対中国に関しては、知的財産等に関して良くやっているというより、これまでのオバマ氏があまり中国を理解していなっかた言う方が正解だと思います。
日本もこの件に関しては、どれだけ痛い目にあってきたか正直、良い政策ばかりではありませんが、全体を見ればいい方だと思っています。
ただこれもマスコミの印象操作が大きいようで、私は日本語版ではなく直のCNN、FOXニュース、ABC、ロイター、Wallstreet、Financialtime等を読むようにしております。(日本語版になった時点で、かなり取捨選択された内容になっていますので。CNNは民主党寄り、FOXは共和党寄りは有名)日本の報道と違うことが・・・

【回答6】
自分の利益になるならば、根拠のない事を堂々と言える大統領をいろいろな国の若者が見たら、その若者の価値観はどうなるのか、安倍総理のように「資料が欲しいと言われたら、直ぐにシュレッダーで処分させ、資料が無いので答えられません」と堂々と言われたら。野党は裁判で争うしかありません。

つまり、どれだけ嘘を言っても、裁判にならなければ問題ないというやり方を総理大新が通せば、子供たちは「裁判で負けなければ、どんな嘘をついても良い」という考え方になります。

昔は中国人や韓国人は「正義よりも自己利益を優先する国民」と言われました。しかし彼らの国民性は「占領時に国が守ってくれなかったことから自分の財産は自分で守る。そのために嘘をついても良い」という過去が生んだものと言われました。

しかし、トランプ大統領と安倍総理は金持ちのエゴよう用にしか感じませんし、そもそも国を代表する地位につくべきではないと思っています。過去を振り返っても、これほどエゴ丸出しの大国は中国とソ連という東側以外には無かったと思います。

【お問い合わせ7】
最後に、この状況で、今日の上海市場も大きく値を下げることも無かったようですが、どんな魔法?(どれだけのお金で支えているのでしょう。)
各都市間で物流を制限せれている状況で。

勝手気ままなことを書きましたが、一会員のつぶやき軽く流してくだされば、幸いです。

【回答7】
この風潮を作ったのはトランプ大統領です。彼は嘘を言って株式市場を上昇させ続けましたが、不思議な事に「嘘と分かっても上昇前まで株式市場は下落しません」でした。

またトランプ大統領と安倍総理は、株式市場が上昇していれば安泰という考え方から「金融緩和をすれば、株式市場は上る」という戦略を取っています。

この考え方に乗ったのが、米国のヘッジファンドだと思います。トランプ大統領は株式市場を下げさせないので、買い上っても大丈夫と考えて、強引に先物を買っています。

プライドをなくせば「何でもアリ」になりますし、プライドを持っていなければ「何をするにも抵抗感はありません」ので、殆どの人は勝てません。しかし、彼らのようにブラインドを捨てても得したいという人間にはなりたくありません。

結果として、選んだ道は「彼らを軽蔑」しながら、彼らが政界から引退するのを待つという方法でした。

どうしても、トランプ大統領と安倍総理が出てきますと「何ともいえない嫌な気持ちと腹立ち」を覚えるので、きつくなってしまいます。ごめんなさい。


2020/02/12 1回目 10:59

73 pt すごくいいねいいね

★新型コロナウィルス問題が第二段階に入りましたので、高齢者は臨戦態勢に入るべきです

ホテル三日月のいた人もダイヤモンドプリンセスにいた人も、間もなく出てきます。これは権利ですから出てくる人に対していろいろと言ってはいけないと言えます。自分か自分の家族と考えればわかると思います。

大きな問題で、臨戦態勢に入るべきと言った根拠は「空気感染が証明された」からです。
ダイヤモンドプリンセスに行っていた検疫官が感染しました。

彼の仕事は「各部屋を回ってアンケートを取る」ことで、当然ですがマスクと防護服は着用しての話です。

医者のマスクをテレビで見ていて、あれでは新型コロナウィルスを防げないと思っていました。
新型コロナウィルスは0.1マイクロミクロンであり、ウィルス対応と謳っているマスクでも3マイクロミクロンであり、これでは新型コロナウィルスは防げないと思っていました。

政府は空気感染しないと言っていたので、飛沫観戦さえ防げればよいと考えて、あのようなレベルのマスクを使っていたのだと思いますが、何時も言いますように「専門家は、過去の勉強したこと以外は約に立ちません」ので、専門家の意見を採用してはいけないと思っています。

いずれにしましても、新型コロナウィルスは新しい段階に入りました。当初は「風と同じ」と言われ、続いて警戒は必要だがそんなに強いウィルスではないと昨日まで言われ、今日、4名の感染者が重症となり、人工呼吸などの救命措置を取っているというニュースが流れました。

次は残念ですが、死亡のニュースが流れ、重症者が急増し、街中での感染のニュースが流れる可能性があります。

◆このニュースが流れてから対応策を講じてね「既に、時遅し」ですから、今のうちに準備をした方が良いと思います。



2020/02/11 09:55

163 pt すごくいいねいいね

★安倍内閣は、加計問題、森友問題、サクラを見る会など、自分に関係している事に対しては「行動が早い」が、新型コロナウィルス問題は「何もしない」、その総理を再選するのか?

安倍総理は信頼できない人の最右翼であるのに支持率は高い、トランプ大統領も信頼できない人の世界一であるのに支持率が高い、つまり、自分のために生き、自分の支持基盤に対しては非常識でも行動、発言して選挙に勝つ、選挙に勝つという目的のためには「何をしても良い」という風潮を作った元凶の二人です。

このような人に対して、国民は声を出すべきです。新聞の投書、テレビの報道ニュース番組への当社、雑誌社への投書など、自分と家族の命を守るために、政府を動かす行動をしなければならないと思います。

◆私は石橋を叩きながら渡るタイプです。
今、私は基本的には会社に出社しません。会社の人は「満員電車を避けるために、10時出勤に変更」しました。

私と社長と常務は「基本的には在宅勤務」にしています。
この三人が会社を動かしていますし、当然、年を取っていますので、会社としては経営のリスクヘッジとして3人を守る事は経営者の会員の方々に対する義務だと言えます。

在宅勤務が出来るのは、以前から「在宅勤務が出来る環境」を作ってきたからです。最終的には、郵便物を回収する事以外は全員が在宅勤務出来る体制を完成させています。

更に、1人に週2枚、月8枚のマスクを支給、アルコール除菌液も4リットルの詰め替え用を21本購入済みです。84リットルのアルコール液を確保、社員1年分として2000枚のマスクも確保しました。

これ以外にも、人間の手のアルコール消毒以外のものに対するアルコール消毒液もスペアを含めて25本確保しています。

◆会社の経営者の怠慢で、スタッフを死なせられません。安倍総理にとっては「私のスタッフが国民」なのに、全く国民の生命には興味が無いみたいです。


私個人は、マスク、2種類のアルコール液、手術用ゴム手袋、ゴーグル、カッパ、備蓄用の食べ物、飲み物を準備完了、玄関に段ボールをおいて、出る時にゴム手袋とカッパを付け、帰ってきて玄関を入ったら、その場でゴム手袋とカッパを捨て、洗面所に言って薬用せっけんで手を洗い、顔を洗っています。

食事が必要であり、出前にはリスクがありますので、週に1回はスーパーに買い出しに行きますが、その時の対応を書きました。

私は佐づ委託勤務ですが、社員は出入り禁止、代わりに「リモートシステムで社員のパソコンでデザインミーティング」「エクセルとワードで研究ミーティング」をしています。

また、全ての社員の家のパソコンを「自社にあるサーバールームに直結」させています。勿論、ドーナツ形式で「自分が関係しているところしか、担当者は見ることが出来ない」仕様にしていますので、データの防御も完成しています。

◆事務の利AI化
経理は大変ですが、当社は1ケ月に1度しか仕訳を行いませんし、それ以外でも「人はほとんど参加しないシステム」を作ってあります。

つまり、通常業務はほとんどが自動化されています。人間が参加しなければならないところを極力減らしています。

今、サイト数は10サイトありますが、制作・管理をしているのは一人の女性です。フリーランスのWEBデザイナーを一人確保していますが、制作を含めて、10個のサイトの管理を一人の女性が行っています。

◆残るは「転換点」だけ
新ケンミレサイトが一変してきます。これまでとの違いは「ほとんどがAI化された」事です。つまり、投資の知識や技術がなくても、プロ以上の能力を発揮できるサイトを作りました。

間もなく、先物エグゼと株エグゼというふたつの投資顧問業務のサイトも一変予定ですし、利益計算・成功報酬計算・領収書の発行も自動で行える体制を作りました。

今の総勢は8人+フリーランスと派遣3人の11人です。4月からは新卒9名、システム2名が追加されますので22名になりますが、あと8名足りませんので、今募集中ですが、確保できるまで募集を続けます。

相場が中途半端なので、頭のなかにある事を書いてみました。


2020/02/10 3回目 11:15

42 pt すごくいいねいいね

★エアロゾルが突然「登場」しました

空気感染であり、しかも遠くまで漂ってしますので、感染範囲が広がり、更に0.001マイクロミクロンの大きさまであると発表されました。

この中で、0.001マイクロミクロンは数字の問題なので「誤報」の可能性もありますが、他のものは事実の可能性がありますし、事実の可能性があると思って対応した方が良いと思います。

つまり、人ごみに行くときは、0.1マイクロミクロンに対応できるマスクをしないと「空気感染」で新型コロナウィルスに感染する危険性が高くなったという事です。


◆ダイヤモンド・プリンセスの旅行代金が全額返金される事になりました。

テレビは美談のように報道していますが、これは「将来の損害賠償に備えた会社側の措置」だと思います。

既に2月1日には感染が分かっていたのに、5日まで秘匿した事により、感染者が増加した訳ですから、今後、新型コロナウィルス問題が落ち着けば、船会社と厚生労働省と官房長官と総理には「情報を秘匿して感染者を増やした責任」を追及される可能性があります。

つまり、政府の発言は「損害賠償や感染していなかった乗客を新型コロナウィルスを感染させた政治的責任を追及されないようにすること」を前提に発言していると思います。
こう思って、官房長官や安倍総理の発言を聞きますと、発言内容が別のものに聞こえてくるかもしれません


新ケンミレ・アイ