トップ新ケンミレ・アイ

新ケンミレ・アイ

≫バックナンバーを見る

2020/01/25 2回目 09:34

12 pt すごくいいねいいね

割安株投資 第四回
(3) 急落タイミング探しソフト
このソフトが割安株投資に一番合っているソフトだと思います。この検証は2008-2009年に開発・検証したソフトでしたが、直ぐに転換点ソフトが完成してしまったので、お蔵入りしていた投資ソフトです。
  急落タイミング探しソフトです。自分が注目していた銘柄が急落したという知らせが来たら、ただ「成り行き」で買うだけです。

  タイミングは前引け後と大引け後で、前引け後は後場で買い、大引け後は翌日の寄り付きで買うという方法です。
  このソフトの特徴は、勝負は「買ってから、1-3日で売る」です。つまり、超短期投資専門のソフトです。

  私は転換点ソフトが出来てからは「転換点ソフト」だけを使っていれば、シグナルが点灯した年は15-50%の利益が出るので、転換点先物投資だけをすればよいと考えるようになりました。

  しかし、不思議なもので、必ず、年に平均して4回は転換点が来ていたのに、私が転換点だけを頼りにしてからは、シグナルが点灯しない年が出てきました。

  2000年から2016年までは、毎年転換点シグナルが平均して4回点灯していたのに、2017年は初めてゼロ、2018年は4回、そして2019年もゼロでした。

  ◆丁度、転換点先物投資手法がほぼ自動化が完成したこともあって、2020年から約束した通りに割安株投資の研究を始めました。

  始めてビックリしたのは「私の割安株投資のレベルが格段にアップしていた」事でした。つまり、今、15年ぶりくらいに割安株投資の研究を再開したのですが、前には見えなかった事が沢山見えてきました。

  沢山、見えてきたことから、これはみんなに伝えたいと思うようになり、急にフル回点で研究をスタートさせました。

  たぶん、ほとんどの会員が「ビックリする」と私が事前に言っても「びっくりする」と思っていて、ニヤっとしてしまいます。

完成が何時になるかは「まだ分かりません」が、出来れば今年前半には完成させたいと思っています。
もしかしたら「一部リリース」という方法を取るかもしれません。途中経過はケンミレアイでレポートします。

今は、休み中に少しでも見て欲しいと思って、金土日で出来るだけ書きたいと思っています。


2020/01/25 1回目 09:32

6 pt すごくいいねいいね

割安株投資 第三回
(2) 買った後の対処方法は「高値ロスカット」で行う
高値ロスカットと云うソフトはケンミレが開発したソフトで、意外に面白いソフトです。

例えば、高値ロスカット率を10%に設定したとします。

◆ケース1 買った後に15%上昇したが、売り損ってしまった時は、高値から10%下落したら「売り」というシグナルが点灯しますので、そこで売ります。

そうしますと、15%上昇してから10%下落しますので、単純計算では「投資に失敗して値売り損なったのに、5%の利益で売れた」事になります。これが第一の特徴です。

◆ケース2 買った後に6%上昇したところで上昇が止まって下落に転じた時は、買い値の5%上から10%下がったところでシグナルが点灯しますので、そこで売ります。
そうしますと、6%上昇したところから10%下落したところですから、買い値から4%損したところで売ることになります。

つまり、買った後に上った分だけ、失敗した時も損失が減少できるというのが、第二の特徴です。

◆ケース3 買った後に10%下らなければ売らないということは、買った後に株価が上っても「10%下落するまで売らない」訳ですから、仮に200%上昇してから10%下って売るとすれば、190%の利益が取れる事になります。

この特徴は「相場を読む必要が無い」という事です。10%下がるまでは持ち続けるだけで、大きく上昇したら、その分が儲かる訳ですから、夢の見れるソフトということにもなります。

この高値ロスカットを売りの運用モードに登録する時に「目標利益率で売る」と「高値ロスカットを何%
に設定する」の二つの設定を行えば、あとは売り目標価格に到達したり、高値ロスカットシグナルが点灯した時には、PCメールと携帯メールとサイトでお知らせします。

この高値ロスカットは、割安株投資のように「底を打って上昇に転じるか、更に下がってしまうのか」が分からない割安株投資には必須のソフトになると言えます。





2020/01/24 4回目 20:26

12 pt すごくいいねいいね

割安株投資 第二回

割安株のリスクは、転換点ではないので、買った後に上るケースと、少し下がるケースと、転換点まで下がるケースの三つのケースがあり、これに対するヘッジが出来ていなければ「割安株投資はリスキーだ」ということになります。

つまり、割安株投資とは、どれだけリスクを減らして、売買回数を増やすかという事に絞られます。

◆割安株投資のリスクの減らし方

(1) 出来るだけ安く買う
波動ラインを使ってリスクヘッジをします。波動ラインには年2回波動から24回くらいまで(銘柄により変わります)ラインが引けますが、2回が一番リスクがないと覚えてください。
年間で2回くらいしか起こらない大きな下落が2回波動です。
自分は年何回くらいの波動で投資するかを決めます。そして、波動の回数を入力すれば「その回数が認定された時」の通知が来たら、そこから買いの準備をします。

安全性を重視するならば「年2回波動を選択」してください。次は「年4回波動」で、「年5-6回波動以上」は選ばない方が良いと思います。

安全性から見ますと、年2回波動は「波動が認定された日に底を打って上昇する確率が高い」と言えます。チェック方法は「波動ラインが引かれた日」と「時陽称に転じた日」を比べてください。

二回波動が一番当たります。4回波動、5回波動、6回波動になりますと、波動が認定されても直ぐには上昇しない可能性が高いので、そこから探しても間に合う事が多いと考えて下さい。

いずれにしましても、2回波動か4回波動が認定されるまでは買わないという投資方法を取れば「高値買い」は100%防ぐ小見戸が出来ると言えます。


2020/01/24 3回目 14:13

21 pt すごくいいねいいね

★新型コロナウィルスに感染した人で、死ぬ確率が高い人の特徴

新型コロナウィルスに掛っても、死ぬ確率は10%程度だと思われます。つまり、90%位は回復する事になります。では、どんな人が死ぬのか?

第一の要因は「高齢者」で、第二の要因は糖尿病患者、第三の要因は呼吸器疾患、第四の要因は免疫力の低下と言われています。

森田は、この4つ全てに該当しますので、感染すれば死ぬ確率が高くなります。

そこで、社員には「PM2.5も通さないマスク」を支給しました。これはPM2.5が話題になった時に「このマスクを3000枚買いました」が、その後PM2.5は下火になったので、大量買いの必要は有りませんでした。

私は毎日、人ごみにでる時、病院に行く時は必ずこのマスクを使っています。

◆鼠径ヘルニアの手術に失敗して、普通に生活するのは3月からと言われ、セカンドオピニオンで別の医者に診てもらったら、普通に生活するまで6ケ月掛ると言われました。

その前には脊柱管狭窄症で手術、その前には左右のテニス肘の手術と、晩年になってから病気の嵐となっていますが、ヘルニアの痛みはほとんどなくなり、上手くすると来月中旬には富士で走れるかもしれません。

まだカラオケも禁止されており、この間、お腹に力を入れないカラオケに行ったのですが、6曲でお腹が激痛になってしまいました。

◆糖尿病は2017年にみつかり、8.2までアンカが上昇していました。
そこから1年で6.3まで減らしたのですが、油断したら6.7まで戻してしまいました。
それが今回の採血結果では6.1まで低下しました。6.0から正常なので「もう少しで糖尿病を独力で克服」になります。

◆どうやって、糖尿病を治したのか
私は豆大福が好きで、羊羹が好きで、蜜と茹で小豆とバターを沢山縫ったホットケーキが好きで、たいやきも好きで、アイスが好きで、スパゲティナポリタンとミートソースが好きで、すき焼きが好きです。

これらは絶対に食べてはいけないと医者にいわれましたが、私は普通に食べます。食べると血糖値は230-250まで上がります。

「好きな物」を食べられない人生に勝ちは有りませんので、他の駄目なものも含めて、私は毎日、何かを食べています。

また果物が好きで、これは毎日、沢山食べています。

◆それでもアンカが2年で6.1まで減ったのはどうしてか

第一の要因は「ダイエット」です。2年で体重は88キロから72キロまで減らし、更に70キロまで減らす予定ですが、体重減と糖尿病は密接に関係していると思いました。

次は、血糖値を減らす食べ方を知っている事です。
血糖値が上がると、私は冷凍ご飯をチンして、お湯を掛けて、一夜漬けのなすだけで食事をします。しかも、絶対に残します。

それから9時を過ぎたら食べない事です。しかし、食べる事が趣味なので、食べないと思うだけでもやけ食いしてしまいます。

そこで、前述しましたように、私は何でも食べます。
問題は食べ方です。例えば、たいやきは「一口」だけ食べる。他のものも「少しだけ食べる」ようにしています。

最初の一口は感動しますが、その次からは「食べる作業」となり、最初の満足感は二度と味わえません。味わえないのに、食べ続けても意味はないので、私は「少しだけ食べて終りにする」という方法で、医者が禁止している物を食べ続けています。

絶食も効果があります。不規則な食べ方はダイエットには良くないと言われていますが、私は食べたり、食べなかったり、食べ続けたりしていますが、それでも2年で16キロ痩せ増した。

60歳の時の基礎代謝は2300キロカロリー、今は1500キロカロリーに落ちたこと、年を取ったことからダイエットは難しいと言われていますが、私は誰の指導も受けずに「基本的には食べない」「食べたくなった時は食べる」「沢山は食べない」という方法だけでやせました。

つまり、ダイエットをするという事は「窃取カロリーを減らすこと」であり、それは糖尿病対策と同じなので、糖尿病を治すならば「ダイエットをしましょう」という結論になります。




2020/01/24 2回目 12:33

15 pt すごくいいねいいね

★昨年前半に、後半から「新しい割安株投資の研究をスタートさせる」と書きましたが、6ケ月遅れて1月からスタートしました。

新しい割安株投資は「激変」しています。作っていて自分でも興奮しています。

割安株投資を本格的に研究するのは15年ぶりくらいです。従って、ケンミレの研究レベルが大きく上がっていますので、文字通り、手が届く仕様になりそうです。

今日から、開発と並行して「少しづつ新しい割安株投資」をレポートしていきます。

◆新割安株投資  第一回

サイトのコンセプトは「毎日来たくなる」です。どういうサイトになれば「毎日、来たくなるのか」を考えてみました。

転換点投資の場合は「株式市場が大きく下らないと買わない」ので、大きく下るまではサイトに来ても仕方ありません。

ということは、転換点投資とは全く視点が違わなければなりません。

そこで考えたのが「組入れ比率40%の割安株投資」と「組入れ比率50%の割安株投資」、そして「組入れ比率100%の転換点投資」の三つの投資方法を提供する事にしました。

◆一番安全で、財産構築だけを目的にする投資であれば「転換点投資」がベストです。では40%投資と50%投資はどんな投資なのか

今回は、沢山の武器があります。いままでの割安株投資のソフトをそのまま使うのは「マイストックリスト」と「売買値サーチ」です。

目的は、急落場面でも投資出来る事が一つ、転換点までは下らない下落局面で買う方法です。
最初の急落を買うソフトは「実は既に開発済み」です。そのすぐ後にコロンブス・エッグ投資ソフトが出来たので、後回しになっていたのですが、急落局面でしか使えないソフトでもあります。

割安株投資ソフトも大幅に縮小し、使い方も全く新しい使い方になり、何より「トップページに色々と投資にダイレクトに役立つ情報」がてんこ盛りになっている事です。
                                  今回はここまでです


2020/01/24 1回目 12:19

12 pt すごくいいねいいね

★米国の1982年のGDPと今のGDPを比較すると3.7倍だった、では米国の企業収益は

1982年の企業収益を見たかったのですが、ケンミレが持っているデータは1985年まででしたので、1985年第一四半期の企業収益を見ますと「3227億ドル」でした。2019年7月期では「2兆873億ドル」でした。

企業収益の伸び率は6.4倍になります。GDPの伸び率は37年で37倍、GDPの伸び率は37年で3.7倍、企業収益の伸び率は34年間で6.4倍となりました。

1985年のNYダウは1375ドルで、直近の最高値は29373ドルですから、上昇率は21倍になります。GDPよりは縮まりのしたが、それでも21倍と6.4倍では「NYダウが超割高だ」と言えます。


2020/01/22 21:17

26 pt すごくいいねいいね

★相場環境は変わらず、日経平均は再び24000円乗せ

昨日はNYダウ先物が100ドル安となった事、新型コロナウィルスが人から人に感染することから、一気に世界中に広がれば、世界景気が悪化するとの見方から、日経平均が売られて、為替も円高になりました。

日経平均は166円高の24031円です。

◆では日経平均採用銘柄はどうだったのか

今日から「転換点を探すソフト」「個別銘柄が集中している株価水準を見る」「株価指数の水準と採用銘柄の水準の比較」のインターフェイスを一新して、コロンとを書きましたのでご覧ください。

相場実態のコメントであり、転換点を探すコメントですから、時間がある時に読んでください。









◆新型コロナウィルスはインフルエンザと同じくらいの感染力であり、それほど恐れるものではないと、今日もテレビで言っていました。

専門家の意見を採用するという姿勢の人は「酷い目に合う」というのが私の基本的な考え方です。

何故ならば、過去の経験則から未来を予測するのが専門家であり学者です。
従って、結果が違っていた時は「想定外」という言葉で片付けられます。つまり、学問的に発言であり、当たるか当たらないかの予測ではなく、統計的に話しただけといいます。

例えば、高層ビルが倒壊した時には、想定内の地震ではなく、想定を超える地震が起こったので倒壊した、想定外の事だったという事で終わります。

つまり、想定外という言葉を使う事で、自分の発言には一切責任を持たない訳ですから、彼らの発言は「参考程度」に考えて、自分と家族と仲間の命は「自分で守られなければならない」と考えるべきです。

今日も新型コロナウィルスは「突然変異」するウィルスだと中国が発表しています。

投資顧問業も同じです。答えだけをいう会社は沢山ありますが、助言の根拠や過程まで発表する会社は少ないと言えます。それでも投資顧問として継続出来るのは、大学教授を信じるのと同じで専門家という肩書を信じてしまうからだと思います。

私は2年間、毎月1回ホームパーティをしました。招待者は東大・東工大・京都大・東北大・名古屋大・早稲田・慶応・著名評論家などですが、ほとんどは大学院教授でした。

1回で15名ですから24回で述べ360名の人とお会いしたのですが、大学教授とは「過去に自分が研究した、過去の事実を話す人」というイメージでした。つまり、過去の遺産で今を食べる人でした。

この経験が「上記のように、自己責任で生きる」ようになった主因でした。


2020/01/21 2回目 16:51

34 pt すごくいいねいいね

★新型コロナウィルスは感染力が弱いとテレビで専門家が発言

報道が本格化する前に1月12日現在での新型コロナウィルス感染者は1723人と、英国の専門機関が発表しました。

既に、数千人規模を超えているかもしれないという報道も出ていますので、どうして感染力が弱いと言えるのか。

武漢では、一人の患者が14人の病院勤務者に感染したという報道がでましたし、その病院では完備しまでが「防護服」をきて勤務していましたので、その病院では「感染力は強い」と考えていると思います。

更に、死者が発病者の10%程度まで上るとも思われる新型コロナウィルスに対して、国民が軽く見るような発言を専門家がしたとすれば、そういう専門家はテレビで使うべきではないと思います。

少なくても、感染力が弱いという事は証明されていませんし、中国発表の発病者に対して、日本政府が「本当の数字を教えて欲しい」と中国に依頼したところ、いまだに中国から返事が来ていないことも考えますと、サーズの時と同じ可能性もあります。

従って、手洗い、うがい、マスク、人ごみに出ないくらいの防御策を言うべきではない株式市場と思います。

新型コロナウィルスが異常感染したとなれば、世界経済に影響を与える可能性がありますので、新型コロナウィルスについての情報は収集しておいた方が良いと思います。


2020/01/21 1回目 15:25

28 pt すごくいいねいいね

★日経平均は218円安の23864円、先物260円安の23820円

上る理由も下がる理由も「これだ」という理由は見つけられませんが、相場が下がり出したのはNYダウ先物の100ドル以上下落した事がきっかけだと思います。

しかし、私は新コロナウェルスが「人→人」感染するという発表にあったと思います。新コロナウィルスが世界中に広がった時には「世経済規模が落ち込む」可能性があります。なより、人の移動が大幅に減少することからインバウンド売上が世界中で落ち込み、景気の悪化から株式市場が下落するというシナリオも相場下落要因になっているかもしれません。

為替は110円を割り込みましたが、これもNYダウ先物の下落と関連しているかもしれません。

今の日本の株式市場には独立性は有りませんので、今後の相場は「NY株式市場次第」となるのではないかと思います。


2020/01/18 13:27

31 pt すごくいいねいいね

起業家たまごの経営イロハについての読後感を頂きましたので、ご紹介します。

発売後に、当時のダイヤモンドZAIの編集長に本を送り、その後に食事をした時に、彼から読後感を聞きました。

彼は三つの理由で「この本は売れない」と私に断言しました。実は、前年にサルチャー教室のムック本を3万部出し、2ヶ月で完売して、正式に単庫本で出そうと言われたのですが、忙しくて断った事がありました。

売れない理由の一つ目は、
経済本は日経かダイヤモンドか東洋経済でなければ売れないと言われました。この本は講談社から出しました。

二つ目は、本の名前が悪い。起業家という単語から本を探す人はほとんどいないから。

三つ目は、中身が濃すぎる。中身を1/3に減らして、優しい文章にして、ダイヤモンドから出そうと言われましたが、当時は忙しくて残念ながらお断りしました。

料金は1500円ですが、消費税と郵送料合わせて1005円で販売します。会員の方限定ですので、申し込みれた場合は、翌日本を郵送し、会費と一緒か、振り込みでお支払いいただければ結構です。


◆この事を前提にして、読後感を読んでください。
本書は経営リソースに限りがあるベンチャー企業の運営を、市場選択・サービス開発・顧客対応・管理職登用・人材採用・人事評価、そして成果を出し続ける社員の指導方法について、実践と実戦で裏打ちされたノウハウが詰まっている本として読みました。
文体は読みやすく内容もよくわかり難解な事柄はひとつもありませんし、よくある啓発本のように歴史上の傑人の言葉を借りただけの薄っぺらさも感じませんでした。

本を閉じても記憶に残っているフレーズ等をいくつか挙げます。

面倒な仕事にしか価値がない
一日1ミリの努力
社長の仕事は会社に必要なことすべて
社長に逃げ場はなく最終責任を負う
全員が反対するアイデアは最高のアイデア
上司が気持ちいいいと部下は我慢している
体が勝手に動くほどの集中、ジャンボ尾崎の”聞こえなかった”のエピソード
楽しく生きたいので退職した会計士

どれも意味をすぐに理解できる「金言」であって、その実行と継続こそが難しい。

「一日1ミリの努力」の一節は、20年ほど前にどこかの社長の新入社員向け訓話が新聞に載っていたものと重なる、と思いだした。その社長は「出世したい、いい仕事をしたいと願うひとは”あともう一仕事”を続けてください」ということばを新入社員に送っていました。「今日はこれで終わりだな、と思った後にたった一つでいいから明日の仕事する。それを続けると5年10年で非常に大きな差になり、必然的に処遇はあがりよい仕事がまわってくる」といった趣旨の訓話でした。
仕事を20年以上もやるとわかるのが、結局は社会人や経営者として成功するにはこの毎日の努力が不可欠であるという事実です。

この本に勇気づけられるのは、ケンミレの起業が50歳前だったということ。ケンミレやエグゼ会員の年齢層は40後半〜70台と高そうに想像しますが、まさにその世代にも一歩踏み出すだけで大きなチャンスが得られるということを見せつけられました。

>


前ページへ|次ページへ
新ケンミレ・アイ