トップ世界のニュースが教えてくれること 〜Yの視点〜(投資ブログ)

世界のニュースが教えてくれること 〜Yの視点〜(投資ブログ)

≫バックナンバーを見る

2016/09/30 19:48

9 pt すごくいいねいいね

長らくご愛顧いただいてきました「Yの視点」は9/29をもって終了しました。
今後は別の形での情報配信を予定しております。


2016/09/29 08:20

48 pt すごくいいねいいね

ドイツ銀、英保険事業売却で株価が上昇。欧州銀行システム不安が和ぐ・米経済指標・など5件の記事解説です。

------------------------------------------------------------
9/29 米耐久財受注:8月は前月比 +3.6% 、コア資本財出荷は4カ月連続減

Yの視点→米製造業は弱いものの、米企業投資先行きに明るさがみられました。

------------------------------------------------------------

9/29 ドイツ銀、非中核資産の英保険事業アビー・ライフ売却を発表したことで同行の株価が上昇。欧州銀行システム不安が和らぎ、ドイツ銀CDSの取引が半年ぶり高水準、前週比+60%ー財務力への懸念で

※CDS:クレジット・デフォルト・スワップ = 潰れる保険金みたいなもの。この率が高いということは潰れる度合が高いということ

Yの視点→ドイツ銀行のCDSが60%も上昇したということは危機的な状態なのですが、その緊迫感が感じられません。ひょっとしたら、ドイツ銀行を餌にトレーディングしているかも知れません。

------------------------------------------------------------

9/29 ドイツ財務省は、ドイツ銀行が米当局との和解金を支払えない場合に備えて政府が救済策を準備しているとの現地ツァイト紙の報道を否定した

Yの視点→当局が早々と支援策を打ち出すはずはありません。緊迫度が低いです。世界の金融株が売られ、世界の株式市場が動揺をきたした時、山(当局)が動くでしょう。

※山: 孫子の兵法 「風林火山」
(疾(はや)きこと風の如く、徐(しず)かなること林の如く、侵掠(しんりゃく)すること火の如く、動かざること山の如し)

------------------------------------------------------------

9/29 資産価格過大評価と警鐘、世界成長は来年 2.5〜3%と加速へ=PIMCO
米S&P総合500種のほか、高利回りのジャンク債、世界の政府債などの資産価格が過大評価
2017年末までのベースライン見通しは、世界経済の拡大が継続し、金融・財政政策が概ね刺激的となり、市場がレンジ取引になる

※PIMCO : 資産運用大手パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー

Yの視点→標題だけだと何を言っているのが分かりませんが、PIMCOが言いたいのは、来年も相場はいいが、片方では高値警戒感がつきまとい、ボックスレンジでの取引になるのではないかとの予想です。

------------------------------------------------------------

9/29 米FRB議長がストレステスト (健全審査) 変更検討、大手行の資本要件厳格化へ

Yの視点→金融機関の暴走を抑止する政策です。米日の金融機関の健全性が担保されれば、世界的なパニックは起こらないと思います。パニックが起きても局地的で、絶好の買場を提供すると思います。これからの相場はより逆張りが効奏すると思います。

------------------------------------------------------------

今朝のニュースは欧州をみて、原油高で仕掛けたようです。

------------------------------------------------------------

長らくご愛顧いただいてきました「Yの視点」ですが、本日が最後の配信となります。

今後は別の形での情報配信を予定しております。


2016/09/28 08:19

38 pt すごくいいねいいね

東証反発+139円高・米経済指標好調・ヒラリー・クリントン氏が優勢か・など6件の記事解説です。

------------------------------------------------------------
9/27 東証大引け、反発 139円高 討論会無事 円高一服で高値引け 配当取りも支えに

Yの視点→ヒラリー候補優位で安堵。トランプ氏得意の暴言封印。しかし、どうも勝敗が不明な討論会との評価が多く不人気候補者同志の激戦といった観のようです。

------------------------------------------------------------

9/28 米主要20都市住宅価格指数:7月は前年比5%上昇−予想5.1%上昇

Yの視点→住宅、不動産は好調。一部で好調過ぎて、バブル崩壊に怯えているようです。

------------------------------------------------------------

9/28 9月米消費者信頼感指数 104.1、2007年8月以来の高水準

Yの視点→米経済は堅調です。GDPの7割を占める個人消費の部門が元気です。日本と違って、「資産効果」が効奏しています。

------------------------------------------------------------

9/28 独コメルツ銀株が下落、9000人削減や配当停止の報道で−10月発表

Yの視点→ドイツの銀行が揺れています。ドイツ銀行と違って低金利政策の犠牲者かも知れません。低金利政策・マイナス金利政策の悪影響が日本の金融界にも及ぼしてきています。

------------------------------------------------------------

9/28 ドイツ銀が直面する一時的な問題の解決望む=独首相

Yの視点→ドイツ銀行の直面している問題とはモーゲージ担保証券(MBS)の不正販売問題で米当局から140億ドル(約1兆4000億円)の和解金支払いを求められている問題。増資が必要になるのではないか、
銀行経営問題が出ているのではないかという不安を解消して欲しいとの要請。要請が出る位なので危機的な状態ではないと思われます。

------------------------------------------------------------

9/28 27日のニューヨーク株式相場は、前日の米大統領選のテレビ討論会で民主党候補のヒラリー・クリントン氏が共和党候補のドナルド・トランプ氏よりも優勢だったとの見方が広がり、3営業日ぶりに反発 133ドル高

Yの視点→まだ予断は許されないようです。10月の動向でひっくり変えることが多々あるみたいです。

------------------------------------------------------------

長らくご愛顧いただいてきました「Yの視点」ですが、29(木)が最後の配信となりますので、予めご了承ください。

今後は別の形での情報配信を予定しております。


2016/09/27 08:15

42 pt すごくいいねいいね

原油安と円高リスク嫌気し日本株続落・米国債、各国の中央銀行が異例のペースで売り・など6件の記事解説です。

------------------------------------------------------------
9/27 日本株続落、原油安と円高リスク嫌気し広く売り−日銀新政策不透明も

Yの視点→今日の米大統領選テレビ討論を控えての手仕舞い売りで安くなったと思ってます。

------------------------------------------------------------

9/27 永田町はトランプ氏に警戒感−日米同盟「予測不可能」の指摘も

Yの視点→トランプ氏が大統領になったら、株価は大暴落し、ヘタすると恐慌に陥る可能性があります。相場の格言「山高ければ、谷深し」

------------------------------------------------------------

9/27 4〜6月の資金循環統計(速報)によると、家計の金融資産残高は6月末時点で1746兆円と前年同月末から1.7%減少
株式等が前年同月末比16.6%減の144兆円、投資信託が同11.7%減の87兆円となった。債券は+3.8%

Yの視点→今年の相場が如何に惨憺たる状況であったか分かります。

------------------------------------------------------------

9/27 米国債市場の最大の買い手(各国の中央銀行)が異例のペースで売り、相場の転換点か
海外中銀は米国債保有を3四半期連続で縮小低利回り環境の終わりに近づいていることを意味−M&G

9/27 独IFO業況指数、9月は14年5月以来の高水準 6年ぶり大幅上昇

9/27 週明け26日のニューヨーク株式相場は続落。欧州市場でドイツ銀行株が経営悪化懸念から急落 166ドル安
NY外為:円が上昇、米討論会控え−欧州銀行業界の懸念も買い材料

Yの視点→真意は今日の討論会の手仕舞い売りとみています。ドイツ銀行が本当に危ないならば、166ドル安位では収まりません。ストップ安で金融危機が世界を駆け巡ります。背景には、マイナス金利政策への批判があると思います。

------------------------------------------------------------

9/27 生保8社の収入9%減 4〜6月「三重苦」直撃 「マイナス金利・円高・株安」

Yの視点→ 世界の生命保険会社メットライフ生命保険会社が日本に上陸して初めてリストラをします。この動きは他の生保、銀行、証券に波及すると思います。ドイツ銀行問題の再燃もここにあると思います。一言でいうと「稼げない」

------------------------------------------------------------

9/27 ロイター/イプソスの調査で、26日に米大統領選挙が実施された場合、民主党候補のヒラリー・クリントン氏が88%の確率で当選に必要な270人の選挙人を獲得するとの予想が示された。

Yの視点→ 安堵の数字ですが分かりません。今日のテレビ討論の結果が判断材料になります。討論会に要注目です。

------------------------------------------------------------

★長らくご愛顧いただいてきました「Yの視点」ですが、29(木)が最後の配信となりますので、予めご了承ください。

今後は別の形での情報配信を予定しております。


2016/09/26 08:14

22 pt すごくいいねいいね

FRB、銀行の商品投資規制案を発表・日銀の金融姿勢を試す取引が広がる・2件の記事解説です。

------------------------------------------------------------

9/24 米連邦準備制度理事会(FRB)は23日、銀行の商品投資に対する規制案を発表

Yの視点→あふれるマネーの過度な商品投資の抑制です。米銀は原子力発電所まで投資しているようです。

------------------------------------------------------------

9/24 日銀が新しい金融緩和の枠組みを導入したことを受け、金融市場では日銀の姿勢を試す取引が広がった。長期金利をゼロ%程度に誘導することを決めたが、市場は「多少のマイナスは容認する」とみて長期金利が低下。先進国では異例の長期金利の誘導策を巡り、日銀と市場の手探りの対応が当面続きそうだ。(日経)

Yの視点→マーケットのマイナス金利政策への挑戦です。

------------------------------------------------------------

9/24 米国株、ダウ反落し131ドル安 利益確定売りで


2016/09/23 08:22

33 pt すごくいいねいいね

FOMC追加利上げを見送り・日米ダブル金融政策会合にマーケットは安堵・など8件の記事解説です。

------------------------------------------------------------

9/23 ブラックロックCEO:相場は15%下落も−財政政策なければ

Yの視点→そろそろ金融緩和政策に依存をするのも限界で、財政政策の出動を促してきました。

------------------------------------------------------------

9/23 中国と英EU離脱、世界経済のリスクに=ECB(欧州中央銀行)報告

Yの視点→それと、米大統領選挙がリスクです。米大統領選挙こそ最大のリスクになりました。中国のリスクは織り込み済です。一時的な暴落があるかも知れませんが絶好の買場だと思います。ブレグジットは2年という長期戦なので悪材料は薄れてくると思います。米大統領選挙ともうひとつ、メルケル首相の退陣が大きなリスクです。メルケル首相退陣=EU法改定と観ています。

------------------------------------------------------------

9/23 円安期待なき日銀新スキームの矛盾と限界=佐々木融氏JPモルガン・チェース銀行 市場調査本部長

Yの視点→良く評価する人は「水陸両用」としてますが、マイナス金利0.1%に維持しながら国債の金利を0%に誘導するのはおかしい政策です。国債の流動性が損なわれます。国債が買われて買えなくなったら、株式を買いに来てバブルになるのです。この辺のところが分かっていない、嫌っているので政策の効用はないと思います。

------------------------------------------------------------

9/23 原油の上げとの米新規失業保険申請件数の減少をうけてNYダウ、NASDAQは上げ 中古住宅販売は材料視されず

------------------------------------------------------------
ここから22日のニュースです
------------------------------------------------------------

9/22 日本銀行は金融政策の新しい枠組みである「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を導入することを決定会合で21日決めた。当座預金残高の一部に適用しているマイナス金利政策を維持すると同時に10年国債利回りを0%に誘導する。追加緩和の手段としてマイナス金利の深掘りも視野に入れた

9/22 日本株は全面高、日銀追加措置を好感−長短金利差とETFで新機軸 マイナス金利の深堀がなくて銀行株高い

Yの視点→効き目がない金融政策でも金融緩和強化として株価は高くなりました。目新しいことはありません。黒田総裁は否定していますが、手詰まり感が見えます。

------------------------------------------------------------

9/22 長期金利が一時プラス圏に上昇 半年ぶり、日銀の新枠組み決定で売り優勢 長期金利ゼロ%にコミットしている以上、大きく動かない−農中総研

Yの視点→長期金利をゼロにもっていく政策は姑息な政策です。マイナス金利の批判をかわす金融政策です。

------------------------------------------------------------

9/22 8月全国百貨店売上高は前年比6.0%減、6カ月連続マイナス=百貨店協会

Yの視点→神風は吹きませんでした。今までのビジネスモデルではだめだと思います。大衆路線をスーパーマーケットに譲り富裕層に特化すべきかと思います。デパートは着飾って行くところ、サロン化とすれば復活すると私は思います。

------------------------------------------------------------

9/22 経済協力開発機構(OECD)は、貿易低迷がグローバリゼーション失速の可能性を示唆し、世界経済の停滞につながる見通しだとして、成長率見通しを下方修正した。2016年成長率予想は2.9%−第1四半期に貿易が減る 今年の米成長率は1.4%、日本は0.6%にそれぞれ予想引き下げ

Yの視点→中国が債務整理して復活しなければ、世界の低迷は続きます。問題は中国がいつ破綻するかです。カウントダウンは始まっていると思います。

------------------------------------------------------------

9/22  米中央銀行、米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)は21日、政策金利を維持することを決め、6会合連続で追加利上げを見送った。ただ、会合後の声明では「利上げの根拠は強まった」として、年内利上げの可能性を強く示唆した。

Yの視点→米景気もピーク感あり、ブレグジット(英のEU離脱)を控えて12月の利上げはさらに難しいと思います。トランプ氏はFRB、イエレン議長を、民主党に利を与えたと非難するでしょう。もし、トランプ氏が大統領になったらどうするのでしょうか。トランプ氏の大統領就任が最大のリスクに見えてしょうがないです。

------------------------------------------------------------

米ダウは163ドル高。日米ダブル金融政策会合に、マーケットは安堵しました。私は、安易な金融政策に依存するマーケットに喝です。今や 日米欧先進国諸国は悪魔の虜になってしまいました。「出口戦略」とはどういうことなのでしょうか。異常なところからの脱出が出口戦略なのです。異常な状態から脱け出せない、これが現状になってしまいました。抜本的な需要創造を計らなければならないと思いますが、どうも時間稼ぎを行っているように見えます。向こうには中国の破綻による需要創造があるのではないでしょうか。


2016/09/21 08:28

30 pt すごくいいねいいね

中国の住宅価格はバブル状態にあり・全国の全用途平均が7年連続でマイナス幅が縮小・など5件の記事解説です。

------------------------------------------------------------

9/21 [北京 19日 ロイター BREAKINGVIEWS]
中国の住宅価格はバブル状態にあり、いつ破裂してもおかしくない。深セン、上海、北京などの第1級主要都市の8月新築住宅価格は、前年比上昇率が最大37%近くに達した。

Yの視点→前年比上昇率が最大37%近くという数字をみて誰もが異常かとみます。
高血圧の人が全力で走っている姿を浮かべてしまいます。

------------------------------------------------------------

9/21 2013年7月1日時点の都道府県地価調査(基準地価)によると、全国の住宅地・商業地を含む全用途平均が前年比0.6%の下落となり、7年連続でマイナス幅が縮小した。
前年は同0.9%下落だった。商業地は前年比横ばいで、9年ぶりにマイナス圏を脱出。
住宅地もマイナス幅の縮小が続いており、札幌・仙台・広島・福岡の「地方4市」がけん引するかたちで地価の回復が続いている。

Yの視点→マイナス金利下でも地価が下げ続けています。
これはデフレというより、人口減少という社会構造によるものです。

------------------------------------------------------------

9/21 米住宅着工件数:8月は5.8%減の年率114万戸、南部で落ち込む

Yの視点→一時的な落ち込みのようで、懸念すべきではないとの現地の報道です。

------------------------------------------------------------

9/21 ドイツ銀行の高リスク社債が下落し、市場全体が売りを浴びた2月安値に接近した。
住宅ローン担保証券(RMBS)販売の問題で米司法省から140億ドル(約1兆4300億円)の支払いを求められたことで、ドイツ銀行の資本に対する懸念が再燃した。

Yの視点→ドイツ銀行不安説の再燃ですが、大きな問題にならないようです。
欧州の株価が上り、米国の株価も一時100ドル超値上がりしました。

------------------------------------------------------------

9/21 イエレン議長への政治的攻撃が強まる可能性も 〜9月利上げ見送りなら〜

Yの視点→トランプ氏の民主党への攻撃材料にされるみたいです。

世界の株価は21日の米利上げがあるかを固唾を飲んで見守っています。
このイベントが終れば、11月の米大統領選挙に感心が移ります。
トランプ氏が大統領になったならば、世界の株価は大暴落を演じ大不況になるかも知れません。
このような米大統領選挙になるとは予想だにしていませんでした。
歴史はポピュラリズムを衆愚政治とするかを問うているような気がしています。


2016/09/20 08:54

37 pt すごくいいねいいね

メルケル独首相、首都議会選でも敗北・中国主要70都市の新築住宅価格平均は前年比9.2%上昇・など6件の記事解説です。

合わせて17日の記事も追加しています。

------------------------------------------------------------

9/20 メルケル独首相、首都議会選でも敗北 右派躍進ドイツ、給付金受給の移民が2.7倍に急増

Yの視点→ 欧州の希望の星メルケル首相の足元が大分揺らいできています。国民は「納税者より移民か」と寛容の心を失っています。
今回のNYのテロは欧米に暗い影を落とします。
トランプ氏が有利になってきました。
世界は「カオス」「混沌」になってきました。

------------------------------------------------------------

9/20 8月の中国主要70都市の新築住宅価格平均は前年比9.2%上昇し、7月の7.9%上昇から伸び率が加速した。

Yの視点→ 金融引締めをやっているはずなのに、この数式はメチャクチヤです。異常です。ゾンビ企業の放置など経済原則を無視した政策をとっているとしか思えません。
私は中国は内乱、混沌の世界になるような予感がします。「強権」の後の反動です。
今の世界観は音を立てて崩れてきた観がします。
(米大統領選・ブレグジット・EU崩壊の萌芽・効かぬ金融緩和策・格差社会貧困化)

------------------------------------------------------------

9/20 国際決済銀行(BIS)は、中国での信用供与は異例の伸びを示しており、3年以内に銀行危機に陥るリスクが高まっているとの見方を示した。

Yの視点→ BISは名前 以上の力をもっています。
中央銀行の中央銀行という位置で、規制、制度、監視を行っています。
その国際機関の危惧です。
中国がかなり危険だ、ハードランディングは避けられないというのは
識者のなかでは暗黙の認識です。

------------------------------------------------------------

9/20 国際決済銀行(BIS)は、金融市場は英国の欧州連合(EU)離脱をはじめとする政治的な波乱要因にうまく対応しているが、資産価格が高過ぎる可能性があり、市場の安定への潜在的リスクは高まっているとの見方を示した。

Yの視点→ これは日米欧諸国への過度金融緩和依存への警鐘です。
具体的にいうと「国債が暴落したらどうするの?」ということです。
国債がぼとりするということは長期金利の急上昇で、住宅ローンの急上昇をもたらします。
その結果は、住宅ローン破綻者の増大の社会不安が発生するということです。
社会不安どころではなく、暗黒の恐慌の訪れです。
この対策はヘリコプターマネーです。
紙幣を刷って刷って、国債を買うーという政策しかありません。
前に申し上げたように、日欧は「ルビコン川」を渡ってしまったのです。
引き返すことは出来ないのです。

※ルビコン川:ローマ近郊の小川ですが、軍隊を入れてはならないと規制されていた軍事境界線です。
この川を軍隊で渡った時は「敵」と 見なされます。シーザー(カエサル)がルビコン川を渡った時の有名な辞が「賽(さい)は投げられた」です。
つまり、賭けに出たということです。
賭けは勝つまでやり続けなければなりません。

------------------------------------------------------------

9/20 9月の米住宅建設業者の景況感を示す指数は前月から上昇し、11カ月ぶりの高水準を−59から65 見通し 良好

Yの視点→ 米の景気好調を裏付ける数値で利上げ後押しの数値です。
世界の不安が増加している中の、つかの間の平穏を利用すべきかと思います。

------------------------------------------------------------

9/20 年金、強制徴収を所得300万円以上に拡大 納付率上げ 納付率60%

Yの視点→ 年収 300万円とは月々25万円で生活をしている人達です。生活は決して楽ではありません。
納付率60%というは滞納者が40%いるということです。
滞納者は好き好んで滞納している訳ではありません。
払えないから滞納しているのです。この辺のところの理解不足が怖いです。
足りなければ取るという政策は如何なものかと思います。
要は貧困対策を施すことが先決だと思います。国力を喪失させる政策です。

------------------------------------------------------------

今朝のNY株式市場は小幅。21日のFOMC(米連邦公開市場委員会)の様子見です。
今日の東京も日銀政策決定会合(21日)の様子見のなかの円高で安いかも知れません。

------------------------------------------------------------


ここからは17日の記事です。


------------------------------------------------------------

9/17 米消費者物価指数 前月比+0.2%:8月は予想+0.1上回る上昇、医療や居住コストかさむ

Yの視点→ 表題をみて一瞬びっくりしましたが大したことでは
ありませんでした。利上げ後押しの材料にも、遠退くの材料にもなりません。

------------------------------------------------------------

9/17 米消費者マインド指数速報値:前月から変わらず、4月以来の低水準景気見通しは改善したものの、所得や購入計画には明るさが欠けた。

Yの視点→ 所得増への警戒が強いようです。
上がっているのはいつかは下がる、との思考からだと思います。

------------------------------------------------------------

9/17 米家計純資産:4−6月は1.08兆ドル増、金融資産や不動産価値が上昇

Yの視点→ 米国人の懐が潤っているということです。
株式とか、不動産で儲かったら、ついつい贅沢をしたくなります。
これが資産効果で、その担い手は証券マンです。
どこかの国の金融大臣に勉強をして貰いたいものです。

------------------------------------------------------------

9/17 米インテル:売上高見通しを引き上げ、パソコン市場回復の兆しで

Yの視点→ 見通しを引き上げるということは、足元が良いということです。
金利引き上げ後押し材料です。

------------------------------------------------------------

9/17 EUが信頼回復へ行程表策定方針、移民・経済で溝深く

Yの視点→ 南欧(ギリシャ・スペイン・ポルトガル)、中東からの移民・難民に、テロから強い拒否が高まっているということです。
メルケル首相の危機、EU存続の危機が高まっています。

------------------------------------------------------------

9/17 EU離脱交渉開始は来年初めの公算大、英外相が伊外相に話す−関係者

Yの視点→ ブレグジットの問題は来年からということです。

------------------------------------------------------------

9/17 欧州株:下落、ドイツ銀ショックで売り波及−週間で3カ月ぶり大幅安

9/17 ドイツは住宅ローン担保証券(RMBS)販売問題の決着に米司法省から140億ドル(約1兆4300億円)の支払いを求められたが、これに近い額で決着させる考えはないと明らかにした。

Yの視点→ ドイツ銀行が140億ドルは払えないから減額してくれという騒動と催促です。
問題はまだリーマンショック(サブプライム問題=RMBS複合商品破綻問題 = 肉マンに、肉ではなく段ボールが入っていたという似た問題)の残骸を欧州が抱えているということです。

------------------------------------------------------------

9/17 ロシア中銀(中央銀行)、今年2回目の利下げ−年内はこれで
打ち止めと言明

Yの視点→ ロシアは日米欧の制裁に喘いでいるということです。
そこをみて安倍首相はロシアに近づいています。
年内打ち止め発言は虚言です。ロシア経済の弱さを露呈させないための打ち止め発言です。

------------------------------------------------------------

9/17 日銀ETF購入、「日経平均」型の新規買い入れ中止を予想−TOPIX型にSMBC日興証券によると、日銀の指数連動別ETF購入は現在、日経平均型が55%、 TOPIX型が40%、JPX日経インデックス400型が5%。

Yの視点→ 日銀のETF(上場投資信託)の購入が株価を歪めているとの批判を免れるための施策です。

------------------------------------------------------------

9/17 NY原油(16日):反落、1カ月ぶり安値
−リビアの輸出再開を警戒

Yの視点→ 供給過剰が更に進むということです。

------------------------------------------------------------

9/17 所得税、数年かけ改革 基礎控除も見直し女性の就労増や所得格差の是正につなげる狙いで、政府の税制調査会が配偶者控除だけ
でなく基礎控除なども含む改革を複数年かけて進める案を検討

Yの視点→ これからの話しです。数年かけてという時間感覚を是正しなければなりません。

------------------------------------------------------------

9/17 女性の社外取締役4割増 5社に1社が起用

Yの視点→ アベノミクスの効用です。
この事実をもっと告知すべきだと思います。

------------------------------------------------------------

9/17 GDP目標600兆円、推計見直しが追い風?

Yの視点→ 来年から検討するみたいです。研究開発費などをいれ
てのかさ上げです。一種のデノミ(単位の呼称の変更)みたいなものです。


2016/09/16 08:26

38 pt すごくいいねいいね

米景気指標全体的に予想を下回る・米国株式大幅反発・など6件の記事解説です。

------------------------------------------------------------

9/16 8月米小売売上高 前月比−0.3%:予想上回る減少、自動車除くと2カ月連続マイナス 内需減速を示唆

Yの視点→ 一見米経済の減速とみえますが、個人消費は相対的に堅調で、物価状況は落ち着いており、実質可処分所得の伸びは相対的に力強く、消費者の信頼感は高いようです。景気減速利上げ遠退くにはならないみたいです。

------------------------------------------------------------

9/16 米8月の鉱工業生産は−0.4%、予想超える落ち込み 公益下押し

Yの視点→ 経済活動は、「robust(力強い)」ではないにしても「steady(堅調)」とのことのようです。雇用、所得や住宅価格の回復に支えられて個人消費がけん引し、設備投資もエネルギー関係のマイナス寄与が徐々に解消することが期待されているようです。米経済確りという感じです。

------------------------------------------------------------

9/16 米7月企業在庫は横ばい、売上高0.2%減 在庫期間 1.39ヶ月と高水準 在庫調整続く

Yの視点→ 小売業の企業在庫が減り、在庫投資による第3四半期国内総生産(GDP)の押し上げは限定的のようです。

------------------------------------------------------------

9/16 金融システム、金利変動や不動産集中にリスクー金融庁 「金融レポート」

Yの視点→ 金融庁が銀行経営に警鐘を鳴らしています。有価証券運用と不動産融資傾注に注意を促しています。

------------------------------------------------------------

9/16 マイナス金利けん制、全銀協会長「最後の訴え」

Yの視点→ 20日からの日銀金融政策決定会合におけるマイナス金利深堀りに対する牽制です。

------------------------------------------------------------

今朝のNYダウは米早期利上げ観測の後退などを背景に安値拾いの買いが入り、大幅反発+177円高

Yの視点→ 見ての通り、米経済は利上げを見送る程弱くはないと思います。利上げの可能性はあるということです。来年以降のことを考えるならば利上げし、金融カードを多く持った方が良いと思います。


2016/09/15 08:30

39 pt すごくいいねいいね

原油安からNYダウ続落−31ドル安で2ケ月ぶり安値・地銀協マイナス金利警戒・など6件の記事解説です。

------------------------------------------------------------
9/15 日経平均反落、日銀への懸念と期待が交錯

Yの視点→日銀の金融政策、マイナス金利への批判です。効果が少なく、金融機関の経営を脅かす政策へのクレームです。

------------------------------------------------------------

9/15 地銀協、マイナス金利警戒 会長「大変厳しい」

Yの視点→ 日銀 マイナス金利政策への反旗です。三菱東京UFJ銀行がプライマリーディラーを辞したように、銀行が苦言を呈しています。

------------------------------------------------------------

9/15 日本の国債市場で長短金利差の拡大が止まらない。日銀がマイナス金利を深掘りする一方、金融機関の収益に配慮して超長期国債の買い入れ減額に動くとの思惑が一段と強まっている

Yの視点→ おかしな動きです。マイナス金利を止めれば良いのです。金融財政政策に頼るのではなく、自律的に需要が高まる構造改革が必要です。その最大のポイントは女性の就労を含めた雇用待遇改善にあると思います。

------------------------------------------------------------

9/15 欧州委員長「EU域内の官民投資2倍に」インフラなどEU域内の官民投資計画の規模を2022年までに現行の2倍の6300億ユーロ(約73兆円)に拡大することを提案

Yの視点→ 欧州は着々とブレグジット(英EU離脱)に備えています。

------------------------------------------------------------

9/15 個人にNISAの呪縛 ゆうちょ銀株「塩漬け」痛手に

※「塩漬け」:損をしていて、売るにも売れない状態をいいます。株式を漬物のようにじっくりと漬ける、つまり、長期保有せざるを得ない状態を言います。

Yの視点→ 昨日の東京市場では「銀行株売り・保険株買い」が鮮明になりました。銀行株の下げはマイナス金利の影響、郵貯銀行はその上にしこり(塩漬け)の影響があって押し目買い(下げたところを買い)の動きもありませんでした。

郵貯銀行株式については警告通りの値動きになりました。官民挙げて構造改革をやらないと、本業ではない、運用と投資信託・生命保険の銀行窓口販売に依存し、経営を不安定なものにすると思います。悲しいかな、郵貯銀行は「お金を貸す」ことに慣れてません。抜本的な体質改善を図らなければ
なりません。

------------------------------------------------------------

9/15 米国株、ダウ続落し31ドル安 2カ月ぶり安値、ナスダックは反発

Yの視点→ 原油価格の下落が米ダウ平均を下げさせたようですが、恐らく利上げ見送りへの要望のシグナルだと思います。しかし、ナスダックが上げたので効果はありません。


前ページへ|次ページへ
市況速報
ケンミレ・アイ
人人知道
同じようなこを考えている方が居るかも知れませんので、8つ全てに回答しました。
公募実践レポート

to top